チャレンジ創業

第1回創業塾受講生 植田浩二さん 福祉タクシー開業

第1回創業塾受講生 植田浩二さん 福祉タクシー開業

 商工会連合会主催の平成15年度第1回創業塾を受講された植田浩二さんが、本年2月1日に福祉タクシー(車椅子乗降可能タクシー)を開業されました。

事業所名 「ライフケアタクシー ノア」
住所 広島市安佐北区口田1丁目1-38-1306
TEL 082-842-6263
Eメール l.c.taxinoah@go6.enjoy.ne.jp

開業の動機・経緯

 植田氏は5年間広島市内の介護福祉施設に勤務の後、介護福祉関連の経験と大型ニ種運転免許所持の特技を活かせる事業として介護福祉タクシーを開業した。
 介護福祉施設勤務時に、「手軽に車椅子で乗れるタクシーが少ない、有料でも自分の行きたいところへ手軽に行けるタクシーを増やして欲しい」という福祉施設利用者の声を聞き、車椅子タクシーのニーズを感じていた。平成15年4月に、「合資会社全国介護タクシー協会」の介護タクシー事業説明会に参加し、開業ノウハウの指導を受けて、タクシー限定免許申請、介護タクシー専用自動車購入、介護福祉施設等への営業活動等開業の準備を進め、平成16年1月末に車両の登録が完了し2月1日に事業を開始した。

事業内容・営業方針

・タクシーの乗客対象者は車椅子使用者及び身体の不自由な方、車椅子2台と介助者2名まで 乗車可能。
・運賃は一般の小型タクシーと同じ料金(初乗560円)
・営業地域は広島市とその近郊
・営業時間は午前8時~午後7時までとするが、営業時間外はご相談に応じる。
・介護福祉施設勤務の経験及びホームヘルパー二級の資格を活かし、きめの細かい人的サービスを心がける。

競合環境等

 現在、広島市及び広島市周辺の個人事業の車椅子専用福祉タクシー免許は6台で業界への参入者は少ないが、今後新規参入者が増加し競争が激しくなると予想される。他社の進出前に当社の足場を固め、先発の強みを活かし固定客を確保することが課題である。

広島県商工会連合会の支援

 平成15年5月に、広島ローカル地域中小企業支援センターに創業相談で来会され、支援センターコーディネーターから創業の心構え、収支計画の考え方等の支援・アドバイスを受けた。
 平成15年8月から商工会連合会主催の5日間コースの「創業塾」に参加し、専門家による事業計画のアドバイス、参加者による事業計画のグループディスカッションにより事業計画のブラッシュアップを行った。創業塾終了後も各種届出関係、営業管理体制等の相談で支援センターを訪問されアドバイスを受けている。

今後の展開・抱負

 ①顧客との信頼関係による固定客の確保②利用者の要望を反映した新サービスの開発と提供③介護保険適用利用の促進等をこれから展開していく。

(植田さんから一言)
  福祉タクシーを通じて身体障害者・高齢者など交通弱者と言われている方々の
  移動をお手伝いし,よりよい社会生活を送れるように貢献したいと思いますので、
  皆さんのご支援をお願いします。

広島ローカル地域中小企業支援センター
 コーディネーター

※掲示内容は、創業・経営革新の事例紹介で、HPアップ時のものです(’04.2)

広島県商工会連合会
木村武則

このサイトを広める