セミナー・プロジェクト

全てみる

『インバウンドセミナー』参加者募集!(五日市商工会)

[五日市埠頭の寄港にともない増加した外国人観光客に特化したおもてなしの極意を伝授]

セミナー・プロジェクト

インバウンドセミナー(五日市商工会) 2015年8月15日に大型クルーズ客船が初寄港してから、これまで6回の寄港があった五日市埠頭。2017年3月までにさらに7回の寄港が予定されています。五日市商工会では、このチャンスをビジネスに活かしてもらおうと様々取り組みを行ってきました。しかし、回数を重ねるごとに販売や対応等に対して課題も見えてきています。

 

 そこで同商工会は、沖縄で年間約200回の寄港に対応している方を講師に迎え、具体的な事例や対応のノウハウを学べるセミナーを企画しました。講師は(株)ライヴス沖縄支社の石川怜菜氏。急増する訪日外国人観光客に向けたプロモーションや受け入れ支援のコンサルタントを行うおもてなしのプロです。

 

 セミナーでは、台湾人や中国人などの中華圏の人と日本人の違いや、五日市埠頭での効果的な販売方法、自店舗での対応、SNSを活用した情報発信などについて、石川氏が分かりやすく解説します。急速に増加している外国人観光客への対応は、五日市埠頭に限ったことではありません。商工会エリアに限らず幅広く参加者を募集していますので、興味のある方はぜひご参加ください。セミナー終了後には、講師を囲んで懇談会も行われます。

 

 参加ご希望の方は下記の申込用紙をダウンロードの上、必要事項を記入し同商工会までFAX(082-923-2994)または、メール(iwata-m@hint.or.jp)にてお送りください。たくさんのご参加、お待ちしております。

 

○インバウンド

日時/平成28年7月28日(木)   16:00~18:00 懇親会19:00~21:00

会場/五日市商工会館(広島市佐伯区五日市中央4-15-3) 

懇親会は「大島家」(広島市佐伯区五日市駅前3-4-6)

参加費/無料 ※懇親会は参加費4000円

お問い合わせ/082-923-4138(五日市商工会) 担当/岩田

 

インバウンドセミナー申込書

『よくわかる決算書の読み方と経営分析の基本講座』参加者募集!(祇園町商工会)

[新企画! 決算書を読み取り経営分析するための知識を養い、より良い経営に活かす!]

セミナー・プロジェクト

決算書講座(祇園町商工会) 8月2日(火)、祇園町商工会が祇園町青色申告会と共催で、今回初となる『よくわかる決算書の読み方と経営分析の基本講座』を開催します。

 

 決算書を読みこなして経営分析するためには、一定の知識が必要。経営者や経営幹部など、ビジネスに携わる人なら、ぜひ備えておきたい知識のひとつです。このセミナーでは、決算書を読み取るコツと決算書分析の基礎知識を学習。より良い経営に必要不可欠な「安全性」「収益性」「資金繰り」「生産性」にポイントをしぼり、実際の決算書を使用した演習を通して、熊野留美子税理士が分かりやすく解説します。

 

 講座を担当する熊野税理士は、会計事務所勤務を経て平成8年に税理士登録。平成14年に独立しました。税務・財務分野のエキスパートとして、顧問先の相談指導にあたる他、中小企業学校等での指導・講義も行っています。

 

 「簿記は分かるが決算書を読み込み方までは分からない」「自社の決算書を読み取り、経営改善に活かしたい」「貸借対照表を作成していないが、その必要性を知りたい」「決算書によって取引先を評価したい」。そんな悩みをお持ちの方は、ぜひご参加ください!

 

 参加希望の方は、下記の申込用紙をダウンロードの上、必要事項を記入し受講料を添えて同商工会までお申し込みください。定員になり次第、締め切りとなりますので、興味のある方は早めの申し込みがオススメです。

 

決算書読み方講座申込書

 

○よくわかる決算書の読み方と経営分析の基本講座

日時/平成28年8月2日(火)     17:30~20:30

場所/安佐南区役所 祇園出張所 1階会議室(広島市安佐南区祇園2-48-7)

参加費/会員2000円 非会員4000円

定員/20名

申込締切/7月22日(金)まで

お問い合わせ/082-875-3476(祇園町商工会)

 

「ご当地グルメ炊き出しプロジェクト」始動(県青連)

[県青連の有志が熊本地震の避難所でお好み焼き1200食の炊き出しを実施]

セミナー・プロジェクト

ご当地焚きだしプロジェクト(県青連) 広島県商工会青年部連合会は5月21日(土)と22日(日)2日間、“平成28年熊本地震災害”により被災された方々に笑顔を取り戻していただくため、ご当地グルメを無償で振る舞う「ご当地グルメ炊き出しプロジェクト~笑顔を届け、笑顔を持ち帰る~」を実施しました。

 

 このプロジェクトは、熊本地震でいまだ避難をされている方や地元住民を対象に各県の有志がご当地グルメを提供することで、日常的な炊き出しにバラエティ要素を加え、少しでも元気になってほしいとの思いを込めて実施したものです。

 

 広島県商工会青年部連合会としては、熊本地震に対する支援として、去る4月19日に支援物資(2tトラック2台分)の輸送や見舞金の送金を行ってきましたが、今回は、今なお約300名の方が避難されている益城町保健福祉センターにおいて、広島県下商工会青年部の有志と趣旨に賛同していただいた鳥取県商工会青年部連合会の有志5名を含む31名によって“広島風お好み焼き”を提供しました。

 

 オタフクソースなどを製造するお好みフーズ株式会社から鉄板の貸し出しを受け、1200食分(1食が1/4カット)を調理。被災地の方々からも「目の前で調理された物が食べられてうれしい」「温かくて美味しい」と言って大変喜んでいただけました。

 

 2日間の炊き出しを終えた越智会長は、「地元の人に少しでも元気になってもらえたら嬉しい」と話しました。

『人事労務セミナー』参加者募集!(沼隈内海商工会)

[時給だけじゃない! 事業所の良さを伝える魅力的な求人票の書き方を伝授]

セミナー・プロジェクト

人事労務セミナー(沼隈内海商工会)01 沼隈内海商工会が6月16日(木)、沼隈内海商工会本所2階にて「人事労務セミナー」を開催します。セミナーは二部構成で、第一部は“応募が増える求人票の書き方セミナー”。第二部は“社労士がオススメする最新助成金セミナー”と題して、4月改正の最新助成金の中か今年特に注目したい助成金を厳選してご紹介します。

 

 このセミナーは、同商工会の藤本指導員が会員事業所を巡回訪問する中で特に相談が多かった、「ハローワークに出しても応募がない」「良い人材が集まらない」といった声に応えて企画しました。第一部では、経営ビジョンやスタッフの雰囲気など、時給だけではない事業所の魅力が伝わる求人票の書き方を伝授。求人票に記載すべきポイントや見落としてはならい要点などを分かりやすく解説します。

 

 第二部では、知っているようで知らない助成金を紹介。今年度の注目は「キャリア形成促進助成金」。職員の定着のモチベーションアップを図るために、ぜひチャレンジしたい助成金のひとつです。セミナー当日には、助成金を受給できるかどうかの簡易診断も実施します。

 

 講師を担当するのは、平成27年に「社会保険労務士事務所あかつき」を開所した、社会保険労務士で同商工会青年部の三谷宜雄さん。ITを活用した労務管理の改善と労務リスク管理や助成金活用に定評がある若手のホープです。

 

 セミナーは誰でも参加が可能。参加ご希望の方は、下記の申込用紙をダウンロードの上、必要事項を記入し同商工会までFAX(084-987-0984)にてお送りください。定員になり次第、締め切りとなりますので、興味のある方は早めの申し込みがオススメです。

 

○人事労務セミナー

日時/平成28年6月16日(木)   19:00~20:30

場所/沼隈内海商工会本所(福山市沼隈町草深1891-6)

参加費/無料

お問い合わせ/084-987-0328(沼隈内海商工会)

 

人事労務セミナー 申込用紙

 

 

『防犯ブザー助成金事業』を実施(黒瀬商工会青年部)

[子どもたちの安全を願い、町内5つの小学校に防犯ブザーの助成金を贈呈]

セミナー・プロジェクト
助成金を手渡しする東田部長(左)と中黒瀬小学校の村田校長(右)。

助成金を手渡しする東田部長(左)と中黒瀬小学校の村田校長(右)。

 黒瀬町商工会青年部が、今年も『防犯ブザー助成金事業』を実施しました。この事業は、地域の子どもたちの安全を守ろうと、平成18年から行われています。今年も、同商工会青年部の東田部長が黒瀬町内にある下黒瀬小学校、上黒瀬小学校、中黒瀬小学校、板城西小学校、乃美尾小学校の5つの小学校を訪問し、各校の校長に携帯防犯ブザーの助成金を手渡しました。中黒瀬小学校の村田真司校長は、東田部長の小学生時代の恩師。東田部長が目録を手渡すと、村田校長は笑顔で受け取っていました。

 

 東広島市では子どもたちの安全確保のために、小学校に入学する新入生の保護者が携帯防犯ブザーを購入する費用に対し、1個あたり200円の助成金を交付しています。残りの保護者負担分を同商工会青年部が助成しており、実質無償で配布されています。

 

 この事業は、平成18年に「商工会青年部全国組織化40周年記念事業」の一環として始まって以降、毎年欠かさず実施されています。今年は新入学生187名の助成金を贈呈。今後も、毎年地元で開催されている「黒瀬ふれあい夏まつり」や「黒瀬町健康福祉まつり」などのイベント収益金の一部を助成金に充て、引き続き事業を行っていく予定です。

 

  • お問い合わせ先/黒瀬商工会 TEL(0823)82-3075

カリスマシリーズ第5弾 新春講演会開催(沼隈内海商工会)

[ベンツを日本一売った、カリスマセールスレディが接客術を伝授]

セミナー・プロジェクト
講演を行った清水共子氏。

講演を行った清水共子氏

 2月20日(土)に福山市沼隈サンパルにて、沼隈内海商工会が主催する新春講演会が開催されました。『カリスマシリーズ』として人気を博しているこの講演会は、様々な分野で輝かしい販売実績を残した女性が、ビジネスに活かせるノウハウを紹介するというもの。今回は、メルセデス・ベンツを日本一売ったカリスマショールームレディの清水共子氏が『お客様の心をつかむ!発想の転換法 ベンツを日本一売ったカリスマショールームレディが語る』と題して講演を行いました。

 

 清水氏は、バルブ絶頂期に競馬中継のリポーターから転職。車の知識ゼロ・販売経験ゼロで、大阪一の高級ホテルといわれたロイヤルホテルのベンツ・ショールームで働くことになりました。すぐにセールスレディとしての頭角を現し、わずか1年で『ヤナセレディ販売コンテスト最優秀賞』を受賞。冒頭で清水氏は「相手の心をつかみ、引き寄せ、業績を伸ばすためには、過去の慣習から一歩踏み出す『発想の転換』が必要であると確信します」と話しました。

 

参加者の中には熱心にメモを取る人の姿も見られました。

参加者の中には熱心にメモを取る人の姿も見られました

 講演では『相手が納得する、究極の持ち上げ方』や『心理学の応用で相手との距離を縮める方法』、『ベンツ・ショールームでの接客術』などを、具体例を挙げながら分かりやすく解説。固定概念にとらわれない接客術を次々と披露しました。

 

 当日はあいにくの悪天候だったため来場者は85名でしたが、県内外から参加がありました。参加者たちは、自社のビジネスに直結する接客術に聴き入っていました。同商工会では、来年度もカリスマシリーズを継続する予定です。次回はどんなセールスレディが登場するかご期待ください。

 

  • お問い合わせ/沼隈内海商工会 TEL 084-987-0328

『補助金活用事例発表大会・商品展示交流会』を開催(呉広域商工会)

[講演会・事例発表・交流会の3部構成。今後の経営に役立つヒントがいっぱい!]

セミナー・プロジェクト
基調講演を行った中小機構プロジェクトマネージャーの山本聖氏。

基調講演を行った中小機構プロジェクトマネージャーの山本聖氏

 呉広域商工会は1月28日(木)に、呉市総合体育館オークアリーナにて『平成27年度 呉市のふるさと名物を応援します! 補助金活用事例発表大会・商品展示交流会』を開催しました。このイベントは呉市広域商工会が取り組んでいる産学管金連携事業の一環として行われたものです。『基調講演』『経営発達支援計画発表会・補助金活用事例発表大会』 『商品展示会・交流会・個別相談会』の3部で構成され、当日は市内外から65名が参加しました。

 

 主催者挨拶で、同商工会の村尾征之会長は「呉市には観光の拠点がたくさんあります。今、点として存在している拠点を繋ぎ、ルート化していきたい」と訴えました。また、今年度『くれのコレクション=売れるコレクション商品創出』をテーマにした事業が経営発達支援事業の採択を受けたことにもふれ「今後、観光部会や委員会などを立ち上げて盛り上げていきたいと思っています。ぜひみなさんのお力を借りたい」と、事業への協力を仰ぎました。

 

 第1部は基調講演。中小機構プロジェクトマネージャーの山本聖氏が、『ふるさとの地域資源活用と地域のブランティング』をテーマに講演を行いました。講演の中心となったのは“「個」から「集」へ ~集団戦のススメ”。山本氏は「地域ブランドを成功させるには、個々が団結してチームとして活動できる形を構築することが大切」と訴えました。地域ブランドの目的やチームの作り方、必要な考え方などを、事例を交えながら分かりやすく解説。最後に「今日をチーム戦のキックオフにしてほしい」とチーム戦への参加を促しました。

 

事例発表大会の様子。参加者は熱心に耳を傾けていました。

事例発表大会の様子。参加者は熱心に耳を傾けていました

 続いて行われた第2部の経営発達支援計画発表会・補助金活用事例発表大会では、同商工会の佐々木指導員、とびしま柑橘工房(株)の久保聡さん、ナオライ(株)の三宅紘一郎さん、オーベルジュスティSUOMIの大瀬戸裕子さん、(株)建築舎ゆわんと村の佐藤陽一さん、おしゃれのマルミツの上田靖さん、瀬戸鉄工の瀬戸勝尋さん、(有)museの福間茂さんの8名が、補助金などを活用した事例を発表しました。その後、広島大学 産学・地域連携センター、くれ産業振興センター、ひろしま産業振興機構、アクティブスペースくれ、信用金庫、中小機構、日本政策金融公庫、中小機構中国本部の各担当者による補助金活用のための支援施策や制度説明なども行われました。

 

 第3部では商品展示会と交流会、個別相談会を実施。参加者は販路開拓や新商品の開発に繋げようと積極的に交流を深めていました。専門家の講演や事業者による実例紹介、異業種同士が出会う交流会など、充実した内容に参加者たちは大満足の様子でした。

 

  • お問い合わせ/呉広域商工会 TEL(0823)70-5660

カリスマシリーズ第5弾 参加者募集(沼隈内海商工会)

[毎年、個性的な講師が登場。今年はメルセデス・ベンツのトップセールスレディ]

セミナー・プロジェクト

新春講演会(沼隈内海商工会) 2月20日(土)、沼隈内海商工会が新春講演会を開催します。『カリスマシリーズ』として企画された講演会は、様々な分野で輝かしい販売実績を残した女性が、ビジネスに活かせるノウハウを紹介。毎回、定員以上の申し込みある人気の高い講演会です。今年は高級車、メルセデス・ベンツを日本一売ったカリスマショールームレディの清水共子氏が登場。『お客様の心をつかむ!発想の転換法』と題して講演を行います。

 

 講師の清水氏は、競馬中継のリポーターを経て、(株)ヤナセ大阪支店 メルセデス・ベンツ販売部ロイヤルショールームに勤務。1990年ヤナセレディ販売コンテスト最優秀賞を受賞しました。その後、2004年から2014年まで(株)ミッションブロードバンドの代表取締役を務め、現在は、テレビやラジオの広告代理店及び番組制作プロデューサーとして活躍しています。

 

 講演では、お客様との商談からここ一番のスピーチまで、見る人・聞く人に最高のインパクトを与える方法や、相手の心を掴み引き寄せるテクニックなどを紹介。清水氏自身の経験から編み出し、心理学を活かした会話術が学べます。「セールストークに磨きをかけたい!」という方は、ぜひご参加ください。

 

 現在、沼隈内海商工会では参加者を募集しています。参加は無料。参加希望の方は、下記の申込書に必要事項を記入の上、FAX(084)987-0984(沼隈内海商工会)までお送りください。

 

 毎年、100名を超える申し込みがある人気の講演会です。参加ご希望の方は、お早めにお申し込みください。

 

○新春講演会 お客様の心をつかむ! 発想の転換法

開催日時/平成28年2月20日(土) 14:00~

場所/福山市沼隈サンパル 2階(福山市沼隈町草深1890-4)

参加費/無料

定員/100名(事前申込が必要)

 

新春講演会申込書

 

  • お問い合わせ/沼隈内海商工会 TEL(084)987-0328

 

 

『創業セミナー』に参加しませんか(三次広域商工会)

[経営のプロによる講演会や女性起業家の対談を通して、創業への夢を現実に!]

セミナー・プロジェクト

創業セミナー(三次広域商工会) 平成28年2月6日、三次広域商工会が『創業セミナー』を開催します。このセミナーは、同商工会が三次市から委託を受けた『三次市女性・若者・シニア起業支援事業』の一環として行われるもので、幅広い方の起業を応援するために企画しました。

 

 講演では、価値組思考コンサルティング代表の秋井正宏氏が講師を担当。秋井氏は、これまで500社以上の中小企業に、創業・経営革新・新事業展開などのビジネスプランの提案や実践的なマーケティング支援などを行ってきたビジネスのプロです。これまでの経験を活かし、創業に必要な3つのポイントを分かりやすく解説します。また、飲食・サービスなどを中心に、女性起業家の実例を多数紹介。実例を通して、成功ポイントや課題を分析します。

 

 また、現場の声を聞いてもらおうと、広島市と三次市で活躍する2名の女性起業家による対談も実施。起業家の一人として登場する『カフェ リトルティポット』オーナーの島田美香さんは、平成24年4月に子連れのママをターゲットにした広島市安佐南区にカフェをオープン。古民家を活用した英国風カフェには、子どもを自由に遊ばせることができるスペースや英国雑貨の販売、ギャラリースペースを備え人気を集めています。

 

 もう一人は三次市でネイルサロンを開業した、原めぐみさん。原さんは、平成25年4月からの1年間、チャレンジショップを利用して仲間3人と総合ビューティ事業を運営。平成26年3月に自宅を増築・改装し、ネイルサロンをオープンしました。高齢者施設を訪問し、フットケアマッサージやネイルケア講座なども行っています。

 

 自らの力と努力で起業を成功させた女性起業家の対談から、現場の生の声を届けます。どんな裏話が飛び出すか楽しみですね。

 

 現在、三次広域商工会ではこのセミナーの参加者を募集しています。参加ご希望の方は、下記の申し込み用紙(PDF)に必要事項をご記入の上、FAX(0824-44-3390)にてお申し込みください。「商売を始めてみたい」「創業について勉強したい」「事業構想を広げたい」など、創業への夢を膨らませているみなさん。その夢に近づく第一歩を踏み出してみませんか? ご参加お待ちしております!

 

 

○創業セミナー

日時/平成28年2月6日(土)     13:30~16:30

場所/三次ロイヤルホテル(三次市十日市東6-13-25)

参加費/無料

申込締切/平成28年2月1日(月)

お問い合わせ/0824-44-3141(三次広域商工会)

 

創業セミナー申込書

 

経営革新しませんか?『経営革新塾』参加者募集(呉広域商工会)

[経営に必要な4つの視点を学び、希望を生み出す強い経営を創りだす!]

セミナー・プロジェクト

経営革新塾(呉広域商工会) 1月に呉広域商工会が『経営革新塾』を開講します。新事業を成功させるためには、経営資源である「人」「もの」「金」「情報の効果的活用」「経営者のビジョンを実現するためのシナリオ・ストーリー」が必要です。

 

 希望を生み出す強い経営を創りだすためには、「顧客志向」「業務プロセスの見直し」「損益分岐点」「成長志向」の4つの視点が大切。このセミナーは、経営計画を策定し、小さな目標から大きな目標を達成するためのノウハウを伝授します。スマートフォンやタブレットを活用した「ウェブ活用」や「補助金活用」により、新たな顧客の集客を目指してみませんか?

 

 講師は株式会社アイムサプライ代表取締役の伊豆田功氏。セミナーは“~損益分岐点をクリア~ バランスコアカードの戦略により強い経営を創りだす!”をテーマに、4日間の日程で行われます。

 

 一日目となる1月18日(月)のテーマは『新たな顧客を創出するため、会社の方向性を描く』。利益を生み出す源泉を、事例を交えて解説します。19日(火)は『損益分岐点経営の確立とバランスコア・カードを導入』、21日(木)は『スマホやタブレットを活用した“ウェブ活用”“補助金活用”経営革新につなげます』をテーマにしたカリキュラムです。

 

 1月26日(火)の最終日には、講師に正岡稔氏を迎え、社員を動かすためのコーチング技術を学びます。その他、希望者には、補助金活用相談や専門家派遣も予定されています。

 

 参加ご希望の方は下記の申し込み用紙(PDF)に必要事項をご記入の上、FAX(0823-87-3318)または、最寄りの支所までご送付ください。ご参加、お待ちしております!

 

○経営革新塾

日時/2016年1月18日(月) 18:00~20:00

          1月19日(火) 18:00~20:00

        1月21日(木) 18:00~20:00

        1月26日(火) 13:30~16:30

場所/呉市総合体育館オークアリーナ ミーティングルーム(呉市広大新開1-7-1)

受講料/無料

定員/20名(定員になり次第締め切り)

お問い合わせ/0823-70-5660(呉広域商工会)

 

経営革新塾申込用紙

10 / 23« 先頭...89101112...20...最後 »
このサイトを広める