事業所・店舗紹介

全てみる

美味しいジュースできました(安芸郡下蒲刈町)

[島特産のみかんを活用し、加工品事業の先進地域で新商品を製品化]

事業所・店舗紹介

いっちはみかん、ゆず、ハチミツのみで製造

 安芸郡下蒲刈町で開発された新商品ジュース“いっち”の製品化のため今月19日、下蒲刈町商工会の船田直寛事務局長はじめ町職員ら3名が高知県馬路村を訪れました。一行が訪れた馬路村は人口1,200人ほどの山あいの小さな村ながら、特産品のゆずを利用した加工品事業をおこし、特産品通販を中心に地域づくりを実現した村。その中核施設となるのが馬路村農業協同組合で、同組合が開発したヒット商品“ごっくん馬路村”はテレビCFなどでもおなじみ。ジュースの製造工程を持たない同町では、いっちを試作開発した昨年、同組合に商品の製品化を委託。町内の海駅三之関などで販売しました。船田事務局長らは当日、いっちの使用原料となる同町特産のみかん約6tを14tトラックに乗せて搬入。試算本数4万7,500本分の分量で、昨年試作的に製造した1万5,000本が半年あまりで完売したことから、長期間の販売が可能と見込んだ相当数の搬入となりました。

 いっちは昨年、消費が低迷するみかんの需要促進を図り、島を訪れる観光客などに喜ばれる新たな特産品をつくろうと町が開発。下蒲刈産みかんの搾汁に、馬路産ゆずの搾汁とハチミツをブレンドした飲料で、商品名のいっちは同町で明治期に使われていた“いちばん”を意味する言葉。「添加物は一切なし。自然の風味豊かな、口当たりの良い美味しいジュース」と船田事務局長もその味に自信をのぞかせ、年内にも届けられるという1万本分の到着が待ち遠しい様子。同町では今後、販売状況をにらみながら商品を順次追加する予定で、より多くの人にいっちを味わってもらうことで、町のPRを図りたい考えです。販売価格は180ml入り100円。みなさんも年末年始に下蒲刈町にお出かけの際などに、一度味わってみてはいかがでしょうか。

●お問い合わせ/下蒲刈町商工会 TEL(0823)65-2522

道の駅が待望のオープン(御調郡御調町)

[開業式に合わせて、多彩なオープニングイベントも盛りだくさん]

事業所・店舗紹介

 広島県内で11番目の道の駅として今月9日(土)、御調郡御調町に“クロスロードみつぎ”がオープンします。道の駅とは、地域の創意工夫により道路利用者に快適な休憩と多様で質の高いサービスを提供する施設のこと。同駅は、平成10年に県の指定を受けた中山間モデル事業として整備が進められていたもので、昨年8月に行われた道の駅の第17回登録で、新たな道の駅として登録されました。同駅は交流ハウス、子ども図書館などの施設からなり、交流ハウスの委託を受けた御調町商工会は今年4月、商工会員45名の出資者を集めて有限会社みつぎ交流館(内海和男社長=商工会長)を設立。同社が運営する交流ハウスはレストランや物産販売コーナーを備え、地場の野菜販売や各種地域情報の提供なども行います。また、国道184号と国道486号が交差する地点に位置する同駅は、新たな道の駅の機能としてバスターミナルを完備。地域交通の結節点、地域住民と都市住民との交流拠点としての役割も担うことになります。9日午前10時30分から開業式が行われるほか、同商工会ではオープン当日と翌10日(日)の2日間、毎年恒例となっている「ふれあい秋まつり・御調町文化祭」の会場を同駅駐車場に移して盛大に開催し、道の駅オープンを盛り上げます。

 11回目を迎える今年はとくに道の駅のオープンを記念し、同町の産業、芸術、文化、スポーツの集大成となる秋祭りとして、同商工会などが企画する行事が数多く予定されています。特設ステージでは各種芸能発表やバラエティーショーなどが、メイン会場では町の産業、豊かな秋の実りを紹介する物産展示即売会や農産物品評会、飲食バザーなどがそれぞれ2日間にわたって繰り広げられ、9日午後5時から町民体育館でダチョウ倶楽部、デンジャラスが出演して行われる爆笑ライブステージ(有料)を開催。また、ふれあいの里グラウンド、ソフトボール球場などでは、子どもからご年配まで参加して行われる各種スポーツ大会、地元小中学生や高齢者らの作品展示、茶席、竹細工教室などをが開かれる文化祭も同時開催されます。みなさんもこの週末はぜひ、御調町へ足を運んで楽しい休日を満喫してみてください。

●お問い合わせ/御調町商工会 TEL(08487)6-0282

ええもん広島がリニューアル(県連)

[アイテム数が充実し、ギフトセットを新発売。トップページもさらに見やすく]

事業所・店舗紹介

尾道ラーメン・お好み焼材料セット・もみじ饅頭・鯛・あじ・太刀魚・かきカレー・ちりめんなどを詰め合わせた5,000円のセット

 11月を迎え、木々も色づき始めるなどすっかりと秋の深まりを感じるようになりました。秋といえば実りの秋、食欲の秋ですね。ひろしま夢ぷらざのバラエティ豊かな商品を自宅で気軽にお買い求めいただけるバーチャル物産館「ええもん広島」はこのほど、みなさまのご要望にお応えし、食欲の秋にふさわしく特産品のアイテム数をさらに充実させてリニューアルオープンいたしました。

 ええもん広島は本県連が管理・運営する、広島県の特産品がネット上でご注文いただけるショッピングサイトで、名店の味をそのままパックにした尾道ラーメンセットやお好み焼セット、鯛めしセットをはじめ、健康食品として話題のブルーベリージャム、かきを使った加工食品、定番のもみじ饅頭や広島菜など、総アイテム数74品の中からお好みの特産品選びをお楽しみいただくことができます。アイテム数の充実とともに、今回、広島の特産品を満載した“ええもんギフトセット”の販売を開始。広島ならではの美味しさをギッシリと詰め合わせた4つのセット(2,500~5,000円)をご用意し、お歳暮やお土産など進物用にご利用いただくことができます。また、旬を迎えた生かきと殻付かきセット4,200円(生かき500g、殻付10ヶ)も新発売。もちろんご注文は自宅にいながらインターネットで簡単操作。注文されて約4~7日でみなさまのお手元に届きます。さらに、5,000円以上お買い上げの方には同サイトの人気商品、“お好みソース復刻版”のうれしいプレゼントも。同サイトのトップページもさらに見やすく生まれ変わり、同サイト店長によるおすすめの特産、地域情報、お好み焼きの作り方など手軽な料理のレシピ紹介をはじめ、5つの特産品セットが当たるプレゼント企画など内容も盛りだくさんです。みなさんもこの機会にぜひ、ええもん広島でのお買い物をお楽しみください。

●お問い合わせ/広島県商工会連合会 TEL(082)247-0221
ええもんの広島ホームページはこちら   

配食サービスお手伝いします(佐伯郡大柿町)

[買い物などが困難な地域の高齢者に、商工会スタッフがお弁当を宅配]

事業所・店舗紹介

お弁当サンプル。上品な味付けで、衛生面にも配慮

 佐伯郡大柿町の大柿町商工会が福祉事業の一環として行っているお弁当の配食サービスが、地域の高齢者などにたいへん喜ばれています。同商工会による配食サービス「ほほえみ便」(大柿町高齢者等配食サービス事業)は、例えば食材を買いに行くことが困難なお年寄り、食事を作ることが難しい独居老人などを対象にお昼と夕方の1日2回、商工会のスタッフがお弁当を自宅まで届けにいくもので、平成12年4月からスタートした“介護保険制度”において介護保険の要介護に該当しなかった町内の高齢者向けの慈善サービスとして2年前から始められました。

 

 同商工会の委託を受け、藤井商事(株)、(有)浜西商店、浜西仕出し店(有)の3事業所が朝夕のお弁当を製造。2名のパート職員が2台の冷凍車を活用し、昼食は正午、夕食は午後3時を宅配時間の目安に、1日平均40食のお弁当を届けています。同サービスは町の福祉目的に行われているため、お弁当代は1食400円とたいへん安価。また、同サービスには、毎日の訪問によって安否の確認ができるなどのメリットもあります。配食スタッフに代わって、時おり高齢者宅を訪れるという同商工会経営指導員の沖元隆義さんは、「身体の不自由なご老人など本当にサービスを必要とされている方ばかりなので、みなさんに感謝いただいている。これからも当たり前の食事にお困りの方の役に立てれば」と事業の継続に力強く取り組んでいく意気込みを示してくれました。なお、配食の対象となるのは、町の保険福祉課が認定した高齢者のみとなっています。

 

●お問い合わせ/大柿町商工会 TEL(0823)57-2243

独立の夢を叶えて丸1年(比婆郡口和町)

[商工会の創業支援を受けた自動車販売・修理店が今週末の2日間、感謝祭を開催]

事業所・店舗紹介

 比婆郡口和町永田の自動車販売・修理業“くちわ自動車”がオープン1周年を迎え、来月1日(土)、2日(日)の2日間、「感謝祭」を開催します。同社は1年前、同町在住の元庄原農協口和支所農機・車輌課勤務の渋川博人さんと、元庄原市川北郵便局勤務の岡崎勝之さんが口和町商工会の創業支援などを受け、共同出資で立ち上げた会社です。親戚関係にあたる両者はかねてから独立の夢を持ち、特に岡崎さんは同商工会が共同店舗の立ち上げを視野に設立した共同店舗協議会などにも積極的に参加。独立の具体化に向け、独自に勉強を重ねてきました。その岡崎さんが、同地域に昨年5月に開通した新バイパス沿いの自らの土地を活用した、新たな事業の立ち上げを渋川さんに打診。これを受けて渋川さんも独立の意志を固め、ガソリンスタンドや野菜の販売所などさまざまな案の中から、自身の経験と技術を生かせる自動車販売・修理店をオープンさせることになりました。その後、商工会から紹介を受けた中小企業支援センターでの研修などにも出席。約1年をかけ、2人で協力しながらビジネスプラン、事業アイデアを練り上げました。

 

 事業主である渋川さんは「独立の夢を果たせた半面、現実の厳しさを感じることもできた1年」とこれまでを振り返り、今後も初心を忘れず、地域社会に奉仕できるよう仕事に励んでいきたいと話してくれました。感謝祭の2日間は、各社車の展示販売やタイヤの特価奉仕、エンジンオイルの半額交換などを行い日頃の感謝に応えるほか、来場者にもれなく同町特産のモーモーあいすらんどのアイスクリームをプレゼントする予定です。

 

●お問い合わせ/くちわ自動車 TEL(08248)9-2559

ええもん広島がリニューアル(県連)

[みなさんのリクエストにお応えし、広島ならではの新たな特産品を多数追加]

事業所・店舗紹介

かきの加工品など、広島ならではの特産品が満載。

 ひろしま夢ぷらざのバラエティ豊かな商品を自宅のパソコンで気軽にお買い物いただけるバーチャル物産館として、今年1月にオープンした“ええもん広島”。みなさんはご利用になりましたか? ええもん広島は本県連が管理・運営する、広島県の特産品がネット上でご注文いただけるショッピングサイトです。夢ぷらざならではの掘り出し物を手軽に購入できると好評の同サイトが来月1日、リニューアルオープンいたします。

 

 もみじ饅頭、広島菜漬けといったこれまでの54アイテム(18企業)に加え、尾道ラーメンやお好み焼き材料セット、かきフライ、本焼き穴子など、アンケート結果で要望の多かった広島ならではの名産品16アイテム(8企業)を新たにラインナップ(一部1日以降)。さらにバラエティ豊かな品ぞろえで、多様なニーズにお応えします。また、これも要望の多かった、お好み焼きの作り方など手軽な料理のレシピ紹介も順次追加していく予定です。アンケートにお答えいただいた方の中から抽選で10名に“今月のええもん”でご紹介している5つの特産品セットが当たるプレゼントコーナー、3,000円以上お買い上げの方は送料無料など、同サイトには見逃せない特典も満載。出店生産者一覧をご覧いただければ、各事業や商品へのこだわりなどについても詳しく知ることができます。これまでお店に行かなければ手に入れることのできなかった商品が、4日から1週間でお手元に。夢ぷらざならではの新たな特産品の数々にご期待ください。みなさまからのご注文をお待ちしています!

 

●お問い合わせ/広島県商工会連合会 TEL(082)247-0221
ええもん広島はこちら(IDおよびパスワードは不要です)

粋な和風レストランがオープン(豊田郡安芸津町)

[瀬戸内海の夕陽を眺めながら、新鮮な魚介類と旨い地酒に舌鼓]

事業所・店舗紹介

夕食の平均予算は1人3,000円~

 豊田郡安芸津町風早のJR呉線早風駅前に今月14日、和風レストラン“凪の蔵”(保井聡オーナー)がオープンしました。同店は、瀬戸内海を間近に望むロマンチックな雰囲気のもと、気軽な食事から大切な人との会食など多目的に利用できる海辺の和風レストランです。料理はその日地元に水揚げされた新鮮な魚介類を生かした日替わりメニューと、季節の食材をふんだんに使用した創作メニューが中心。料理に手を加え過ぎないため、素材そのものの味を十二分に堪能できると早くも評判です。また、地元の杜氏が丹精込めた日本酒をはじめ、地焼酎やワイン、各種カクテルまでお酒のラインナップも実に多彩。

 

 保井オーナーは早くから家業である旅館業を受け継ぎ、さらにこのたび新たな事業を展開していこうと奮闘する若き実業家。安芸津町商工会青年部では最年少ながら役員を務めるなど、“有言実行の人”として高い信頼を得ています。みなさんもぜひ一度、瀬戸内海を一望する美しい眺め、美味しい料理とお酒を味わいにお出かけください。なお、車でお越しの場合、広島市内からはクレアライン呉IC下車、休山新道経由国道185号線を安芸津方面へ約1時間。東広島(西条)からは国道2号線経由県道32号線(安芸津下三永線)を安芸津方面へ約40分。呉線風早駅前。

 

●お問い合わせ/安芸津町商工会 TEL(0846)45-4141
●お問い合わせ/凪の蔵     TEL(0846)45-0256

水着のウェブショップがオープン(甲奴郡上下町)

[インターネットを活用し、オリジナルコレクションとオーダーメイドの水着を販売]

事業所・店舗紹介

 甲奴郡上下町上下の縫製業、山本被服有限会社(山本義徳社長)がこの春、企業内の第二創業としてインターネットを活用した新事業をスタートさせ、新たな分野への進出をめざしています。同社が新設したのは、インターネットを通じて水着の受注製造販売を行う“ATELIER-Y(アトリエワイ)”。水着のウェブショップです。アトリエワイが製造、販売するのは、オリジナルコレクションとオーダーメイドの水着。オリジナルコレクションは、アトリエワイのオリジナル水着を注文生産で提供するもので、コレクションの中から好みのプリント、スタイル、サイズを選べ、オーダーメイドではコンピューターによる画像処理、最新のインクジェットプリントシステムでオリジナル(プリント)の水着を作ります。縫製前の生地の段階でプリントするオーダーメイドでは、水着の全面、好きな場所に自らデザインした図案やロゴ、ネームをレイアウトできるなど、自分だけのオリジナル水着を作ることができます。また、オリジナルコレクションをアレンジデザインすることもでき、ATELIER-Yのロゴを自分の名前やショップのロゴなど、好みの文字やマークに変えたり、ベースの色やロゴの大きさも変えられるなど、自分流のアレンジを楽しめます。

 

 ITを活用したニュービジネスを始めるため、山本社長は事業アイデアと生産・販売などを充分に練り上げたビジネスプランの作成に約1年をかけました。その間、ホームページ作成の基礎知識も習得。新事業のすべてを1人で手がけ、先月18日に念願のホームページでの受注販売がスタート。その後問い合わせも相次ぐなど、約1ヵ月を経て確かな手応えを感じていますが、初の試みとなるオンラインビジネスに多少の不安も隠せません。当初、オーダーメイド主体のビジネスプランを想定していましたが、「ある程度の考える材料もなければ、消費者も自らすべてのデザインを思い描くのは難しいようです」と、情報発信の必要性を痛感。さらに、消費者のニーズを正確に把握するためには「やはり従来の商売のように、互いの信頼関係のもとに密なやり取りが必要なのだと分かりました」。山本社長はこれまでの経験を踏まえ、提案型ウェブショップとしての改良を重ね、アイテム数とともにホームページのいっそうの充実にさらなる意欲を燃やしています。

 

●お問い合わせ/山本被服有限会社 TEL(084762)3607

アトリエワイのホームページはこちら

今月のおすすめ物産-3(ひろしま夢ぷらざ)

[わかめスープ-豊田郡豊町]

事業所・店舗紹介

 ミネラル、繊維素の豊富な新芽わかめを美味しく味わえるインスタントスープです。豊田郡豊町大長の海藻加工・販売業、有限会社ユタカ食品(秋光良洋社長)が4年前、湾の業者の指導のもと、中華味をコンセプトに商品を開発しました。中華料理に合うスープづくりを目指したことから濃い味は好ましくないと、塩分は控えめ、味わいは薄口。オニオンやガーリックを隠し味に、中華風の味わいに仕上げました。

 

 同社では現在、年間5トンを台湾などに輸出。当初、国内で発売しましたが、ナショナルブランド的な大手スープメーカーの製品と比べて味が物足りない、低塩すぎるなどの声も多くありました。その後、薄味、低塩をベースに味に改良を加えたことで、昨年から売上も順調に推移。全国からの電話注文も相次いでおり、来月からは中国の上海で発売が開始されるなど海外での人気も上々です。同社では田舎ブランドを誇りに、シンプルなパッケージなど製造コストを抑えることで商品を低価格で消費者に提供しています。そのままでも美味しく召し上がれますが、おじやと作る時のスープベースなどにも最適です。4gに熱湯約180ccを加えるだけで、磯の香りをたっぷりと楽しめる美味しいスープのできあがり。みなさんもぜひ、お試しください。4g×18袋/300円。

 

●お問い合わせ/有限会社ユタカ食品 TEL(08466)6-3910
●お問い合わせ/ひろしま夢ぷらざ TEL(082)541-3131
●お問い合わせ/豊町商工会 TEL(08466)6-2020

今月のおすすめ物産-2(ひろしま夢ぷらざ)

[ヘルシーな菊芋を使った、美味しいうどんができました]

事業所・店舗紹介

 “菊芋”という植物をご存知ですか。菊芋は山野に自生し、根塊を食用とする菊科の植物です。戦後の食糧難の頃には作付統制野菜となり、各地で盛んに栽培が行われました。戦後は代用食とされましたが、採集、栽培などに手がかかるためその後全国に普及することはありませんでした。菊芋はイヌリンをいう多糖類を主成分としています。イヌリンには血糖値を下げる効果があり、糖尿病患者の食事療法などに適し、さらに菊芋はビタミン・ミネラルを豊富に含んでいることから、近年の健康食ブームの中で食品応用開発が行われるようになりました。ひろしま夢ぷらざでも今月、この菊芋を加工した新商品「キクイモうどん」が販売され、人気を集めています。

 

 キクイモうどんは、菊芋のペーストを練り込んだ細麺うどんです。作ったのは、広島市安佐北区飯室で草木染め工房兼食事処“からっぽ”を経営する宇野淳子さん、同店の農園部門を担当する安藤りかさんらの女性グループ。一昨年前、約1,000坪の農地を利用して菊芋の栽培を開始。丹精込めた自家栽培の菊芋は昨秋、黄色い花を咲かせ、11月に大きく実った根塊を収穫。3月までが収穫期の菊芋を旬の時期以外でも楽しめるよう、宇野さんらは消費者が食べやすいキクイモうどんを考案し、昨年末商品化に成功しました。「菊芋の香り豊かな、喉ごしの良いうどんです」と安藤さんは自信たっぷり。今では同店の人気メニューとして定着したようです。みなさんもぜひ、滑らかな麺の自然な味と香りをお試しください。麺100g×2、スープ付/360円。

 

●お問い合わせ/安佐町商工会 TEL(082)835-0048
●お問い合わせ/ひろしま夢ぷらざ TEL(082)541-3131

26 / 27« 先頭...1020...2324252627
このサイトを広める