事業所・店舗紹介

全てみる

事業所紹介-いしだ社会保険労務士事務所(五日市商工会)

[多角的な視点と手法で企業をトータルにサポートする、攻めの社会保険労務士事務所]

事業所・店舗紹介

「社労士の枠にとらわれないサービスを提供したい」と石田さん

 社会保険労務士とは、企業の労働・社会保険に関する法律、人事・労働管理の専門家として、人材の採用から退職までの労働・社会保険に関する諸問題、年金の相談に応じる「人」のエキスパートです。

 

 2019年11月に「いしだ社会保険労務士事務所」を創業した代表の石田朋久さんは異色の経歴の持ち主。学生時代はダンスに明け暮れ、ダンスイベントなどを企画・運営する株式会社ACEを立ち上げました。大学卒業後は銀行に就職。その後、医師に自社の薬の成分や使用法、効能などについて説明するMRとして7年営業職を務め、在職中に社会保険労務士試験に合格しました。

 

 石田さんの魅力は、なんといってもそのフットワークの軽さ。軽快なトークで難しい話も分かりやすく説明してもらえ、身近な社労士として多くの企業から信頼を得ています。目指すのは『企業全体のサポート』ができる社会保険労務士。石田さんは「就業規則を作ったり、労働社会保険の手続きを行ったり。それももちろん社労士として大切な仕事ではありますが、自分にしかできないサービスを提供していきたい」と話します。

 

 その一つが、企業が必要とする有能な人材として就活生を育成し、企業とマッチングさせるというもの。「学生には転職が当たり前の時代で自身のキャリアパス(キャリアアップの道のり)をしっかり考えることができる人材になってほしい。その中で安易に大企業を選ぶではなく、地元にある魅力的な企業の存在にも気づいてほしいと思っています」と石田さん。

 

明るい打ち合わせスペース

 人材確保に多くのコストを擁している企業側にとっても、しっかりとした考えと意思を持った就活生とのマッチングはメリットが大きくコストの削減にも繋がります。また、戦略マネージメントゲームなどのコンテンツを使い、会計リテラシーの向上を図るなど、その活動は社労士の枠にとらわれません。

 

 税理士や行政書士などとの繋がりもあり、企業の課題にワンストップでサポートが可能です。お気軽にご相談ください。

 

○いしだ社会保険労務士事務所

住所/広島市佐伯区五日市駅前1-10-13 404

TEL/082-576-3206

営業時間/8:30~17:30

休み/土日曜・祝日

事業所紹介-有限会社安芸企画(安芸高田市商工会)

[足場工事のスペシャリストとして30年。新規事業参入で収益強化と生涯雇用を目指す!]

事業所・店舗紹介

複雑な地形に沿いながら設置される足場はもはや芸術品

 安芸高田市に事業所を構える安芸企画は住宅分野、土木建築分野で足場の設置や撤去工事を行っている企業。住宅分野では安芸高田市や近隣市町の新築・やリフォーム工事に必要な足場を設置。土木建築分野では、中四国地方を中心に公共工事の法面工事現場における足場設置工事を担当しています。

 

 創業から30年間、足場設置の専門事業所として技術やノウハウを蓄積してきた同社。特に現場ごとに斜面や施工下地の材質(コンクリートや土、岩場など)が異なる難工事である法面工事の防災工事においては、安全性の高い足場設置技術を独自に開発するなど、オンリーワンのサービスを提供しています。その仕事ぶりは高い評価を得て、法面工事の施工事業者との信頼関係を気づき、県内NO.1のシェアを誇る企業へと成長しました。

 

 そんな同社がこれまでの経験を活かして新しい事業に挑戦しようとしています。法面落石防護工事の主な流れは足場設置工事を行った後、アンカー専門業者がロックネットを固定するためのアンカーを設置。元請け事業者が落石防護ネット(ロックネット)を取り付け、足場撤去工事を行って完了します。近年増加する法面落石防護工事ですが、アンカー工事を担当する専門事業者が県内に3社しかなく、多くの現場でアンカー工事待ちが発生している状況。また、工程の最初と最後を担当する同社は、他の事業者のペースに合わせるため、時間的なロスもありました。

 

「これまで培ってきた経験とノウハウを生かして、自社のブランド力を高めていきます」と森光さん

 こうした課題を解消するため、法面落石防護工事をワンストップで行えるように体制を整え、これまでの足場の設置・撤去だけでなくすべての工程を自社でできる法面落石防護事業に進出することを決意。安芸高田市商工会の支援を受けて経営革新計画を作成し、ものづくり補助金を申請。穴を掘るための機械「インバーターチゼル」を年内に導入する予定です。また、ボウリング工事経験者を中心に人材の確保と育成にも力を入れ、新規事業進出に向けて準備を進めています。

 

 法面落石防護工事事業に参入することにより、収益を強化できるだけでなく生涯雇用の実現が可能に。足場設置工事は重労働であるため、同社では50歳を目安に現場から足場材を管理する「ヤード部」へ配置転換していました。しかし、今後ヤード部だけでは受入人数に限りがあります。落石防護工事は足場設置工事に比べて肉体負担が少ないため、生涯雇用を実現するひとつの手段として期待しています。「若い働き手に定着してもらうためには、会社の中でキャリアプランをイメージできることが大切だと考えています」と代表取締役の森光良彦さん。

 

  小規模事業者持続化補助金を活用してHPを開設し、事業のPRもスタート。新規事業進出に向けて、着々と足元を固めています。

 

○安芸企画

住所/安芸高田市吉田町山手128-68

TEL/0826-43-2233

事業所紹介-ant(五日市商工会)

[お手入れ楽ちんの自分らしいスタイルが見つかる。プライベート感たっぷりの美容室]

事業所・店舗紹介

スタイリッシュな店内。自分にぴったりのスタイルを提案してくれます

 プライベート感たっぷりの店内で、ゆったりと施術が受けられるサロン。パーマ液やカラー剤などの薬品も上質なものを使用しています。コンセプトは「家でセットしなくてもいいスタイル」。朝の忙しい時間にさっと決まる、そんなヘアスタイルを提案してくれる頼れるサロンです。

 

 令和元年オープンのサロンですが、開業時に苦労したのが経理などの事務関係。簿記や確定申告、決算などの名前は聞いたことがあるものの、実際に自分でするとなると分からないことだらけ。会計士や税理士にお願いするという選択肢もありましたが、オーナーの花村三四郎さんは、「自分のお店の事務処理は自分でやりたい」という気持ちを強く持っていました。

 

「ネットde記帳」で毎日の記帳もスムーズ

 親の代から美容室を営んでいたこともあり、商工会の存在は知っていた花村さん。「開業したら商工会に相談したらいい」とアドバイスをもらい、すぐに訪問しました。職員はオンラインソフトで現金出納帳の打ち込みを行う「ネットde記帳」を紹介。自分のやりたかった経理にぴったりだと感じ、入会することにしました。事業規模によって異なる勘定科目や減価償却などの複雑な処理は、その都度商工会に相談。「ネットで調べても分からないことにも、すぐに応えてもらえて心強い」と花村さん。利用から1年が経ちましたが、スムーズな作業が続いています。

 

○ant(アント)

住所/広島市佐伯区五日市2-8-8

TEL/082-576-3348

営業時間/9:30~18:30

休み/月曜、第3日曜

事業所紹介-魚っ鶏(五日市商工会)

[オリーブオイルを使ったイタリアン風焼鳥や鮮魚を使った創作料理が味わえる一軒]

事業所・店舗紹介

新鮮な魚介が並ぶ豪華絢爛なお刺身盛り合わせ

 令和元年11月にオープンした「魚っ鶏(うおっけい)」は、オリーブオイルを塗ってジューシーに焼き上げた焼鳥や、店主の実家から届く新鮮な魚介を使用した創作料理が味わえる居酒屋です。これまでイタリアンと和食のお店で経験を積んだ店主が手掛ける、鮮魚を使ったイタリアンも人気。幅広い年齢層が来店します。

 

 店主の二井内克樹さんは20代で創業。経営に関する困りごとをどこに相談にいけばいいのか分からず、同世代の知人や友人の経営者もいなかったため、創業当初は一人で経営することへの不安もあったと言います。

 

 経営に関する相談先が分からない中、顧客として来店していた五日市商工会の青年部員から「商工会と青年部に入ろう」と声がかかりました。話を聞くと、青年部では自分と似た経歴の部員が多いことを知り、「まずは青年部員と話してみたい」と入部を決意。定例会や行事などへ参加する度に仲間が増え、経営の悩みを相談できる部員もできました。また、商工会の職員とも距離が縮まり、気兼ねなく資金繰りや給付金の申請方法等の幅広い相談ができるように。商工会や青年部等を通じて得た仲間との繋がりを経営にうまく活かすことができました。二井内さんは「青年部員の仲間や商工会との間に、何でも相談できる関係性を作ることができて、経営に関する悩みが減りました」と話してくれました。

 

落ち着いた雰囲気の店内

○魚っ鶏(うおっけい)

住所/広島市佐伯区五日市中央7-4-21 1F

TEL/082-923-7767

営業時間/17:30~23:00

休み/水木曜

HP/https://uokkei.owst.jp/

今年で開園50年!ひろしま県民の森が再オープン(備北商工会)

[キャンプやトレッキングなど、アウトドアに特化した新サービスを提供。県北の大自然を満喫]

事業所・店舗紹介

スタッフのみなさん

 指定管理者の第3セクターが経営破たんしたことにより、2020年8月から閉館していた「ひろしま県民の森」が2021年4月に再オープンしました。新しい指定管理者は、昨年9月から閉館期間中の施設管理を行いながら、着々と準備を進めてきた株式会社アグリヒバゴン。キャンプやトレッキングなど、アウトドアに特化したサービスを中心に、新しい魅力を詰め込んだ施設へと生まれ変わっています。

 

 木の温もりいっぱいのロビーには、カフェスペースを新設。トレッキングをする人に向けてビーフカレー(950円)やローストポークサンド(850円)などのテイクアウトメニューが充実しています。ゆったりと座れるチェアを配した窓際のスペースは、大自然を前にリモートワークもできる贅沢な空間。Wi-fi完備で、今注目のワーケーションにもぴったりです。レストラン「比婆山」には、新たに無煙ロースターを設置したテーブルを導入。地元の新鮮な野菜や比婆牛などが、素材のうま味際立つグリルで味わえます。さらに雨の日のBBQも可能になりました。

 

夜は天の川まではっきり見える満点の星空を。春から秋にかけて流れ星が流れる音も聞こえるのだそう

 キャンプグッズのレンタルもあり手ぶらで訪れることができる気軽さも魅力。今後はオリジナルグッズの展開も予定しています。スタッフの福田実沙季さんは「ここに目的を持って来てもらえ、長く滞在できる施設にしたい。利便性や居心地の良さなどお客さまに気持ちに寄り添いながら、ロケーションの良さを最大限に活かせるサービスを展開していきたいです」と話します。また、支配人は「若い力を空間やサービスづくりに活かしていきたい。素晴らしい自然に包まれながらワーケーションやキャンプなど、思い思いのスタイルで過ごしてもらえるような施設にしたい」と意気込みます。

 

 今後はドッグランの整備や自社栽培の野菜の提供、合宿などにも対応できる更衣室やジムの新設、周辺の空き家を活用した宿泊施設などを予定。共感してくれる人に向けてクラウドファンディングもスタートしました。

 

クラウドファンディングはこちら

 

自慢の食材をうまさ引き立つBBQで

 備北商工会は株式会社アグリヒバゴンが指定管理者の選定を受ける段階から、就業規則・事業継続力強化計画の策定、HP・チラシの作成、資金調達のためのクラウドファンディングの企画など、取り組みを全面的にサポート。山元経営指導員は、「ひろしま県民の森は、県内外から人が訪れる集客力のある施設。ここが活気づけば地域全体が盛り上がるはずです。地域が元気になるきっかけにしたい」と期待を寄せています。

 

 アウトドアにぴったりのこれからの季節。新しく生まれ変わった「ひろしま県民の森」で滞在型のバケーションを楽しんでみませんか?

 

○ひろしま県民の森

住所/庄原市西城町油木156-14

TEL/0824-84-2020

HP/https://peraichi.com/landing_pages/view/kenmori 

OASA MOBILITY STASION(OMS)オープン!(北広島町商工会)

[自転車のレンタル、メンテナンスもできるサイクルステーション。見どころ満載のツアーも企画]

事業所・店舗紹介

自転車のレンタルからメンテナンスまでおまかせ

 2021年3月、サイクルステーションとバス停が融合した「OASA MOBILITY STASION(オオアサ モビリティ ステーション 以下OMS)」がオープンしました。施設では、給水ボトルへの飲み水や自転車の空気入れ、メンテナンス工具を用意。パンク用のパーツも販売しています。スポーツタイプ12台、シティータイプ3台のレンタルサイクルもあり、サイクリング初心者から上級者まで幅広く利用できる施設です。

 

 「川遊びをしたい!」「お花見をしたい」「史跡を巡りたい」など、大朝の魅力を詰め込んだオリジナルコースの提案も可能。ガイドも務める駅長の田川享さんは、「ご要望に合わせて、大朝の自然が満喫できるコースをご紹介します。大朝にはまだ知られていない素晴らしい景観がたくさんあります。これからの季節は最高ですよ!」と話します。ツアーは2日前までの要予約。HPまたは電話で受け付けています。

 

 さらに、ひたすら加計山(標高752m)を自転車でのぼる「ヒルチャレ」(参加費500円)も開催中。OMSから約2.5km走ったところにあるスタート地点から加計山山頂までを自転車で走り、サイクルコンピューター(セルフ)でタイムを計測。ヒルクライムのタイムトライアルとしてちょうどいいコースで、トレーニングや本気のタイムトライアルにも挑戦できます。

 

「VICTOIRE HIROSHIMA」と開催した「GOGOサイクリングfrom大朝」。たくさんの人が集まり、大いに盛り上がりました

 様々なイベントも企画予定。3月21日には、広島のプロ自転車ロードレースチーム「VICTOIRE HIROSHIMA」と共同企画でイベントを開催しました。雨の中、多くの人が来場し、プロの技を間近で堪能。今後もプロチームとの連携したイベントや多彩なアクティビティ、コンテンツを提供していく予定です。

 

 OMSのある大朝駅は、もともと町の管理する施設。10年ほど前までは、島根県と広島市内を結ぶ交通の要として多くの人が利用していました。利用者が減少し駅の廃止が検討される中、「町の交通会社として地域の活性化に貢献したい!」と地元の大朝交通が業務委託業者に名乗りを上げました。「地域の旅行会社、バス会社として、どうやったら有名な観光地のない大朝に人を呼び込めるのか。そこで着目したのが、大朝の大自然を最大限に活かせるサイクリングでした」と代表取締役の堀田高広さん。「田舎だからこそ、人が移動する仕組みづくりが大切。そこを構築していくのが私たちの使命だと思っています」と力強く語ってくれました。

 

 これからは新緑、夏は川遊び、秋は紅葉。四季折々の表情を見せる大朝の大自然をサイクリングで満喫してみませんか?

 

○OASA MOBILITY STASION(オオアサモビリティステーション)

住所/山県郡北広島町大朝2513-1

TEL/0826-82-7008(大朝交通)

営業時間/9:00~17:00

休み/木曜

HP/https://www.oasabus.com/oms/

事業所紹介-芸北ドルチェ(北広島町商工会)

[芸北の旬の味覚を新鮮な生乳を使ったジェラートで。ネットで購入も可能!]

事業所・店舗紹介

芸北ミルクと季節限定の豊平いちご

 自然豊かな芸北町にある「芸北ドルチェ」は、地元酪農家が共同で営むジェラート工房。牧場から直送される朝搾りの新鮮な生乳を使い、店内で製造しています。

 

 看板ジェラートの「芸北ミルク」は、ミルクそのままの味わいを満喫できる一品。しっかりとしたミルクのコクを感じさせながら、後口はさっぱりとしていて、いくらでも食べられそうな美味しさです。

 

 芸北ミルク、抹茶、チョコレート、ラムレーズンなどの定番のほか、地元産の野菜や果物を使った季節限定のジェラートも登場。常時12~14種類が揃います。4月中旬からはサクラの葉のジェラートがお目見えする予定。季節ごとに豊平いちごや芸北ほうれんそう、芸北かぼちゃ、芸北やきいも、大朝ブルーベリーヨーグルトなど、心ときめくフレーバーが楽しめます。芸北の旬の味覚をジェラートでご堪能ください。

 

 お店がある高原リゾート施設「芸北オークガーデン」は、宿泊施設や天然温泉の露天風呂、グラウンドゴルフ場、特産品の売店などがある複合施設。気候の良いこれからのシーズン。ドライブがてらに出掛けてみませんか?

 

インターネットでの注文も可能です。

ご注文はこちらから

 

○芸北ドルチェ

住所/山県郡北広島町細見145(芸北オークガーデン敷地内)

TEL/0826-36-3880

営業時間/13:00~18:00

定休日/火曜(不定休)

事業所紹介-有限会社宮本家具工業所

[専門家派遣制度を活用して顧客目線の店内レイアウトに変更。自社の強みも再認識]

事業所・店舗紹介

専門家のアドバイスを活かした店内

 有限会社宮本家具工業は、ナチュラルインテリア専門店として人気の「ミヤカグ」を運営。“お客様に快適な住空間を演出するための商品とサービスの提供”をコンセプトに、店舗では自社製造の家具などを販売しています。店舗と工場が併設されていて、家具の製造・販売はもちろん、家具の修理や再生も可能。コロナ禍の令和2年はオンラインでの見積もり等の相談を開始しました。

 

 家具業界は成長市場であるものの、ニトリなどの量販店やハウスメーカーなどの影響が大きく、中小企業の同社はそれらと一線を画す強い差別化が求められていました。熟練の技術者が家具の製造・修理に長けている反面、店舗レイアウトや取り組み内容について客観的な視点や意見が必要だと感じていた矢先、新型コロナウイルス感染症の影響で来店客数が減少。店舗販売のみならず、昨年開始したリフォーム事業の売上を伸ばしていくための戦略を練る必要がありました。

 

壁紙コーディネートコンテストで受賞した内装

 課題を解決するためには、家具小売店の店舗づくりを得意とする専門家の助言が必要だと考えた代表取締役の宮本さんは、専門家派遣制度(ミラサポ)の活用について五日市商工会に相談。専門家とはオンラインセミナーで面識があったため、直接アポイントを取り、来社してもらえることになりました。

 

 当日は直近の中小企業における家具業界の動向や実態を教えてもらうだけでなく、自社の強みである“技術”を活かす方法や課題を整理するアドバイスを受けました。店舗レイアウトも顧客の視点や心理を活用した家具の配置に関するアドバイスを受け、より良い店舗づくりに活かしています。

 

○有限会社宮本家具工業所

住所/広島市佐伯区利松3-5-19

TEL/082-928-1133

営業時間/10:00~18:00

定休日/火曜

HP/https://www.miyakagu.co.jp/

事業所紹介-井上ともかバレエスクール(沼田町商工会)

[小さなお子さんから大人の方まで。目標やレベルに合わせて学べるバレエスクール]

事業所・店舗紹介

「気軽に始めてみたい方からしっかりと技術を習得したい方まで、目指すレベルに応じて学べます」と井上さん

 代表の井上ともかさんは幼少の頃からバレエを始め、ヨーロッパ留学を経て帰国。結婚・出産を経て、10年ほど前に小さなバレエ教室を開講しました。現在は、西区東観音町の本部教室を中心に、スポーツジム、カルチャースクール、幼稚園・小学校など市内8カ所でレッスンを行っています。

 

 3歳から6歳のお子さんには、まずクラシックを聴きながら体を動かしバランス感覚を養うレッスン、小学生以上のお子さんはバレエの基礎を体に覚えさせていくレッスン、小学校高学年以上はトウシューズを履いた本格的なレッスンが用意され、初心者から経験者まで自分に合ったレッスンを受けることが可能です。もっと上を目指したい!とう方には、さらにハイレベルなレッスンが受けられるクラスも用意されています。

 

「子どもたちのレッスンは単なるバレエの技術だけでなく、まずは挨拶ができるようになるところから始めます。そして自分で聞いて、見て、考えて行動できる力を培えるような指導を心掛けています」と井上さん。美しい女性として外面も内面も育てることができるのが、このスクールの魅力です。

 

 新型コロナウイルス感染症対策として、2020年3月からオンラインレッスンもスタート。設備機器の導入には、沼田町商工会のサポートで採択を受けた、小規模事業者持続化補助金を活用しました。補助金でHPのリニューアルやフライヤーの作成なども行い、PRにも力を入れています。

 

強くしなやかな心と体を育てるキッズクラス

 「子どもの頃、習うことができなかったから」「姿勢を良くしたい」「足腰を強くしたい」などその理由で、大人の生徒さんも増加中。2年に一度の大舞台である発表会を目標にかんばっている方もいます。「やってみたいなと思ったときが始め時」と井上さん。興味のある方は、体験レッスンからどうぞ。お申し込みはHPまたは電話で受け付けています。

 

 何かを始めたくなる春。気になっていたバレエにチャレンジしてみませんか?

 

 

2年に1度の発表会の様子

○井上ともかバレエスクール

住所/広島市西区東観音町17-14 2F

TEL/090-3377-8161

受付時間/10:00~18:00(土日曜・祝日を除く)

HP/https://inouetomoka-ballet.com

事業所紹介-株式会社大丸商事(五日市商工会)

[事業計画をブラッシュアップしてものづくり補助金に挑戦。新設備を導入し、増加する受注量に対応]

事業所・店舗紹介

同社で人気の韓国海苔

 株式会社大丸商事は、創業30年以上にわたり「日本製の韓国海苔メーカー」として、韓国海苔商品製造・卸を行う企業です。日本国内で流通している韓国海苔の多くは韓国で生産された輸入品となっていますが、同社の韓国海苔は韓国から原料を仕入れて加工した後、製品化。全国の生協や量販で取り扱われています。

 

 化学調味料を使わず、純正ごま油と伯方の塩・焼き塩だけを使用し、海苔本来の美味しさを引き出す独自の味付けで人気を集め、受注量は年々増加傾向にありましたが、課題は現状の設備では生産量に限界があること。発注元の受注量に応えるためには、新設備を導入し生産量の限界数を増加されることが求められますが、新設備を導入するためには多額の費用がかかります。課題に取り組むため、一度作成した事業計画を見直し、ものづくり補助金の申請にチャレンジしたいと考えていました。

 

日本人好みの味付けで人気を集めています

 代表取締役の林さんは、五日市商工会から補助金申請書の作成アドバイス(事業計画のブラッシュアップ)を受け、『自社の現状分析』『具体的根拠の検討』『相手に伝えるための表現方法』の3種類を中心に学習。それを活かして補助金申請を行いました。「自社では当たり前だと思っていたことが、客観的に見ると強みであることが確認できたことが自信に繋がった」と林さん。また、目標達成のために具体的根拠を検討することや相手に物事を伝えるための表現についても理解を深めることができ、これらを顧客交渉など今後の事業に活かしたいと考えています。

 

○株式会社大丸商事

住所/広島市佐伯区石内北5-4-23

TEL/082-941-7717

営業時間/10:00~17:00

休み/土日曜・祝日

HP/http://www.daimarusyoji.co.jp

1 / 3812345...102030...最後 »