事業所・店舗紹介

全てみる

事業所紹介-シャルマンティエ(スモールアイディアオフィス)      (五日市商工会)

[自然豊かなロケーションの中、大切な人たちと過ごすお二人だけのウエディングを]

事業所・店舗紹介

お二人もゲストも笑顔になれる温かな愛に満ちたウエディングを

 山や川など自然のロケーションを活かしたカジュアルで開放的な空間で挙げる結婚式。そんな海外映画のワンシーンのようなウエディングに憧れはありませんか? 今年10月にオープンしたばかりの「シャルマンティエ」は、美しいロケーションにある施設やレストランなどと提携し、理想の場所でのウエディングを叶えてくれます。

 

 代表の和原美和子さんは、広島市内の結婚式場で花の担当としてたくさんの現場を見てきました。「一番大切なのは、式を挙げるお二人の気持ち。新郎新婦とお話しする中で、自分たち中心ではなく、両親や友人などの回りの人に感謝する場にしたいと何度も聞きました。ありきたりの結婚式ではなく、みんなが笑顔になるような式を手作りしたいと思ったんです」と話します。

 

海外映画のワンシーンのような憧れのウエディングが叶います

 提携している施設は廿日市市の山間に位置する「魅惑の里」や、美しい里山が広がる安佐南区吉山にあるレストラン「Oishi吉山」、対岸に宮島を望む「安芸グランドホテル」など、多彩なロケーションを用意。またプランナー、メイク、カメラ、音響、司会者などその道のプロが式を作り上げます。広島を中心に活躍するミュージシャン・藤江潤士さんによるアコースティックギターの演奏をバックに登場するお二人の入場シーンにも注目です。

 

 「一般的な結婚式は、大まかなプランが決まっていてお二人で決められることはとても少ないと思います。シャルマンティエでは、ゼロからお二人で組み立てる、アットホームな式が叶います。アイデアが広がるように、全力でサポートします!」と和原さん。最初は漠然としていたイメージも、お二人の気持ちをくみ取りながら提案してもらえるので安心です。

 

「これまでありそうでなかった新しいスタイルのウエディングをご提案します」と和原さん

 2020年12月28日までに2021年3月以降の成約をされた方は、プロデュース料通常20%が5%になるキャンペーンを開催中です。8名~50名の少人数制のウエディングを検討している方。まずは、HPをチェックして「シャルマンティエ」の世界観をご体感ください。

 

 

○シャルマンティエ(スモールアィデアオフィス)

TEL/080-1644-0004

HP/http://tent-wedding-charmantie.com

事業所紹介-株式会社常盤家具(尾道しまなみ商工会)

[腕利きの職人が作る天然素材を使った上質な家具を、若い世代にも手が届く価格で届けたい]

事業所・店舗紹介

尾道しまなみ商工会のサポートを受けて申請した小規模事業者持続化補助金を活用して開設したショールーム

 当時、勤めていた家具メーカーが廃業したのを機に、株式会社常盤家具を創業した代表取締役の和田穣さん。50年間、営業と開発に携わってきた経験を買われ、得意先から出た「創業してほしい」という声に応える形でスタートしました。

 

 半年間の準備期間を経て2018年3月に創業しましたが、同年7月に豪雨災害が発生。水害でメインの機械が故障するなどの被害に見舞われました。「その頃には家具の注文も入り始め、数日後に大きな展示会を控えていました。スタッフ全員で力を合わせて手作業で制作したり、同業者に頼み込んで協力をお願いしたり、とにかくたくさんの人の協力で何とか乗り切ることができました」と和田さんは振り返ります。

 

工場では高い技術を持つ約10名の職人が腕を振るっています

 ここで作られている家具には、ブラックウォールナットなどの天然素材を使用。一般的には避けられるふしをあえて使い、自然な風合いを醸します。また植物性のオイルをじっくりとしみ込ませることで味わいが増し、使うほど飴色に変わりキズや変色も味になっていく経年変化が楽しめるのも魅力。自然素材のため全く同じものはできず、どれもオンリーワンの逸品で、永く大切に使いたくなるものばかりです。

 

 デザインは和田さんが担当。目指すのは、“木の魅力を最大限に活かす家具づくり”。素材そのものの良さが光るシンプルなデザインを心掛けています。シンプルさの中にキラリと光る機能性の高さにも注目です。ラインナップはソファやテーブル、テレビボードなど種類豊富。自社生産のため、サイズ違いも充実しています。

 

 

「デザインだけでなく使いやすさにもこだわっています」と和田さん

 オーダーから完成まではおよそ1ヶ月というスピーディーな対応も魅力のひとつ。ショールームには、ソファやテレビボードなど、天然素材で作られた家具がずらりと並びます。その魅力を、見て触って体感してください。

 

 

○株式会社常盤家具

住所/尾道市御調町大蔵424

TEL/0848-38-1076

営業時間/ショールーム 土日曜・祝日10:30~18:00 

※平日でも事前TELで対応可能

HP/https://tokimuku.co.jp/

お店紹介-ハレルヤピザ(広島安佐商工会)

[新感覚のオリジナル生地が魅力のピザ店が9月5日(土)、安佐北区安佐町にオープン!]

事業所・店舗紹介

インパクトも抜群な「チーズとたまごとトリュフのピザ」

 自然豊かな安佐町飯室に9月5日(土)にオープンしたのは、生地が自慢のピザ屋さん。もっちりとしたナポリ生地をベースに、ふわっとした軽い食感をプラスしたオリジナルです。この食感を出すために、生地を慎重に極めて柔らかく捏ねています。

 

店主の霜下さんが試行錯誤を繰り返して完成した生地には、イタリア産の小麦粉や蒲刈の藻塩など、素材も厳選したものを使用。生地の風味や香りを最大限に活かすため、店内に自家製の石窯を設置して焼き上げます。

 

薪ならでは強い火力は、生地に短時間で火を通すため、ほどよく水分が残り、ふんわりと仕上がるのが特徴。木の香りも移り、香ばしさも一層アップします。

 

 メニューは「テリヤキチキンと卵のピザ」や「サラミのピザ」など3~5種類が登場予定。おすすめは「チーズとたまごとトリュフのピザ」。モッツァレラチーズとパルミジャーノチーズ、塩味のきいたトリュフソース、卵をのせて焼き上げ、仕上げに香り高いトリュフこれでもかとのせた豪華な一枚です。

 

石窯は手作り。裏には近所の子どもたちがイラストを描いたレンガが並べられています

 オープンはピザ店では珍しい朝8時から。朝は約15cmサイズのピザとサラダ、ドリンクがセットになったモーニング(800円)が楽しめます。

 

 ピザやイタリア製の生ハムを使った生ハムサラダ、グリーンサラダはテイクアウトも可能。また、高齢者向けの減塩ピザを考案中です。気候が良くなるこれからの季節。ドライブがてら立ち寄ってみませんか?

 

○ハレルヤピザ

住所/広島市安佐北区安佐町飯室563-1

TEL/090-4104-5631

営業時間/モーニング8:00~10:00、テイクアウト11:00~13:00、17:00~19:00 

※2組まで店内での飲食が可能

定休日/月火曜、第4日曜

HP/https://www.instagram.com/hareruya_pizza

事業所紹介-ウエストプラス(沼田町商工会)

[質の良いサービスを安く提供する外壁塗装&屋根塗装専門店。その秘密は足場資材!]

事業所・店舗紹介

足場材を自社で所有。腕のいい職人もそろいます

 今年で8年目を迎える「ウエストプラス」は、外壁塗装と屋根塗装の専門店。代表の西川健太さんは、16歳で足場職人として業界入りし、24歳で独立しました。長年、足場職人として活躍してきた経験を活かし、「足場を所有している会社が塗装工事もできれば、もっといいサービスを安く提供できるのではないかと思ったんです」と話します。2020年2月には室内を手掛けるリフォーム部門を設立し、活躍の場を広げています。

 

 その言葉通り、一番の強みは自社で約2万平米の足場資材を保有。資材と職人を自社でまかなえるため、足場代を安く提供することが可能です。また、現場をまかせる若手の育成にも積極的。「若い人が責任とやりがいを持って仕事に臨める環境を作っていきたい。そのために必要なベテランのサポートも万全です」と西川さん。また技術だけでなく、礼儀や挨拶といった人間性も一緒に育てていきたいといいます。

 

体感型のショールーム

 見て触って体感できるショールームも完備。専用のソフトを使って実際に撮影した家の画像に色をつけるカラーシュミレーションもあり、完成した家をより具体的にイメージすることができます。料金は塗料の対応年数に合わせた保証を3プランを用意。広島ではここだけという、対応年数の長い塗料の取り扱いもあります。

 

 不具合が出やすいとされる、工事完了から3ヶ月を経過した時点で現場を確認するなど、アフターフォローも万全。見積もり・相談は無料です。まずは気軽にお問合せください。

 

○ウエストプラス

住所/広島市安佐南区伴中央2-4-15

TEL/082-544-0240

営業時間/9:00~18:00

定休日/なし(日曜・祝日は予約制)

HP/https://westplus.jp/

事業所紹介-株式会社リアンジュ(沼田町商工会)

[日本結婚相談所連盟に加盟。本気で結婚相手を見つけたい人のための相談所がオープン]

事業所・店舗紹介

まずは気軽な無料カウンセリングからどうぞ

 コフレドール不動産として起業し、6年目となる今年、社名変更した株式会社リアンジュ。不動産業のみにとどまらず、副業の斡旋など様々な事業を展開しています。販路拡大を目指し、今年5月に沼田町商工会に入会。新しい事業を立ち上げるための足掛かりにしました。

 

 今年4月にオープンした「マリッジサロンjuju」は、日本で唯一東証一部に上場している結婚相談所「IBJ(日本結婚相談所連盟」に加盟。1年以内には結婚したいという人が対象で、登録者は真剣に結婚を考えている人ばかりです。独身証明、年収証明、卒業証明などの証明書類も提出の必要があり、安心で安全な結婚相談所として信頼されています。会員数約65,000人の中から自分にぴったりの相手を探すことが可能です。

 

カウンセラーの岩田さんが親身になって話を聞いてくれます

 ここで婚活カウンセラー・アドバイザーとして活躍する岩田じゅん子さんは、大手結婚相談所で4年間経験を積み、これまで20~70代の会員さんのお世話をしてきました。「カウンセリングで大切にしていることは、しっかりとお話をうかがうこと。その方が、本当はどうしたいいのか。これまで身内や友達にも言えなかったことを素直に話してもらえるように心がけています」と岩田さん。「心のサポートも同時にしたい!」と考え、心理カウンセラーの資格も取得しました。

 

 コースは一番人気のおすすめコース、月々の費用を抑えて成婚料が高い成功報酬型コース、短期間で結婚相手を見つけたい方にぴったりの短期集中型コースの3つ。丁寧なカウンセリングで一人ひとりに取りにあったプランを提案してくれます。現在、無料カウンセリング、入会金0円キャンペーンを実施中です。本気で結婚相手を見つけたいという方、ぜひ一度ご相談ください。

 

○株式会社リアンジュ

住所/広島市安佐南区大塚西3-3-45

TEL/090-4141-5164

営業時間/10:00~18:00

定休日/不定休

HP/http://company.lianju.co.jp

 

 

○マリッジサロンjuju

住所/広島市中区大手町2-2-9 2F

TEL/080-3052-8877(完全予約制)

HP/http://www.lianju.co.jp

お店紹介-有限会社吉岡自動車(沼田町商工会)

[丁寧な点検と高い技術力で実施する「予防整備」。安心して任せられる自動車店]

事業所・店舗紹介

「年内にはイベントも計画中です」と吉岡さん

 昭和51年に創業し、今年で44目を迎える「吉岡自動車」。自動車の販売・整備、損保保険・生命保険の代理店などを手掛けています。創業当初の顧客が今もなお得意様として来店するなど、「吉岡自動車に任せておけば大丈夫」とその信頼は絶大です。

 

 その秘密は車検から次の車検まで、ほとんど故障しないという丁寧な点検と高い技術力。『予防整備』という考え方を大切にし、後々修理になりそうな箇所をいち早く発見します。完全に故障する前に部品の交換・修理ができれば安心なのはもちろん、トータルで見れば修理にかかる費用を抑えることも可能です。

 

 「車は命を預かるもの。お客様にはいつも安心して車に乗ってもらいたい」と代表取締役の吉岡文夫さん。“いつも安心、いつも快適、安全を提供する”をモットーに、顧客とのコミュニケーションも欠かしません。

 

 

4WDファンが市外からも訪れます

 また、ランドクルーザーやジムニーなど4WDの整備が得意なのも特徴のひとつ。人気車種・ジムニーの足回り・外装のカスタム、エンジン、ミッションのオーバーホールなど何でも対応してくれます。ランドクルーザーでは、ランクルを知り尽くしたスタッフが一人ひとりに合わせたカスタムスタイルを提案。おすすめのホイールなど最近の流行などを知りたい!という方は、ぜひ一度ご相談ください。

 

○有限会社吉岡自動車

住所/広島市安佐南区伴東4-16-12

TEL/082-848-5711

営業時間/9:00~18:00

定休日/日曜・祝日

HP/http://yoshiocars.jp

事業所紹介-Crea Works&Co(五日市商工会)

[心理学に基づいた“視覚的訴える”動画や画像で自社の魅力を広く発信]

事業所・店舗紹介

先進的な「ビデオグラファー」として活躍する本崎さん

 SNSやHPに掲載する動画の制作や写真撮影などを手掛ける「Crea Works&Co」。ドローンを活用した躍動感あふれる動画からスチール撮影まで幅広いニーズに応えます。

 

 代表の本崎大督さんは、SNSアドバイザーとしても活躍。ただ動画を作る、写真を撮るという枠にとらわれず、撮影した素材をどう活かすのかまでを提案できるのが魅力です。本崎さんは、「商品の紹介、リクルート用など、漠然とした理由で動画をとっておきたいという依頼をよくいただきます。特に飲食店や雑貨店などのジャンルは動画や写真のビジュアルが大事になる業種。どうすれば、ユーザーに興味を持たせることができる発信ができるのか、そこまでトータルでコンサルできます」と話します。

 

興味のある方はこちらの動画もチェック

 自分たちで撮影した画像をSNSに投稿しても、いまいち反応が薄い…。そんな経験はありませんか? 投稿が表示されたユーザーの数を示すリーチ数が増えても、興味を持つユーザーが増えるとは限りません。ユーザーへの興味の持たせ方までコンサルできるのが本崎さんの強みです。

 

 本崎さんは10年間、心理学を学びトレーナーのライセンスを取得。ただ美しい、ただカッコイイだけの動画ではなく、人の心の動きや行動を考慮した動画の制作が可能です。「例えばInstagramの場合、動画や画像をアップするだけでは、プロフィールで70%が離脱します。ハイライトにどんな自己紹介を載せているかで、興味を持たれる数は圧倒的に変わります。興味を持ってもらうには、プロセスがあるんです」と本崎さん。様々な素材がある中で、最も重要だと考えているのが、情報量が圧倒的に多い動画だと言います。

 

 撮影から編集までをワンストップで手掛ける「ビデオグラファー」という新しい職種。海外で流行っている手法を取り入れたり、常に新しい表現方法を求めて情報収集を欠かしません。もちろん、そのセンスも抜群です。

 

 「SNSやHPをうまく活用して自社の魅力を広く発信したい」「YouTubeを開設したい」など、販路開拓や集客に取り組みたいという方。心理学を活用して“視覚的に訴える”動画・写真使った効果的なマーケティングを叶えてくれます。

 

○Crea Works&Co(クレア ワークアンドシーオー)

TEL/080-1636-0020

HP/https://drone.crea-works.com/

e-mail/motozaki@crea-works.com

事業所紹介-ひとつ麦(祇園町商工会)

[古き良き日本の伝統“着物”の魅力を、様々な視点や角度から発信]

事業所・店舗紹介

商品についてはHPからお問合せください

 インド刺繍など海外のテイストを取り入れた着物帯や足袋を開発し、販売している「ひとつ麦」。着付け師として活躍する代表の吉原幸子さんが、「若い人にももっと着物に興味を持ってほしい」と着物の新しい魅力を発信しています。

 

 旅館の娘として生まれ育った吉原さんにとって着物はとても身近な存在でした。一度は着物から離れた時期もありましたが、2012年から改めて着付け教室に通い、他装も学び2014年からは着付け師として活躍しています。

 

 吉原さんがインド刺繍に出合ったのは、今から2年前のこと。アパレルブランドの洋服に使われていたインド刺繍の緻密で美しいデザインを見て、ぜひ帯にしてみたいと直感で感じたと言います。それからインド刺繍のストールを購入し自作で帯づくりに挑戦。作品を身につけて、大阪の展示会や公邸でのレセプションなど、様々な場所にでかけたところ、いろいろな人の目に留まり、確かな手ごたえを感じたそうです。

 

着物の魅力を発信し続ける吉原幸子さん

 その後、和裁士とともに本格的な商品開発に取り組み、インド刺繍の帯と足袋が完成。2019年に広島市創業チャレンジ・ベンチャー支援事業に認定され、2020年1月に「ひとつ麦」を創業しました。

 

 現在、新型コロナウイルスの影響で、インド刺繍の仕入れはストップしていますが、京都で40年間着物職人として活躍してきた西田創春さんと出会い、新しい取り組みにもチャレンジしています。そもそも着物業界は分業制で、それぞれの工程に職人がいます。創春さんは、複数の作業が一人でできる珍しい着物職人。「創春さんとご一緒することで、私自身ももっと着物について深く学び、さらに職人さんとお客様の繋ぎ役を担いたい」と吉原さんは話します。

 

 そんな想いを形にしたイベント「可部の町屋で愉しむ 安芸の手仕事」が10月16日(金)、17日(土)、18日(日)の3日間、「かしわや入江」(広島市安佐北区可部3-46-24)で開催されます。可部や広島で活躍している作家さんの作品が販売されるほか、針やまの絵付け体験や刺繍体験などのワークショップ、トークショーなど盛りだくさんの内容。ワークショップには予約が必要なため、082-812-2028(かしわや入江)へお問合せください。

 

「可部の町屋で愉しむ 安芸の手仕事」のチラシはこちら

表面

裏面

 

 また、11月7日(土)8日(日)には、「着物を古民家で着る!and撮影会」も主催。100年変わらない穏やかな暮らしと景色がある福富町に佇む古民家で、着物を着て、まるでそこに住む住人のようにゆったりとした時間を過ごすイベントです。「イベントを通して、手元にある着物を見直したり、着物を着る楽しさを知ってほしい」と吉原さん。撮影した画像はデーターでもらえるので、年賀状用の写真としても利用できます。申し込みは、チラシに記載されたQRコードの申込フォームまたはTEL、メールにてお申込みください。

 

「着物を古民家で着る!and撮影会」のチラシはこちら

 

 現在は、インドネシアでバティック職人として活躍していた日本人とともに、バティックを使った足袋の開発を進めている吉原さん。着物の様々な可能性を求めて、日々忙しく動き回っています。

 

○ひとつ麦

TEL/090-3634-0983

営業時間/9:00~19:00

HP/https://hitotsu-mugi.com/

事業所紹介-H.K.S安藤商会(広島安佐商工会)

[断捨離のお手伝い、引っ越しや不用品回収など、広島の片付けを全力でサポート!]

事業所・店舗紹介

荷物一杯!精一杯運び出します!

 代表の安藤さんは、大手不用品回収業での営業・回収・事業実施技術の経験をもとに、2020年4月に安佐北区可部で開業。個人・法人を問わず、「断捨離・引っ越し・レイアウト変更・不用品の回収・クリーニング・生前整理・遺品整理」など、片付けに関する業務全般を手掛けています。

 

 断捨離することで、お金が貯まったり、家族円満になったり、やせてキレイになったりと、ここ数年は断捨離やミニマリストなど「モノを捨てる」ことが大ブーム。また、最近では、新型コロナウイルスの感染拡大により自宅時間が増え「巣ごもり」の状態が長期化しています。そのため、20代や30代といった若い世代も、「終活」のひとつとして生前整理などによる身辺や財産の整理を始めている人が増えているのだそうです。

 

 このような状況の中、同事業所のサービスの強みは、“顧客要望に柔軟に対応する一括片付け”。清掃・回収・移動などの片付けに係る工程全般を受注対象とし、大手事業所にはなないフットワークの軽さを活かして顧客満足度の向上に努めています。

 

 

片付けのことでしたらまずはご連絡を!

 「捨て方がわからない!!」「引っ越しの処分どうしよう!!」など、片づけの困ったに何でも対応してくます。軽トラパックは8,000円~。小さな事業所ならではのフットワークで迅速に回収してもらえます。気になる方は電話またはメールでお問合せください。

 

 現在、広島安佐商工会のサポートを受けて小規模事業者持続化補助金に挑戦中。補助金はHPの作成に活用する予定で、さらなるサービスの向上を目指しています。

 

【不用品の回収の流れ】

①お問い合わせ ⇒ ②お見積り ⇒ ③料金のお知らせ ⇒ ④作業開始 ⇒ 作業終了後のお支払い

 

 

○H.K.S安藤商会

住所/広島市安佐北区可部六丁目16-15

Tel 080-6302-5353

Mail/h.k.s5353@au.com

HP/https://www.hks-andoushoukai.com/

お店紹介-チョークアート教室 Robina(尾道しまなみ商工会)

[指で描く温かみのある作品が特徴的。体験レッスンでまずはその魅力を体感しよう!]

事業所・店舗紹介

「今後はオンライン教室も予定しています」と大原さん

 チョークアートとは、ブラックボードにオイルパステルを使って指で描くアートのこと。カフェやレストランのメニューや看板アートなどで目にしかことがあるかもしれません。

指先で濃淡をつけながら描く作品は手書きならではの温かみがあり、カラフルな色であふれています。

 

 尾道市の向島にある「Robina」は、そのチョークアートが学べる教室兼アトリエです。ここでチョークアートを教えるのは、画家の大原郁香さん。二科展や県美展で入賞・入選するなど、植物を大胆な構図で描いた作品が高く評価されています。

 

 大原さんがチョークアートに出会ったのは、19歳の時のこと。留学先のオーストラリアで立ち寄ったカフェで妖精のチョークアートに衝撃を受けました。その絵に心奪われた大原さんはプロの道を志し、資金を貯めた4年後に再びオーストラリアへ。チョークアートを考案したモニーク・キャノン氏の下でプロフェッショナルコースを受講し帰国。地元、向島でアトリエ兼教室「Robina」をオープンしました。現在は、チョークアートのみにとどまらず、オイルパステル、塗料系をミックスした独自の手法を考案し、画家として活躍しています。

 

「広島」の文字に観光名所や名産を散りばめた最新作

 「チョークアートは、筆やえんぴつなどの道具を使わずに指で描く珍しいアート。24色のオイルパステルの混ぜ方、選び方、指の動かし方一つで様々な作品が生まれます。そこが難しさでもあり、楽しさでもあります」と大原さん。

 

 教室では、自分で描きたいものを描く趣味コース、子どものチョークアート教室、本格的に基礎から学べるプロフェッショナルコースを用意。それぞれの目的やペースに合わせて指導してもらえるので安心です。まずは気軽に体験レッスン(1000円)でその魅力を体感してみませんか?

 

 

 

カラフルな色であふれるアトリエ

○チョークアート教室 Robina(ロビーナ)

住所/尾道市向東町877

TEL/080-6317-0908

営業時間/9:00~19:00

定休日/日月金曜

HP/https://art-robina.com/

1 / 3512345...102030...最後 »