セミナー・プロジェクト

全てみる

企業経営のため人間力高める(御調郡御調町)

[積極的な自己啓発に努めようと、地域の30代の若者らが講習に参加]

セミナー・プロジェクト

 企業経営にとって人・物・金は重要な要素であり、人を育てることは企業繁栄のためのファースト・ステップといえるでしょう。知識・技術に人格の力を加えた人間の持つ総合的な力、“人間力”をさらに高めてもらうことで、激変するビジネス環境に柔軟に対応できる人材を育成しようと御調郡御調町の御調町商工会では現在、地域の商工会員などを対象とした“人間力開発向上実践講座”を開催しています。地域産業人材育成指導事業の一環として行われている、経営者、管理者および若手社員らを養成するための研修講座で、会員企業の従業員など20名の若者らが参加しています。同商工会では過去にも若い世代の人材育成をめざし、各自の専門性をより高めるための脳力開発実践講座などを実施しており、会員企業などから商工会主導による人材育成事業を望む声が多かったことも実施の背景にあったようです。

 講座は、教育・コンサルティング会社として、企業活性化研修や人間力開発事業などの活動を行う(有)フューマンソーケン代表取締役の武田康裕氏を講師に招き、全10回のカリキュラムが予定されています。講座は毎月2回行われ、7月のスタート以来、これまで主に精神的姿勢の確立をテーマに6回の講習が行われてきました。今月以降は思考方法の整備を主なテーマに、12月まで残り4講座が行われる予定で、同商工会経営指導員の柏原啓壮さんは、「一日一日を無計画に過ごしたところで何も残らない。一つの目標をもって自分の力を発揮すれば企業の成長にもつながる。若い人たちにはこれを機会に、自分自身の開発に努めてほしい」と積極的な参加者らに大きな期待を寄せているようです。企業は人間と同じく年齢を重ねると、成長力は減退します。ですが、経営革新を行うことによって、成長力を持続させることは可能であり、同商工会の行う同講座は経営革新に必要な人を育てる講座として注目を集めています。

●お問い合わせ/御調町商工会 TEL(08487)6-0282

新規開業・経営革新セミナー開催(江能4商工会)

[創業や新たな経営への取り組みに向けた課題の解決などを商工会がサポート]

セミナー・プロジェクト

 安芸郡江田島町の江田島町商工会と、佐伯郡能美町、沖美町、大柿町の各商工会で組織する江能広域商工会連絡協議会が、江能地域内の創業意欲のある人および経営革新に取り組もうする小規模事業者などを対象に今月28日(水)から、「新規開業・経営革新セミナー」を開催します。同セミナーは、新規創業の支援策や経営計画の立て方、マーケティング計画、融資制度について、ビジネスプラン実現化のためのアクションプランなどをテーマに、12月18日(水)までの間、計6回にわたって講座を開くもので、昨年度に引き続いて行われるものです。同協議会では将来の広域合併をにらみ、商工会の役割について検討を行うとともに、広域連携の強化を図ることを視野に入れてさまざまな共同事業を展開しており、今回は同協議会内で地域活性化対策を担当する江田島町商工会が幹事商工会となり、県からの補助金を得てセミナーを開催します。

 

 創業希望者には、ビジネスプランの必要性や事業構想のまとめ方、ビジネスプランに記載する事項や創業にあたって必要な基礎知識などを説明し、受講者の事業構想を具体化させるための講座を開催。経営革新をめざす事業者には、経営革新計画の立案のための講座を開催するとともに、講師や商工会の経営指導員などによる個別相談会を実施します。日程は以下のとおりです。

 

・8月28日(水)  新規創業・経営革新に関する支援策について
・9月4日(水)   ビジネスプランの作り方
・9月18日(水)  マーケティング計画、資金収支計画について
・10月16日(水) 新規創業・経営革新に伴う融資制度について
・11月20日(水) ビジネスプランの検証
・12月18日(水) ビジネスプラン実現化へ向けてのアクションプラン

 

 時間はいずれも午後7時から午後9時まで。江田島町小用の江田島町商工会(江田島町コミュニティーセンター内)会議室で行います。昨年度は新規創業・経営革新のべ14件の相談のなかから2件の新創業の実績を挙げており、同協議会では前回以上の実績をめざし、創業意欲のある人や経営革新に取り組もうとする人をサポートします。参加料は無料。定員15名になり次第締め切りです。みなさんもぜひ、本セミナーをご活用ください。

 

●お問い合わせ/江田島町商工会 TEL(0823)42-0168

青年部主張発表大会・青年部セミナーを開催(県青連)

[4名の青年部員が熱い主張を繰り広げ、広域事業などについても活発な意見交換]

セミナー・プロジェクト

最優秀賞に選ばれた大野町の仁後善博さん

 広島県商工会青年部連合会(木村直樹会長)が先月30日、広島市南区元宇品町の広島プリンスホテルに県内の青年部員ら約200名を集め、「第9回広島県商工会青年部主張発表大会並びに平成14年度商工会青年部セミナー」を開催しました。セミナーに先だち行われた主張発表大会は、青年部活動を通じて得たそれぞれの経験の成果や意見を発表することで、次代のリーダーとしての意識の高揚や資質の向上を図ることなどを目的に年に1度開催されるもので、県青連はこれを地域社会の発展に貢献するうえでの重要な事業のひとつに位置づけています。本県連などでは先に県内を5つのブロックに分け、ブロック大会を実施。当日、各ブロックの予選を勝ち上がった代表者4名(県央ブロック欠席)が、“青年部活動に参加して”“青年部活動と地域振興・まちづくり”などをテーマに、地元の期待を一身に受け、1人10分の持ち時間でそれぞれの主張を繰り広げました。審査の結果、最優秀賞(広島県知事賞)に大野町の仁後善博さん、優秀賞(県連会長賞)に吉舎町の福井弘さん、優良賞(県青連会長賞)に佐東町の花岡恭史さん、神石郡三和町木野山哲史さんがそれぞれ選ばれました。最優秀賞に選ばれた仁後さんは来月18日、鳥取県米子市で開催される中・四国ブロック大会へ広島県代表として出場することになります。

 

 引き続き行われた青年部セミナーでは、“地域活動における青年部の連携”をテーマに研修会を開催。会の冒頭、広島県商工労働部の担当者が行政の立場から“広島県商工会等広域連携・合併計画(マスタープラン)について”を説明。続いて、県青連から“青年部活動について”“広域化に伴う活動(広域商工会提案公募事業)について”などの説明が行われ、昨年度実施された広域商工会青年部活性化事業(提案公募事業)について、代表3ブロック事業の該当青年部長が事例発表を行いました。その後、質疑応答の場を設け、今後の商工会の広域事業への取り組みについて活発な意見交換を行うなど、セミナーは盛況裡に終了しました。

経営革新セミナー開催(県連)

[個別相談会、講演会を行い、経営の向上をめざす中小企業をバックアップ]

セミナー・プロジェクト

 現在わが国においては、中小企業自らの積極的な経営革新によって経済全体の活力ある発展が大いに望まれています。また、消費者ニーズの多様化や価格競争の激化、情報・国際化が進展するなかで新商品、新サービスの開発や新たな生産方式の開発などによる経営革新も、個々の企業にとってたいへん重要性を増しています。こうしたなか、政府は産業活力の創出と雇用拡大をテーマに掲げ、新市場・成長分野に果敢に挑戦していく活力ある中小企業を育成するための各種支援策を積極的に展開しており、本県連ではこれらの政策に呼応するため、広島市中区基町のメルパルク広島において8月9日(金)、商工会関係者100名を対象に「経営革新セミナー」を開催いたします。

 

 本セミナーでは午前中、県商工労働部経営支援室担当者、広島ローカル地域中小企業支援センター担当者、中小企業診断士3名の専門家を招いて、個別相談会を実施。続く第2部では、演題“経営革新を考える身近なヒント”として行われる、中小企業診断士の石上芳男氏による講演に始まり、有限会社エムディケー中四国代表取締役の山本博一氏が自らの体験をもとい、経営革新のノウハウについて語る“よみがえった我社の経営”、広島県商工労働部経営支援室主任主査、村田光男氏による「経営革新の必要性と支援策」についての解説など、3つの講演会が予定されています。新たな取り組みによる経営の向上を果たすためにも、本セミナーをぜひご活用ください。

 

●お問い合わせ/広島県商工会連合会広域指導課 TEL(082)247-0221

6月は男女雇用機会均等月間です(県商工労働部)

[ポジティブ・アクションで女性社員の能力を企業経営に活かしましょう]

セミナー・プロジェクト

 6月は「男女雇用機会均等月間」です。ご存知ですか?

 

 21世紀を迎え、職場において女性がその能力を十分に発揮できるよう雇用環境を整備することは、将来にわたって経済社会の活力を維持していくうえで、ますます重要な課題となっています。このため、企業の雇用管理においては性別によることなく、個々人の意欲、能力、適性に基づく公正な取り扱いを行うとともに、女性の能力発揮を促し、活用を図るための積極的な取り組み(ポジティブ・アクション)を進めることが求められます。また、女性自身も仕事に積極的にチャレンジすることが望まれます。厚生労働省では、昭和61年度より男女雇用機会均等法の公布日(昭和60年6月1日)を記念して、毎年6月を男女雇用機会均等月間とし、労使をはじめ社会一般の認識と理解を深め、男女雇用機会均等法に沿った雇用管理の具体的な実現を図るため、特別活動を展開しています。今年はその第17回を迎え、『一人ひとりが輝く~ポジティブ・アクションで男女が共に活躍できる職場づくりを~』テーマに、労使をはじめ社会一般に対する均等の認識と理解を促すこと、ポジティブ・アクションが行われるよう促すことなどの目標を掲げ、男女均等の取り扱いを企業が自主的に取り組むための啓発活動を実施していきます。

 

 そこで、男女雇用機会均等法に沿った雇用管理の参考にしてもらおうと、ポジティブ・アクションに関するセミナーを広島と福山の2会場でそれぞれ開催します。

 

●広島会場
と き 6月25日(火) 午後1時30分~午後4時20分
ところ 広島国際会議場コスモス(広島市中区中島町1-5) TEL(082)242-7777

●福山会場
と き 6月26日(水) 午後1時30分~午後3時35分
ところ 福山商工会議所102号(福山市西町2-10-1) TEL(082)921-2345

 

 「女性にもばりばり働いてもらいたいのに、うまくいかない」「優秀な女性が多いのに、どうも男性のように育たない」。あなたの会社ではそんな問題はありませんか。この機会にぜひ、一人ひとりの能力を発揮する職場づくりを考えてみてください。事業主・人事労務担当者・働く方々はじめ関心のある多数のご参加をお待ちしています。なお、お問い合わせ、申し込みは6月14日(金)まで。

 

●お問い合わせ/広島労働局雇用均等室 TEL(082)221-9247
●お問い合わせ/広島県商工労働部勤労者福祉室 TEL(082)513-3419

起業創業、新事業への挑戦を応援(中小企業大学校)

[一人ひとりの可能性が広がる研修カリキュラムが充実し、研修後のフォローも万全]

セミナー・プロジェクト

 創業予定者などを対象とした新規創業を支援するための総合的な研修機関、広島市西区草津新町の中小企業大学校広島校(吉田直是校長)では、新規創業を目指すサラリーマンやOL、主婦、学生および企業内での第2の創業を考えている人などを対象に、6月8日(土)、9日(日)、16日(日)、22日(土)、23日(日)の5日間、「新規創業支援研修」を開催します。これは、新規創業のために必要な基礎知識やノウハウの習得を目指すとともに、それぞれのビジネスアイデアを再検討し、具体的なビジネスプランを作成することなどを目的とした研修で、中小企業診断士や公認会計士、マーケティングコンサルタントなど7名の講師がそれぞれ、“創業を成功させるポイント”“創業成功の秘訣”“事業化アイデアの練りだし”“創業支援施策の活用法”などの講座を行います。

 

 研修は一人ひとりの個性を尊重する少人数のグループ編成で進められ、ビジネスプランの作り方を一流の専門家が個人指導するほか、さまざまな分野のエキスパートが悩みや疑問に対して個別相談に応じるなど、一人ひとりの可能性を広げるカリキュラムが充実しています。また、同校の母体である中小企業総合事業団が運営する中小企業・ベンチャー総合支援センターを通じて、創業実現までをサポートするなど、フォローアップ体制も万全です。これから創業(開業)を考え具体的な創業計画をお持ちの人、企業内で新分野進出・新規事業開拓などの新事業の立ち上げを担当されている方、この機会にぜひ、新規創業支援研修に参加してみませんか。なお、受講者相互の交流を図るため、22日午後5時30分から異業種交流会を開催します。受講料1万円。定員各30名。申込締切5月17日(金)。お気軽にお問い合わせください。

 

●お問い合わせ/中小企業大学校広島校 TEL(082)278-5800
中小企業大学校広島校のホームページはこちら

経営トップセミナー開催(中小企業大学校)

[企業の社会的責任が重要視される今、経営者に必要な法律知識や最新事例を紹介]

セミナー・プロジェクト

 規制緩和に伴う企業間競争が激化する中で、個々の企業がさまざまな経営判断に対して自己責任を持つことが強く求められる今、中小企業者の経営・管理者などに対する高度で専門的な研修を実施する総合的研修機関、広島市西区草津新町の中小企業大学校広島校(吉田直是校長)では来る5月10日(金)、11日(土)の2日間、企業経営者を対象としたセミナー「知っておくべき企業法務と危機管理」を開催します。同セミナーは、最近の法制度の動向、経営者や経営幹部の法的責任、危機管理面での企業法務など、経営活動を適正かつ革新的に展開していくうえで経営トップが知っておくべき法律の知識について、最新の事例などを交えながら学ぶための研修で、企業法務の実務指導や各種研修の講師などとして幅広く活躍する、アイマン総合法律事務所の弁護士、井上圭吾氏を講師に招いて行われます。

 

 初日前半は経営実務に役立つ企業法務として、企業法務の動向と今後の展望、経営実務において重要な法律のポイントなどについて、後半は経営幹部の法的な責任として、経営幹部に求められる役割と法的責任などについての講座を。2日目は企業倒産における法的手続と債権保全として、ケーススタディやグループディスカッションを交えながら、企業倒産に関する基礎知識、取引先が倒産した場合の債権回収の対応などについて学びます。10日午後5時からは、受講者同士の交流を深める異業種交流会も開催されます。受講料2万2,000円。定員40名。申込締切は4月12日(金)までですが、定員になり次第締め切ることがありますので、お早めにお申し込みください。

 

●お問い合わせ/中小企業大学校広島校研修課 TEL(082)278-5800
中小企業大学校広島校のホームページはこちら

中小企業大学校広島校体験講座の参加者募集

[キャッシュフロー経営のポイントを学び、生き残れる企業づくりを目指そう]

セミナー・プロジェクト

 中小企業の人づくりを支援するための総合的研修機関、中小企業大学校広島校(校長:吉田直是)では来る2月15日(金)、三次市十日市西の三次市平和人権センターで「広島校体験講座」を開催します。現在、中小企業にとって最も注目されている“キャッシュフロー経営”について、分かりやすく理解してもらうことを目的とした体験講座で、広島校で最も人気の高い中小企業診断士の大平吉朗氏(写真)を講師に招きます。

 

 例えば企業の資金が不足した場合、銀行が間違いなく面倒をみてくれるわけではない現在、売上高やシェアだけを経営の目標とすることは中小企業にとっては危険なこと。キャッシュを生み出す力を最大化させ、金融機関に頼らない自律的な経営を図ることが今後は望ましいといえるでしょう。そのためのキャッシュフロー経営とは何かに始まり、勝ち残るための経営戦略など、特に同族企業の財務・税務に関する講義に定評ある大平先生に大いに語っていただきます。つぶれない企業への体質改善を図るとともに、あなたの企業価値を増加させるためのポイントをこの機会にぜひ学び取ってください。参加費無料。同一事務所からの複数参加も可能です。参加のお申し込みは2月8日(金)まで。申込方法については、中小企業大学校広島校までお問い合わせください。

 

●お問い合わせ/中小企業大学校広島校総務課(担当:和泉茂) TEL(082)278-5800

経営革新フォーラム開催(県連)

[日本経済に新たな活力をもたらす、中小企業の積極的な経営向上を全力サポート]

セミナー・プロジェクト

 現在、政府は産業活力の創出と雇用拡大をテーマに掲げ、新市場・成長分野に挑む活力ある中小企業を育成するための各種支援策を積極的に展開しています。これらの政策に呼応して、広島ローカル地域中小企業支援センターでは2月20日(水)、広島市中区基町のメルパルクHIROSHIMAで経営革新フォーラム「経営向上への新たな取組みを語る会」および「経営革新個別相談会」を開催します。

 

 午後1時からのフォーラムでは、経営革新が求められる背景とその具体策などについての基調講演、県商工労働部経営支援室の担当者から国の支援施策についての説明が行われるほか、経営革新支援法計画承認企業の経営者ら5名による体験発表などが予定されています。また、午前10時から行われる個別相談会では、弁護士や社会保険労務士、経営コンサルタントなど7名の専門相談員が、みなさんの課題に対して具体的な解決策を提案します。消費者のニーズの多様化、価格競争の激化、情報化・国際化が進む中で、消費者のニーズに合った新商品の開発、新サービスの提供などによる経営革新は個々の企業にとって非常に重要性を増しています。日本経済の活力ある発展を牽引するのは、中小企業自らの積極的な経営革新であることが期待される今、経営向上を目指す多くの経営者のみなさんの参加をお待ちしております。参加および相談希望の方は支援センター宛に事前にお申し込みください。
 フォーラムは先着80名を定員とし、申込締切は2月8日(金)です。

 

●お問い合わせ/広島県商工会連合会・広島ローカル地域中小企業支援センター TEL(082)247-0221

地域問題懇談会開催(備北連)

[14町村の関係者らが一同に集い、商工会の将来について論議を深める]

セミナー・プロジェクト

 県による合併パターン公開後、市町村合併についての論議が具体化するなか、商工会も行政との連携を強化し、将来の姿について積極的な研究に取り組むことが必要となっています。こうした情勢を踏まえ、市町村合併をにらんだ商工会のあり方、かかわり方について論議を深め、今後の方向性を明確にすることなどを目的に先日11日、三次市十日市東の三次ロイヤルホテルに備北地域(甲奴郡、双三郡、比婆郡)14町村の商工会、行政関係者ら約100名が集まり、地域問題に関する懇談会を開催しました。

 

 懇談会の冒頭で、備北商工会連合会を代表して加島英俊会長(高野町商工会)が「行政・民間・商工会が一体となった地域づくりが必要」と挨拶。それを受けて梶川典之県連会長が「市町村合併後も地域に必要とされる商工会として存在し続けることが大事」などと語りました。引き続き行われた基調講演では、県商工労働部管理総室の香川義明総室長が『地域連携と地域活性化に果たす商工会の役割』をメインテーマに、「組織力を生かし、商工会の価値を見出すべきである」と力強く講演。講演後にはこれからの商工会の在り方に関するパネルディスカッションが2時間にわたって行われ、その後交流の場が持たれるなど、懇談会は盛況裡のうちに全日程を終了。懇談会に参加した作木村商工会経営指導員の井上憲さんは「合併問題を含めた様々な課題に力強く取組みたい」と、意気込みを新たにしていました。

 

【写真は、講演後に行われたパネルディスカッション】

23 / 25« 先頭...10...2122232425