事業所・店舗紹介

全てみる

開業支援のもと長年の夢叶える(双三郡君田村)

[商工会力添えを励みにして、こだわりのラーメン店をオープン]

事業所・店舗紹介

 双三郡君田村の中心市街地にほど近い同町東入君に今月28日(日)、ラーメンが自慢の店「村一番 しょうちゃんラーメン」がオープンします。同店をオープンさせるのは、君田村商工会元青年部部長、現同商工会理事の市井章治さん(48才)。市井さんは青年部長時代に長年、地域で催されるふるさと祭りなどに模擬店を出店。得意のラーメンを参加者に振る舞うなどして、自慢の腕をふるってきました。2日で700杯を売り上げたことがあるなどその味は地元でも評判で、かねてからの夢を叶えようとこのたびの出店となりました。また、同店のオープンにあたって、君田村商工会も開業支援に尽力。同商工会は店舗設置場所のリサーチや開業資金の融資、事業計画についてのアドバイス、食材などに関する仕入れ業者の紹介をはじめ、相互の信頼関係のもとに、多岐にわたり市井さんをバックアップしました。「感謝の気持ちでいっぱいですね」と市井さんは、同商工会の開業支援が大きな力添えになったと振り返ります。

 

 同店の自慢は、トンコツと鶏ガラをベースに、昔ながらの広島ラーメンの味を再現した“しょうちゃんラーメン”(550円)。市井さんはこれを看板メニューに掲げ、地鶏、真鴨といった同村ならでは郷土料理を充実させ、「お世話になったみなさん、周囲の期待にしっかり応えたい」と、地域に愛されるお店づくりを目指したい考えです。みなさんも一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。駐車場有り。

 

●お問い合わせ/しょうちゃんラーメン TEL(0824)53-2528
●お問い合わせ/君田村商工会 TEL(0824)53-2039

東京武蔵野市にアンテナショップ誕生(豊田郡大崎町)

[果物や海産物などの特産品を日常的に提供し、島の魅力を広くPR]

事業所・店舗紹介

 豊田郡大崎町では平成2年から東京都武蔵野市と姉妹友好都市提携を結び、市民交流や物産交流などさまざな友好活動を行ってきました。大崎町商工会でもこれまで、平成5年から同12年まで吉祥寺のデパートなどで行われた物産展、毎年11月初旬に開かれる市民イベント、むさしの青空市に特産市を出展するなどして友好を深めてきました。大崎町のほか岩手県遠野市、山形県酒田市など、同じく武蔵野市の姉妹友好都市である7市町村が合同で行ってきた物産展を発展的に解消し、日常的に各地の特産品を購入できるなど、今後の関係をさらに発展させた相互交流の拠点づくりを目指して先日5日、武蔵野市吉祥寺本町に姉妹友好都市アンテナショップ「麦わら帽子」がオープンしました。

 

 大崎町からは商工会職員など関係者らがブルーベリージャムやみかん、海産物、味噌、醤油などを持ち寄ってオープニングに参加。特に7、8日の2日間は大崎町の日として、同行した内浦水産、岡本醤油、神峰園などの商工会会員らが商工会職員とともに、来店者に大崎町をPRしながら特産品の展示即売フェアを行いました。経営指導員の先田金生さんは「旬の特産品を幅広く提供しながら、今後も武蔵野市でのイベントにも継続的に参加し、多くの人に大崎町をPRしていきたい」とアンテナショップ誕生を機に、地域振興推進への思いを新たにしていました。

 

●お問い合わせ/大崎町商工会 TEL(08466)4-3505

地域社会の夢がふくらむ商業施設誕生(神石郡豊松村)

[村を楽しく便利にする待望のお店が勢ぞろい]

事業所・店舗紹介

 地域の新たな商業・文化の拠点づくりを目指し、神石郡豊松村で商工会などが中心となって計画を進めてきた複合商業施設「ふれあいショップ」が9月1日(土)、同村上豊松にオープンします。文化ホール、地域の特産品を加工販売するトマト工房とともに“とよまつプラザ21”の一角を担い、都市と農村を結び、相互の交流を促進すべく約6年におよぶ構想を経て誕生した待望の商業・文化交流の拠点です。

 

 ふれあいショップは、コミュニティーをテーマとした21世紀志向型の商業施設で、総合食料品店“とよまつストアー”を核テナントに、特産品店、ギフト店、食肉・惣菜店、食事処など村の生活をより楽しく便利にするための店舗がそろいました。なかでも特産品店“とまとむら”は、同村の特産品の販売に加え、地域の観光情報などを広く発信するなど文化交流の拠点にふさわしい役割も期待されています。1日午前10時からのオープンに先がけて、当日9時30分から神楽奉納や餅まきなどのオープニング・イベントが行われ、各店もオープニング・セールなどを実施して来場者を迎える予定です。引き続き8日(土)には、華々しいオープニング・イベントとともに、文化ホール、トマト工房が同時オープンを迎えます。新たな暮らしの予感がふくらむとよまつプラザ21に、ぜひお越しください。

 

●お問い合わせ/豊松村商工会 TEL(08478)4-2007

待望の新レジャー施設仮オープン(双三郡作木村)

[カヌーを中心としたアウトドアの醍醐味を手軽に満喫]

事業所・店舗紹介

 村域の江の川を活用した新たなレジャー施設の整備が進んでいた、双三郡作木村の「江の川カヌー公園さくぎ」が先日15日、仮オープンを迎えました。この施設は、カヌーを中心としたアウトドアを楽しめる県北地域の新しいレジャーの拠点を目指すもので、来年3月にオートキャンプ場を完成させて本格的な運営を開始しますが、カヌースクールとコテージ、レストランが全面オープンを前に営業を開始。仮オープン日には梅雨の晴れ間をぬって多くの人が訪れ、カヌーや水遊びに興じるなど、清涼感を満喫していました。

 

 施設の目玉となるのが、初心者でも気軽に楽しめるカヌースクールです。スクールは9月までの間、1日6回開校(9月以降1日5回)。器材のレンタルもあり、誰でも手軽にチャレンジできます。のんびり派には、山里の味覚が楽しめるレストランや山家風のコテージもおすすめです。梅雨明けも間近。快適なアウトドアを楽しみにこの夏、作木村へ遊びに来ませんか。各施設の営業時間は、管理事務所午前8時30分~午後6時、カヌースクール午前9時20分~午後5時15分、レストラン午前10時~午後8時。休園日火曜。

 

●お問い合わせ/江の川カヌー公園さくぎ TEL(0824)55-7050
●お問い合わせ/作木村商工会 TEL(0824)55-2124

新たなレジャーの拠点完成間近(双三郡作木村)

[カヌー公園7月15日に仮オープン決定]

事業所・店舗紹介

 双三郡作木村では現在、村域の江の川を活用した新たなレジャー施設の整備を進めています。村内の香淀熊見地区で整備が進むこの施設は、カヌーを中心としたアウトドアを楽しめる県北地域の新しいレジャーの拠点を目指すもので、カヌーの指導や研修、各種レンタルを行う管理棟をはじめ、宿泊施設となるコテージやレストランを公園内に備えています。来年3月にオートキャンプ場を完成させて本格的な運営を開始しますが、それに先駆けて7月15日(日)、「江の川カヌー公園さくぎ」の名称で仮オープンが決定しました。

 

 カヌー公園では今後、施設を活用したカヌー教室や大会などを開催し、広くPRを行う予定です。7月15日にはやまなみ大学の講座の一つとして、第1回目のカヌー教室を開講。10月まで計4回予定され、現在各教室の受講希望者を募集しています。また、キャンプ用品のレンタルを備え、河畔でテントを張ってキャンプを楽しむこともできます。営業時間管理棟午前8時30分~午後6時、カヌースクール午前9時20分~午後5時15分、レストラン午前10時~午後8時。休園日火曜。

 

●お問い合わせ/カヌー公園 TEL(0824)55-7050
●お問い合わせ/作木村農村振興課 TEL(0824)55-2112
●お問い合わせ/作木村商工会 TEL(0824)55-2124

酪農家のお母さんたち自慢の逸品(比婆郡口和町)

[新鮮な牛乳と卵たっぷりの手づくりアイス]

事業所・店舗紹介

 和牛の里として知られる比婆郡口和町。和牛とともに酪農牛の飼育も盛んで、町内には数多くの酪農経営農家があります。良好な環境のもとに育った乳牛は、毎日新鮮な牛乳を生産しています。その牛乳を贅沢に使い、採れたての卵を加えて作ったアイスクリーム(イタリアン・ジェラート)が今、口和町の新たな名物として人気を集めています。

 

 酪農家のお母さんたちが作った「乳やのかあちゃん手づくりあいす」は、搾りたての新鮮牛乳を70%使用した栄養満点のアイスクリーム。植物性タンパクの飼料で生まれた卵にはビタミンEがたっぷりで、無着色・無香料・保存料などの添加物を使用せず、美味しさと安全を追求したお母さんたちの自信作です。バニラ・抹茶・ハーブ・クリームチーズ・チョコチップ・ラムレーズン・キャラメルの7つのテイストがそろい(各250円)、お持ち帰り用や6個入り、12個入りのご贈答用セットも用意されています。この美味しさが味わえるのは口和町の“モーモーあいすらんど”だけ。口和にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

営業時間午前11時~午後6時。定休日月曜。

 

  • お問い合わせ/モーモーあいすらんど TEL(08248)9-7030
  • お問い合わせ/口和町商工会 TEL(08248)9-2325

地域に貢献する会員の店舗がリニューアル(安芸郡熊野町)

【利益よりも、地域とお客様】

事業所・店舗紹介

 先月25日、熊野町商工会商業部会会員の「ファミリーパークニシモト」が、熊野町のメーン通り、県道34号線(矢野安浦線)沿いに移転リニューアルしました。暮らしの衣料品店として、実用衣料や寝具、インテリアなどを多種多様に取り扱っています。
同店は昭和43年6月、西本綿業として創業。以来、「利益よりも、地域とお客様」をモットーに、熊野町における地域行事や公民館活動に率先して取り組むなど、積極的に地域活動に奉仕してきました。

 

 商業の枠組みを超えて、地域振興に貢献。その志を同じくする全国の同業者28店舗で組織するタチブキ会の会員でもあるニシモトのオープンに伴い、全国各地の商友も応援に駆けつけました。商工会からの支援などもあって新装なったゴールデン・ウィーク期間中は、海田、矢野、黒瀬からも連日多くの買い物客が訪れて賑わいました。熊野町で使える便利な電子マネーカードニコニコカードもご利用いただけます。営業時間午前9時30分~午後8時。定休日年始のみ。

 

●お問い合わせ/ファミリーパークニシモト 熊野町出来庭1681-1 TEL(082)854-6262
●お問い合わせ/熊野町商工会 TEL(082)854-0216

24 / 24« 先頭...10...2021222324
このサイトを広める