事業所・店舗紹介

全てみる

お店紹介-食べ合わせレストラン すずらん(世羅町商工会)

[世羅町産の野菜をふんだんに使ったランチは、食材の持つ力を最大限に活かす“食べ合わせ”がテーマ]

事業所・店舗紹介
ワンプレートにメインと小鉢2種、たっぷりの生野菜。メニューは月替わりで変更。メインは2種類から選べます。

ワンプレートにメインと小鉢2種、たっぷりの生野菜。メニューは月替わりで変更。メインは2種類から選べます。

 『すずらんホテル木原』内にある『食べ合わせレストラン すずらん』が、昨年11月からランチメニューを一新しました。地産地消を提案する“ローカリズム推進楽会”の主任管理栄養士を務める藤岡華代さん監修のもと、「美肌」「デトックス」「疲労回復」をテーマにした3種類のプレートランチ(各1080円)が楽しめます。

 

 メニュー作りで大切にしたのは、組み合わせや調理法で食材の持つ力を最大限に活かす“食べ合わせ”。美肌プレートにはビタミンA、C、E。デトックスプレートには腸内環境を整える食物繊維や発酵調味料。また、疲労回復プレートにはクエン酸やビタミンB1を多く含む食材を中心に、旬の野菜をたっぷり使っています。食材は近隣の農家さんが直接持ち込む新鮮な世羅町産が中心です。

 

木の温もりあふれるカナディアンテイストの落ち着いた店内。

木の温もりあふれるカナディアンテイストの落ち着いた店内。

 デザートは、世羅産のナシのコンポートを入れたブリュレ(+270円)やブルーベリーソースをかけた自家製のヨーグルト(+216円)などもあり、美容や健康に敏感な女性を中心に人気を集めています。

 

 メニュー開発には、世羅町商工会のサポートを受けて採択された小規模事業者持続化補助金を活用。メニューブックの作成や料理を引き立てる食器の購入なども行いました。

 

 ランチの内容は月替わり。季節ごとの旬をたっぷりと盛り込んだ世羅町ならではの味をご堪能ください。

 

○食べ合わせレストラン すずらん

住所/世羅郡世羅町西上原427-6 すずらんホテル木原内

電話/0847-22-0160

営業時間/11:30~LO14:00

定休日/不定休

お店紹介-中国茶専門店 姫茶伝(安古市町商工会)

[生産農家から直接仕入れる品質の高い中国茶をセレクト。自分にぴったりの香りと味わいが見つかる!]

事業所・店舗紹介
バラエティ豊かな香りと味わいが揃います。

バラエティ豊かな香りと味わいが揃います。

 店内にずらりと並ぶお茶は全て中国茶。ここは、高級茶から普段使いできるものまで約100種類の茶葉が揃う専門店です。

 

 中国の生産農家から直接仕入れるお茶は、オーナーの石田笑香さんが実際に現地を旅して厳選したもの。安全性、品質、価格など厳しいチェックをクリアした選りすぐりの茶葉がセレクトされています。

 

 「中国茶は香りや味のバリエーションが豊富。中国の文化や歴史を感じさせてくれる奥深い飲み物です」と石田さん。訪れる人は、健康や美容に関心の高い女性から気軽に楽しみたいという男性まで様々。目的や好みを伝えるとあなたにぴったりの中国茶をセレクトしてもらえ、お店が落ち着いている時には一部を除いて試飲もできます。

 

 石田さんが日本で初めて開発した急須がなくてもカップ一つで気軽に中国茶が楽しめる萩焼のツインズカップ(3500円/会員3000円)やオリジナルのプアール茶(2480円)などのオリジナル商品も豊富。また、バリエーション豊かな中国の茶器も販売されています。

 

オリジナルのプアール茶はロングセラー。

オリジナルのプアール茶はロングセラー。

 現在、安古市町商工会のサポートを受けながら、経営革新の申請に向けて準備中。石田さんは、「中国茶を販売するだけでなく、魅力を発信したり、中国茶と日本茶の新しい文化を創造していく一役が担えたら嬉しいです」と話します。

 

 これだけ種類豊富な中国茶を、生産農家から直接仕入れて販売しているお店は全国でも稀。まずは、お店であなたにぴったりのお茶をみつけてみませんか? 中国茶のある暮らしをぜひお楽しみください。

 

 

 

 

姫茶伝(安古市商工会)04○中国茶専門店 姫茶伝(ひめちゃでん)

住所/広島市安佐南区古市2-32-2

電話/082-877-0078

営業時間/10:00~18:00

定休日/火曜(祝日の場合は営業)

お店紹介-まちの駅 しまcafeきたたに(呉広域商工会 豊浜支所)

[人と人の出会いと交流をサポートするまちの情報発信拠点“まちの駅”がとびしま街道に誕生]

事業所・店舗紹介
気兼ねなくつろげるカフェスペース。最新の観光情報もゲットできます。

気兼ねなくつろげるカフェスペース。最新の観光情報もゲットできます。

 もともと「北谷薬品」という薬店だった店を改装し、「まちの駅 しまcaféきたたに」としてリニューアル。薬店にカフェや土産物の販売スペースを併設し、地域の人や観光客集う憩いの場として生まれ変わりました。同店は4月、ひと・もの・情報の交流拠点となる「まちの駅」に選出。「まちの駅」とは、全国まちの駅連絡協議会が認定するもので、全国に約1600か所が登録されています。

 

 カフェスペースではコーヒー(200円)やカプチーノ(250円)などのカフェメニューを提供。島の特産品「みかんワイン」の試飲(200円~)もできます。気軽にドリンクを飲みながら、島の最新情報をゲットできるスポットです。

 

 また、情報発信の一端として観光名所だけでなく、島ならではのレジャーも紹介。島の自然を満喫したい人には、シーカヤックや山登りなどアクティブな体験をさせてくれる島の案内人・竹川さんを紹介しています。

 

「観光中の休憩スポットとしてもご活用ください」と店主の北谷さん。

「観光中の休憩スポットとしてもご活用ください」と店主の北谷さん。

 同店は現在、呉広域商工会豊浜支所のサポートを受けて、小規模事業者持続化補助金の採択を目指して奮闘中。補助金を活用し、より利便性の高いまちの駅を目指しています。

 

 店内ではみかんワインやまるっとレモンアイスなどの特産品も販売中。島の観光拠点にぜひご利用ください。

 

○まちの駅 しまcafeきたたに

住所/呉市豊浜町豊島3554-4

電話/0823-68-2003

営業時間/7:00~19:00

定休日/不定休

お店紹介-ネロリの島cafe(呉広域商工会 豊支所)

[目の前に瀬戸内海が広がる絶好のロケーション。ターミナル2階で利便性も抜群!]

事業所・店舗紹介
皮をむいたレモンを丸ごと使ったレモンミルクシェイク(550円)とボリューム満点のワッフルプレート。

皮をむいたレモンを丸ごと使ったレモンミルクシェイク(550円)とボリューム満点のワッフルプレート。

 大崎下島の玄関口、小長港のフェリーターミナル2階にカフェがオープンしました。一面ガラス張りの店内から瀬戸内海の美しい景色を望む絶好のロケーション。時折行き交うフェリーが島の景色を演出します。

 

 ここで味わえるのは、島の柑橘類を使ったドリンクなど。店内で果汁を搾ったレモネード(520円)やはるか(520円)などのフレッシュジュースやドライにしたミカンの花のつぼみを入れた「せんちゃフラワー」「紅茶フラワー」といったオリジナルメニューも揃います。

 

 フードメニューは焼き立てのワッフルを使った2種類を用意。スイーツとして楽しめるアイス付きのワッフルは650円。ウインナーや目玉焼きとセットになったプレート(980円)は、ボリュームも満点でランチやブランチにもぴったりです。

 

大きな窓から陽の光が注ぐ開放感抜群の店内。

大きな窓から陽の光が注ぐ開放感抜群の店内。

 店内の本棚には、全国的に人気の高い本のセレクトショップ「恵文社」から独立し、「誠光社」を立ち上げた堀部さんセレクトの本がずらり。読書を満喫できるブックカフェとしても楽しめます。

 

 白を基調としたスタイリッシュな店内には、テーブル席やカウンター席のほか、のんびりとくつろげる小上がり席もあります。小上がりで友達とおしゃべりを楽しむもよし、カウンター席で景色を眺めながらぼーっと過ごすもよし。訪れた人に合わせた自由な島時間が流れます。

 

 また、同店は自社で抽出したエッセンシャルオイルを使った商品も販売。柑橘や花など、オイル抽出の委託も受け付けています。ご希望の方は気軽にお問い合わせください。

 

○ネロリの島cafe

住所/呉市豊町大長5992-86 小長港ターミナル2F

電話/0823-66-3021

営業時間/10:00~17:00

定休日/なし

お店紹介-maruya cafe(呉広域商工会 下蒲刈支所)

[島の食材にこだわった手作りメニューとのんびりと流れる島時間を満喫]

事業所・店舗紹介
金曜日限定の週替わりランチ。毎週バラエティ豊かなメニューが登場します。

金曜日限定の週替わりランチ。毎週バラエティ豊かなメニューが登場します。

 今、サイクリストで賑わう“とびしま海道”に、続々とオシャレなカフェがオープンしています。その一つがこちら。店主の濱下杏奈さんが、曾祖母が住んでいた築60年の古民家を改装して、呉広域商工会のサポートを受けて今年3月にオープンさせました。

 

 手作り感いっぱいの店内からは、目の前に広がる瀬戸内海を一望。濱下さんは、「島ならではの景色と、ゆったりと流れる島時間を満喫できる非日常的な空間を作りたかった」と話します。

 

 月曜から木曜のランチはパニーニセット。金曜日限定で島の食材をふんだんに使った週替わりランチも味わえます。ちょうど金曜日だった取材日のメインディッシュは、具だくさんのオムレツ。その他、エビとホタテのバターライスや肉豆腐、春雨スープ、手作りのきな粉アイスが付いて800円! お腹も心も大満足です。

 

 また、手作りにこだわったスイーツも充実。コーヒーゼリー(400円)やレモン杏仁(400円)などの定番から日替わりデザートも登場します。

 

 店頭では近隣の人が育てた新鮮な野菜や柑橘類、濱下さんが手掛ける加工品ブランド「島の屋」のドレッシングやポン酢なども販売しています。お土産にもぴったりです。

 

DIYで作り上げた店内は、手作り感あふれる温かな空間。「ゆったりとした時間の流れをお楽しみください」と店主の濱下さん。

DIYで作り上げた店内は、手作り感あふれる温かな空間。「ゆったりとした時間の流れをお楽しみください」と店主の濱下さん。

 今後はレンタルスペースとして貸し出したり、ワークショップなども開催予定。「スペースを借りたい」「ワークショップを開きたい」という方はぜひお気軽にご相談ください。

 

○maruya cafe(マルヤ カフェ)

住所/呉市下蒲刈町三ノ瀬2229-9

電話/070-4175-6427

営業時間/10:00~15:00

定休日/日曜、ほか不定休あり

お店紹介-Cafe Repos(世羅町商工会)

[明治6年に建てられた古民家を改装したカフェ。自然の中で心と体を休める癒しの時間を満喫]

事業所・店舗紹介
ナマケモノをモチーフにした愛らしい看板が目印です。

ナマケモノをモチーフにした愛らしい看板が目印です。

 のどかな風景が広がる世羅町の山間でカフェを営むのは福山市からIターンで祖父母の家があった世羅町に移住した西原さん姉妹。築140年の古民家を改装し、昨年12月に「Cafe Repos(カフェルポ)」をオープンしました。「ルポ」とはフランス語で「休息」の意味。「自然の中でゆっくり休んでほしい」という想いを店名に込めています。

 

 店内は当時の柱や梁、建具を残して古民家の雰囲気を最大限に楽しめる癒しの空間。メニューには、近隣の農家さんが栽培したものや産直市などで仕入れた世羅町産の新鮮な野菜をふんだんに使用しています。お米もカフェのある徳市地区で収穫されたコシヒカリを栄養価の高い七分づきで提供しています。

 

 ランチメニューは一汁三菜ランチ(850円)、スフレドリア(850円)、タイ料理のガパオライス(850円)の3種類。+150円でドリンク、+300円で自家製のデザートもオーダーできます。

 

11時から14時まで楽しめるランチは3種類。デザートもチョコチーズケーキやシフォンケーキなど3種類用意されています。

11時から14時まで楽しめるランチは3種類。デザートもチョコチーズケーキやシフォンケーキなど3種類用意されています。

 一汁三菜ランチは「おから」のハンバーグや生姜焼きなどバラエティ豊かなメニューが登場するメインと副菜が2品、サラダ、ご飯、汁ものがセットになった人気メニュー。世羅町の旬をたっぷりと盛り込みます。チキンライスの上にホワイトソースとふわふわに立てたメレンゲをのせて焼き上げたインパクト抜群のスフレドリアやタイ料理のガパオライスもオススメ。また、オリジナルブレンドのコーヒーなど、カフェメニューも充実しています。

 

 西原さんは商工会のサポートを受け、世羅町の「新規創業支援助成金」を活用して店をオープン。今年は小規模事業者持続化補助金の採択をめざして、商工会主催の勉強会などにも参加しています。「持続化補助金で玄関前のスロープに手すりをつけたり、ワンちゃんとも一緒に楽しめるテラス席を設けたい」と意欲的です。

 

落ち着いた古民家の雰囲気の中に、お二人が好きな北欧雑貨が映える店内。

落ち着いた古民家の雰囲気の中に、お二人が好きな北欧雑貨が映える店内。

 今後は店頭で近隣農家さんの野菜を販売したり、プリザーブドフラワーやカルトナージュなどのワークショップも開催していきたいとのこと。「この周囲には美味しい野菜を作っている農家さんがいっぱいあります。消費者の声も届けながら地域が元気になる一翼が担えれば嬉しい」と西原さん。

 

 ほっこりと和む癒しのカフェで、美しい景色とキレイな空気、そして自然の恵みいっぱいのランチを心行くまでお楽しみください。

 

○Cafe Repos

住所/世羅郡世羅町徳市1182-2

電話/0847-29-0568

営業時間/11:00~17:00

定休日/水曜、木曜(祝日の場合は営業)

お店紹介-見浦牧場ミートセンター(安芸太田町商工会)

[種付けから肥育までを行う「一貫飼育」で育てたブランド牛“見浦牛”のみを販売する精肉店]

事業所・店舗紹介
約30ヘクタールもある広々とした牧草地帯で、のびのびと育つ牛たち。

約30ヘクタールもある広々とした牧草地帯で、のびのびと育つ牛たち。

 見浦牧場のある安芸太田町小坂は広島県と島根県の県境、標高700mの豪雪地帯です。牧場では、仔牛を産ませる母牛の群れを、一年を通して放牧。牛たちは野山を駆け回って育ち健康的な身体を培います。放牧することで筋肉が十分に発達した黒毛和牛は、うま味をしっかりと感じられるだけでなく、さらっと口どけのよい脂を持つのが特徴。見浦牧場の黒毛和牛は、ブランド牛“見浦牛”として広島市内の一流レストランなどでも提供されています。

 

 これまでは広島牛として販売されていましたが、手塩にかけて育てたこの牧場ならではの牛のおいしさをもっと知ってほしいと、牧場創業者の娘・見浦律子さんが立ち上がり、牧場の一角に「見浦牧場ミートセンター」をオープンさせました。店では見浦牧場で育てた牛の肉のみを販売しています。平成26年から精肉の販売を開始し、今年は見浦牛を使った惣菜にもチャンレジ。小規模事業者持続化補助金を活用してレシピを開発した肉そぼろや筋の味噌煮込みなど、秋までには3種類が登場する予定です。

 

見浦牛は黒毛和牛本来の風味が楽しめる逸品です。

見浦牛は黒毛和牛本来の風味が楽しめる逸品です。

 さらに、今年度は安芸太田町商工会のサポートを受けて、平成28年2月に経営革新計画も作成し採択を受けました。知名度を上げながら、販路の拡大につなげていきたいと考えています。

 

 見浦牛を使ったコロッケやメンチカツ、レバカツ、牛串は、町内外のイベントなどでも味わうことができます。4月は3日(日)に開催される深入山の山焼きと29日(金・祝)に開催される三段峡春まつりに登場。まずは、手軽に自慢の味をお試しください。

 

 サシを重要視せず肉本来のうま味を追求した“見浦牛”。精肉は店頭のほか、ネット通販も可能です。ぜひ一度ご賞味ください。

 

赤い看板が目印。

赤い看板が目印。

 

○見浦牧場ミートセンター

住所/山県郡安芸太田町小坂1108

電話/0826-29-0045

営業時間/10:00~18:00

定休日/不定休

HP/http://miurafarm.jp/

お店紹介-きっちんたまがわ(安芸太田町商工会)

事業所・店舗紹介
地元の野菜をふんだんに使った体に優しいメニューが味わえます。

地元の野菜をふんだんに使った体に優しいメニューが味わえます。

 昭和元年創業、安芸太田町で2店舗を展開するレストラン「きっちんたまがわ」。観光客が多い温井ダム近くの温井店では、とうきび団子汁や原木なめこ汁などの郷土料理が人気です。また、商店街に位置し地元客が多い加計店では、日替わりランチや定食などのバラエティ豊かなメニューが楽しめます。

 

 どちらの店舗でも共通しているのが、豊かな自然に育まれた地元野菜をふんだんに使用している点です。和洋揃う多彩なメニューは、素材の味を活かす調理法と優しい味付けが魅力。野菜本来の美味しさを実感できる料理が揃います。

 

 加計店では昨年、安芸太田町商工会のサポートを受けて「安芸太田町かんばるビジネス応援補助金」の採択を受け、テイクアウトを開始。通常のメニューに加え、ライスコロッケやヘルシー志向の女性に嬉しい具だくさんのスープセット(550円)など、新たなメニューを追加しました。

 

ライスコロッケ(チーズ入り250円)。プレーンは200円。

ライスコロッケ(チーズ入り250円)。プレーンは200円。

 ニューフェイスとして登場したライスコロッケはチキンライスとカレーの2種類を用意。チーズ入りは濃厚なモッツァレラチーズがたっぷりと入り、ボリューム満点です。バター香る昔ながらのチキンライスとの相性も抜群。小腹が空いた時にちょうど良いサイズで、高校生を中心にリピーターも増えています。また同年、小規模事業者持続化補助金を活用し、1つしかなかった和式トイレを男女に分けて洋式に改修しました。この改修は以前からあったお客様のニーズに応えたものです。

 

 加計店の隠れた人気メニューが浜田の漁港から直送される新鮮な魚介を使ったメニュー。夜は刺身で味わえるほか、ランチにも登場します。地元の人の憩いの場として親しまれている加計店。地元の味が満喫でき観光客のリピーターも多い温井店。個性あふれる2店舗で、手作りにこだわった自慢の料理をご堪能ください。

 

 

 

加計店は、昼はレストラン、夜は居酒屋として地元の人で賑わいます。

加計店は、昼はレストラン、夜は居酒屋として地元の人で賑わいます。

○きっちんたまがわ 加計店

住所/山県郡安芸太田町加計3791-1

電話/0826-22-0052

営業時間/11:00~14:00、17:30~LO21:00 ※火曜はランチ営業のみ、土曜はディナー営業のみ

定休日/月曜、第1・3日曜

 

○きっちんたまがわ 温井店

住所/山県郡安芸太田町温井

電話/0826-22-0198

営業時間/9:00~LO16:15 

定休日/月曜

お店紹介-Optical Design(福山北商工会)

[お客様のニーズを引き出し、ライフスタイルまで考慮したとっておきの1本を提案]

事業所・店舗紹介
ゆったりとメガネが選べる落ち着いた雰囲気。「要望をたくさん聞かせてください!」と上原さん。

ゆったりとメガネが選べる落ち着いた雰囲気。「要望をたくさん聞かせてください!」と上原さん。

 Optical Design(オプティカル デザイン)は、“似合わせのメガネ”をコンセプトとするメガネのセレクトショップ。似合うというだけでなく、かける人の魅力をさらに引き出す1本を提案してくれます。

 

 認定眼鏡士の資格を持つ上原さんが最も大切にしているのが、お客様へのカウンセリング。会話の中から好みやお望みの雰囲気、ニーズを聞き出し、顔の形はもちろん、ファッションやライフスタイルまで考慮してセレクトしてくれます。上原さんは「私は、これまでお客様が持っていた固定概念を覆したいと思っています。例えば、丸メガネをかけてみたいけど、似合わないから敬遠してきたという人が結構多いんです。かけてみたいのなら、ぜひ伝えてください。似合う丸メガネをご提案します」と話します。

 

店内には上原さんがセレクトした選りすぐりのアイテムが並びます。

店内には上原さんがセレクトした選りすぐりのアイテムが並びます。

 以前は、賑やかな駅ビルにあるメガネ店に勤務していたという上原さん。ゆったりと一人ひとりのお客様と向き合いたいと、ロケーション抜群のHOLM230に店を構えました。店内には、国内外のメーカー約300本が並びます。工具をほとんど使用せず、オールハンドで行うフィッティングも好評。職人技で調整されたメガネは、かけ心地も抜群です。

 

 なかなか似合うメガネに出合えない、新しい自分に出会ってみたいという方。上原さんと一緒に、とっておきの1本を探してみませんか?

 

○Optical Design

住所/福山市駅家町坊寺230

電話/084-982-7711

営業時間/10:00~19:00

定休日/水曜

お店紹介-pere mere しあわせなパン(福山北商工会)

[日々の暮らしに取り入れたくなる食事パンから菓子パンまで個性豊かなパンがずらり]

事業所・店舗紹介
ベーカリーを営む谷口さんご夫婦。

ベーカリーを営む谷口さんご夫婦。

 家具店やセレクトショップ、カフェなどがそれぞれの得意分野を活かしてライフスタイルを提案する『HOLM230』に、昨年11月オープンしたベーカリーをご紹介します。Pere mere(ペールメール)は、谷口さんご夫婦が営むアットホームなベーカリー。ご主人は福井県でパンを作っていましたが、府中市にある奥様の実家からほど近い、この場所に店をオープンさせました。愛らしい店内には、国産の小麦粉や自家製酵母など、こだわりの食材で作る約70種類のパンが並びます。

 

 

 谷口さんが最も力を入れているのが、フランスパンや食パンなどのプレーンなパン。「シンプルでごまかしがきかないものだからこそ、力を試されるパンだと思います。パン屋にしかできないものを届けたい」と力を込めます。

 

看板パンの「ペールメール」。食べやすいサイズが女性にも好評です。

看板パンの「ペールメール」。食べやすいサイズが女性にも好評です。

 フランスパンだけでも11種類のラインナップを誇り、種類によって生地の熟成時間を変えています。長いものでは4日間じっくりと熟成させるパンもあるほど。ゆっくりと寝かせることで、芳醇な小麦粉と酵母の味を存分に楽しめる一品になるそうです。オススメは店名のついた「ペールメール」。フランスパンにバターをサンドしたシンプルな味が、店の看板パンになっています。また、生地に熟成させたフランス生地を15%加え、もっちりとした食感を実現した食パンも人気。小麦本来の香りや風味が楽しめる逸品です。

 

 女性や子どもにもいろいろなパンを楽しんでほしいとの想いから、店に並ぶのは見た目も愛らしい小ぶりなパンが中心。「アイテム数をもっと増やして、いつ訪れても新しい味に出合えるような楽しいベーカリーにしていきたい」と谷口さんは話します。ドライブがてら、ぜひお立ち寄りください。

 

 

 

○pere mere しあわせなパン

住所/福山市駅家町坊寺230

電話/084-976-1118

営業時間/9:00~18:00

定休日/水曜

10 / 24« 先頭...89101112...20...最後 »
このサイトを広める