セミナー・プロジェクト

全てみる

趣味や資格を活かして何かやりたいと思っている方のための創業セミナー参加者募集!(安古市町商工会)

[先輩経営者が体験談や創業にまつわる本音トークであなたの創業を応援!]

セミナー・プロジェクト

 「趣味や特技を仕事にしたい!」、そんな思いを抱いている方にぴったりのセミナーがこちら。7月17日(火)、安佐南区民文化センターで開催される『創業セミナー』に参加してみませんか?

 

 第1部では、中小企業の支援や女性活躍推進研修などを手掛ける、フラウツー代表の阿須賀芳恵氏を講師に迎え、『めざせ! 自分スタイルの創業』をテーマにしたプチセミナーを実施。ワークショップで、夢を形にするためのアイデア出しも行います。

 

 第2部では先輩経営者2名を招き、創業にまつわる体験談やトークセッションを繰り広げます。参加する先輩経営者はアイシングクッキー教室などを展開するSweet Time代表の石川さおりさんと「介護をする人もされる人も笑顔にするセラピスト」として活躍するHealing Space Micro代表の砂川沙央里さん。体験者だからこそ語れる生の声は、きっとこれから創業しようと考えているみなさんの力になるはずです。

 

 また、セミナーの参加特典として、希望者には出店希望地の商圏レポートをプレゼント。さらに、専門家が個別(無料)で創業を支援します。創業へ一歩踏み出す絶好のチャンスです。参加希望の方は下記の申込用紙を出力の上、必要事項を記入して安古市町商工会までメール(yasufuru@hint.or.jp)またはFAX(082-876-0593)にてお送りください。

 

たくさんのご応募、お待ちしています。

 

申込用紙はこちら

 

○趣味や資格を活かして何かやりたいと思っている方のための創業セミナー

日時/7月17日(火)13:30~16:30

場所/安佐南区民文化センター 大会議室 (広島市安佐南区中筋1-22-17)

参加費/無料

定員/先着40名

問い合わせ/安古市町商工会 TEL 082-877-1180

3商工会合同で『週末創業塾』を開催。ただ今受講者募集中!(広島安芸商工会、府中町商工会、広島東商工会)

[創業計画から開業まで商工会がしっかりとサポート。週末開催で受講しやすい!]

セミナー・プロジェクト

 6月30日(土)、7月7日(土)、21日(土)、28日(土)、8月4日(土)の5日間、広島安芸商工会、府中町商工会、広島東商工会の3商工会が合同で『週末創業塾』を開催します。このセミナーは平成30年度年度伴走型小規模事業者支援事業の一環として行われるもので、3商工会が合同で開催するのは今年で2回目。カリキュラムは、創業の心構えからマーティングの基本知識・実践知識、創業計画の作り方、人材育成の心構え、会計と財務の基礎知識まで幅広く網羅し、徐々にステップアップしながら創業に必要な知識を身につけることができます。

 

 講師は中小企業診断士で(株)ユーミックプロデュースの代表取締役 渡貫久氏と中小企業診断士でCDA(キャリアカウンセラー)の小倉綾氏が担当。創業事例も交えながら、創業について分かりやすく解説します。

 

 対象は創業(起業)予定の方、創業後間もない方、創業に興味のある方など。参加希望の方は下記の申し込み用紙を出力の上、必要事項を記入して広島安芸商工会海田支所までFAX(082-822-0924)にてお送りください。定員は20名です。週末開催で通いやすい創業塾。ぜひご参加ください。

 

申込用紙はこちら

 

○週末創業塾

日時/6月30日(土)10:00~16:00、7月7日(土)14:00~18:00、21日(土)10:00~16:00、28日(土)10:00~16:00、8月4日(土)10:00~16:00

会場/安芸農協会館(サンピア・アキ) 安芸郡海田町窪町8-8 3F研修室

参加費/1000円(テキスト代)

定員/20名 ※定員になり次第締め切り

お問合わせ/広島安芸商工会 海田支所 TEL 082-822-3728

 

ご当地グルメセミナー参加者募集(尾道しまなみ商工会)

[B-1グルメの常連『今治焼豚玉子飯』の仕掛け人が、ご当地グルメへの思いと手法を披露]

セミナー・プロジェクト

 6月20日(水)、尾道しまなみ商工会瀬戸田支所にて、『ご当地グルメセミナー』が開催されます。講師は、今治焼豚玉子飯世界普及委員会代表の小畠源氏。今治焼豚玉子飯は、2010年尾道てっぱんグランプリで優勝。これを機に、B-1グランプリ出展を目指し、2011年近畿・中国・四国B-1グランプリで3位入賞。初出店となった第6回B-1グランプリで5位に入賞し、その後も3位を2回、2017年西日本B-1グランプリで優勝するなど、ご当地グルメでは類を見ないロングランの入賞成績を残しています。

 

 今回のセミナーでは、小畠氏が有名になっては消えていく数々のご当地グルメブームの中で、いかに火をつけ、広め、継続させたのか、その手法を伝授。講演のほか、パネルディスカッションも予定されています。

 

 飲食店、生産者、観光関連など、地域振興に興味がある方はどなたでも参加が可能。受講料は無料です。興味のある方は下記にリンクした申込用紙に必要事項を記入の上、尾道しまなみ商工会瀬戸田支所(FAX 0845-27-3518)までお送りください。たくさんのご応募お待ちしています。

 

お申込み用紙はこちら

 

○ご当地グルメセミナー

日時/平成30年6月20日(水)19:00~21:00

場所/尾道しまなみ商工会 瀬戸田支所(尾道市瀬戸田町瀬戸田311-1)

受講料/無料

定員/40名

お問合せ/尾道しまなみ商工会 瀬戸田支所 TEL 0845-27-2008 三谷

『ストーリーから考える商品開発セミナー』受講生募集(県連)

[『売れる商品』を作り続けたい方、必講! 実力派講師が商品開発の極意を伝授]

セミナー・プロジェクト

 広島県商工会連合会では、6月28日(木)、7月4日(水)、12日(木)の3日間、「ストーリーから考える商品開発セミナー」を開催します。3日間のカリキュラムで、講義とワークショップを交えながら、新商品の開発から販売に至るまでの一連のノウハウを提供。好評につき、今回で3回目の開催となりました。

 

 講師は、小売店や飲食店の経営改善や食品メーカーの商品開発など、食や流通に関するコンサルティングを中心に活躍する渡貫 久氏と、流通業やメーカー向けの販売促進・売場改善などを中心としたコンサルティングなどを行っている小倉 綾氏。多くのセミナーや講演実績のある実力派のお二人です。

 

 対象は食品などの製造事業者で商品開発を担当されている方など(原則、全3日間のカリキュラムを受講できる方)。セミナー終了後には、希望者を対象に個別の相談会も実施します。商品開発の中核を担う人材の育成に、ぜひご活用ください。

 

 参加ご希望の方は、下記の申込書(PDF)に必要事項をご記入の上、FAX(082-249-0565)またはEメール(chiiki@hint.or.jp)にてお送りください。

 

お申込み用紙はこちら

 

○ストーリーから考える 商品開発セミナー

日時/平成30年6月28日(木)、7月4日(水)、12日(木) 13:30~17:00

場所/メルパルク広島(広島市中区基町6-36)

受講料/無料

定員/15社(1社2名以内) ※定員になり次第募集は締切ります

お問い合わせ/広島県商工会連合会 TEL:082-247-0221 担当:川相、林

 

 

平成29年度青年部・女性部提案公募型事業―防災ジオラマを活用した地域発見事業(大野町商工会青年部)

[ダンボール製のジオラマを通して、過去の災害を学び防災意識を高めるワークショップを開催]

セミナー・プロジェクト

今回の事業で活用した防災ジオラマ。地形を立体的に表現でき、危険箇所を具体的に把握できます。

 大野町商工会青年部では、平成29年度、防災ジオラマを活用したワークショップを3回開催しました。防災ジオラマとは、ダンボール製のジオラマキットを活用したワークショップ型の防災学習。自分たちの住んでいるエリアの地図が印刷されたダンボールジオラマを参加者みんなで組立て、防災関連など様々な情報をマッピングすることで、地域の地形と災害のリスクを学ぶことができます。東日本大震災を機に、全国各地に広がりを見せています。

 

 戦後すぐの枕崎台風で、地域に大きな水害を受けた大野町。観光資源である大頭神社周辺も、山からの土砂で大きな被害を受けました。しかし、その災害の歴史も月日を重ねるごとに風化しています。『地域の人たちに災害の歴史を知ってほしい』。同商工会青年部はそんな思いから平成29年度青年部・女性部提案公募型事業に応募。採択を受け、8月に大野西小学校のアリーナにて第1回目の防災ジオラマワークショップを開催しました。参加したのは、同小学校の児童を中心に約30人。ダンボールを立体的に積み上げた後、道路や公園をペイントし、地形の特徴を楽しみながら学習しました。その後、プロジェクションマッピングを投影したジオラマをみながら、波が高い時、大雨が降った時など、それぞれの災害に合わせて気を付ける場所を確認しました。また、ワークショップの前には、参加者全員で大頭神社を訪れ、宮司に当時の災害の様子をうかがいました。

 

子どもたちは楽しみながらジオラマづくりに取り組んでいました。

 もっと幅広い世代や親子にも防災意識を持ってもらいたいと、第2回目は10月に開催された宮島お砂焼まつりで実施。大学のゼミで防災について研究しているという女子大生も急きょスタッフとして参加してくれました。3月には大野かきフェスティバルで第3回目が実施され、多くの来場者が楽しみながら防災について学んでいました。「物珍しさもあって多くの人が興味を持って参加してくれました」と話すのは実行委員長の安村通芳さん。「夏場は多くの親子連れでにぎわう妹背の滝も過去の災害で大きな被害を受けた場所です。滝の上流には砂防堰堤がありますが、地域の子どもたちにはあまり知られていません。防災意識を持って遊ぶことは、大きな事故の防止に繋がります。参加してくれた子どもたちには、ここで学んだことを語り継いでいってほしいです」と続けました。

 

 この事業は地域の子どもたちの防災意識の向上だけでなく、ワークショップを通して地域の観光資源の再発見や地域で働く商工会青年部員のことを知ってもらう良いきっかけになりました。今後は、完成したジオラマをより多くの人に見てもらえる場所に展示できるようにしたいと考えています。

『白木産葉物野菜生産者と飲食業者の実演セミナー』開催(高陽町商工会)

[実践を交えてインスタ映えする料理の盛り方、写真の取り方を伝授。すぐに使える小技が満載]

セミナー・プロジェクト

講師を務めた大本紀子さん。

 2月7日(火)、高陽町商工会にて『白木産葉物野菜生産者と飲食業者の実演セミナー』が開催されました。同商工会では、平成27年11月に認定を受けた『経営発達支援事業』の一環で、白木産葉物野菜を管内飲食店で活用してもらい、地産地消を推進する取り組みを行なっています。今回のセミナーもそのひとつ。生産者と飲食業者の交流の場、勉強の場として実施しているもので今年で、2回目になります。当日は飲食業、農業者、流通業、小売業など幅広い14の事業所が参加しました。

 

 第1部は講演会。フードプランナーやナチュラルフードコーディネーターなど多岐に渡って活躍する大本紀子さんから、SNSを活用したPRの手法や効果的な写真の撮り方などについて学びました。大本氏は、日本テレビ系列 “ヒルナンデス”で第3代レシピの女王に輝いた実力の持ち主です。

 

 大本さんは、インタスタグラムなどSNSの活用法などを、一通りスライドを使って説明した後、実際に器や野菜を使って参加者に盛り付けてもらい、写真に撮ってもらいました。器の形、バックの色など、様々な条件で野菜の見え方がどう変わるのかを実例をもとに解説しました。大本氏は「少量なら浅い器を使う」「沢山の種類を盛るとゴチャゴチャする」「全部写さず、見る側の想像力かきたてる」など、一人ひとりの盛り付けを丁寧に解説。どうすれば美しく、映える写真になるかも合わせて伝授していました。参加者たちは大本さんの一言一言に驚いたり納得したり。積極的に質問が飛び交うなど、終始和やかな雰囲気で進行しました。

 

参加者が盛り付けた野菜に、大本さんは丁寧にアドバイスを行なっていました。

 第2部は意見交流会。参加事業者が自己紹介をした後、事務局より昨年から始まったこのプロジェクトの報告があり、意見交換なども行われました。

『平成30年基調講演・事例発表交流会・クレコレ バイヤーズ商談会』開催 (呉広域商工会)

[事例発表や商談会など、新たなビジネスチャンスが満載。基調講演では値上げの極意を伝授]

セミナー・プロジェクト

基調講演を行った辻井啓作氏。

 1月23(火)、呉森沢ホテルにて呉広域商工会主催の『平成30年基調講演・事例発表大会・クレコレ バイヤーズ商談会』が開催されました。このセミナーは、販路開拓支援事業の一環として実施しているもので、今年で4回目。『基調講演』『事例発表大会』『商談会』の3部構成で、参加事業者同士のマッチングや新商品の開発支援、販路開拓などをサポートしています。

 

 第1部は基調講演。有限会社ともえ産業情報の代表で中小企業診断士の辻井啓作氏が『小さな会社・お店のための値上げ技術』をテーマに講演を行いました。辻井氏は、大手証券会社、中小企業支援機関を経て独立。現在は、中小企業分野の調査と支援を行っています。“値上げ”を通じて企業の利益確保、体質改善を図る支援を得意としています。

 

 辻井氏は値上げをするのに大切なのは、「まず事業者自身が値上げを決意すること」と述べ、“値段がわからない商品を扱うこと”、“全員に売ろうとしないこと”、“自分だったら買いたいと思う商品を扱い、自分だったら買わない値段をつけて売ること”など、値上げのポイントを伝授しました。最後には「値上げの極意は“勇気”」と締めくくり、値上げに様々な理由で躊躇している事業者たちの背中を押しました。

 

 第2部の事例発表では新商品の開発、新規事業の成功例、補助金の活用例として、(有)浅野屋建設の和田伸行さん、(株)三四五屋の濱本護さん、上神農園の上神てるみさん、(有)石野水産の石野智恵さん、sea side café ALPHAの天本雅也さん、広熊ジビエ専門の栗田比佐美さん、(株)瀬戸プレスフーズの上田耕士さんの7名が発表を行いました。

 

7名の事業者が事例発表を行いました。

 その後、公益財団法人くれ産業振興センター、広島県ブランド推進課、(財)ひろしま産業振興機構、せとうちskipデジタルマップ実行委員会の各プレゼンターより、支援施策・制度について説明も行われました。

 

 第3部は地域内の量販店、都市圏の百貨店バイヤーを招いて行われた消費展示会・交流会・個別相談会を開催。参加者たちは、新たなビジネスチャンスを求めて、積極的交流し、PRや情報交換を行っていました。

セミナーに参加して新たなビジネスパートナーを見つけませんか?(呉広域商工会)

[『基調講演・事例発表交流会・クレコレバイヤーズ商談会』開催決定 参加者募集!]

セミナー・プロジェクト

 呉広域商工会は1月23日(火)、呉森沢ホテル(呉市本町)にて『平成30年 基調講演・事例発表交流会・クレコレバイヤーズ商談会』をします。

 

 3部で構成される大会の第1部は基調講演。講師は、“値上げ”を通じて企業の利益確保、体質改善を図る支援を得意とし、高千穂大学経営学部の非常勤講師を務める辻井啓作氏。『小さな会社・お店のための値上げの技術』をテーマに講演します。

 

 第2部は事例発表大会と名刺交換交流会。補助金を活用しながら、ヒット商品の開発・販路開拓に成功した6事業者が事例を発表するほか、事業所同士の出会いや交流を支援する名刺交換会も行われます。

 

 さらに第3部では『クレコレバイヤーズ商談会』を開催。地域内量販店を含めて商品提案し、新商品や旬な商品をグループにした売り場の提案を目指します。また、地域内の量販店、首都圏の百貨店バイヤーを招き、商品開発のブラッシュアップや販路開拓のマッチング支援も行われます。

 

 異業種が集う大会は、新たなビジネスパートナーを見つける絶好のチャンスです。参加希望の方は、下記の申込用紙を出力の上、必要事項を記入して同商工会までFAX(0823-87-3318)またはメール(sasaki-takashi@hint.or.jp)にて、お送りください。

 

お申込み用紙はこちら

 

◯平成30年 基調講演・事例発表交流会・クレコレバイヤーズ商談会

日時/平成30年1月23日(火) 13:15〜

会場/呉森沢ホテル(呉市本町15-22)

定員/50名

参加費/無料

お問い合わせ/呉広域商工会 TEL 0823–70–5660

『地域密着型の集客営業セミナー』受講生募集!(祇園町商工会)

[地域密着店のための“ご近所さん集客方法”を集客営業コンサルタントが徹底解説]

セミナー・プロジェクト

 1月24日(水)、安佐南区役所祇園出張所にて、祇園町商工会の新春セミナー『地域密着型の集客営業セミナー』が開催されます。講師は元広告代理店営業マンで株式会社ii代表取締役の上久保瑠美子さん。地域密着型の集客や営業、人材育成などを得意とし、全国各地で講演活動やセミナー、研修講師として活躍する、その道のプロです。

 

 セミナーではインターネットやソーシャルメディア、ホームページなどを活用せずに集客につなげる、シンプルな方法と考え方を伝授。パソコンや広告も使わず、お金もかけない簡単な方法で、お客様が喜んで来店してくれる地域に愛される店を目指します。また、ごく身近な地域の個人店の成功事例も紹介。すぐにマネできる事例がいっぱいです。

 

 広告費に多額のお金をかけても効果が見込めないという方、安易な割引で経営が悪化してしまったという方、SNS等のインターネット販促に疲れたという方、ぜひ、ご参加ください。

 受講希望の方は下記の申し込み用紙を出力の上、必要事項を記入して祇園町商工会までFAX(082-875-6245)にてお送りください。たくさんのご応募お待ちしています。

 

セミナーのお申し込み用紙はこちら

 

○地域密着型の集客営業セミナー
日時/平成30年1月24日(水) 14:00~16:00
会場/安佐南区役所祇園出張所2階(広島市安佐南区祇園2-48-7)
受講料/2000円/人(非会員4000円)
お問合わせ/祇園町商工会 TEL 082-875-3476

先着20名限定!『経営計画サポートセミナー』受講生募集!(呉広域商工会)

[自社の業務プロセスやビジョンを見える化して、持続続可能な経営を目指す!]

セミナー・プロジェクト

  呉広域商工会が12月12日(火)、13日(水)、19日(火)、21日(木)の4日間、『経営計画サポートセミナー』を開催します。このセミナーは会員事業所の声に応えるカタチで企画され、講師はコンサル業界の第一人者・児玉学氏が担当。カリキュラムでは、DMMによる現状整理や持続化補助金等にかかる経営戦略策定、商工会支援を受けて経営計画を作成します。

 

 12日は自社の業務プロセスの見える化を図る『DMM(現状分析)』、13日は自社の将来像(ビジョン)の見える化し“あるべき姿”を展開する『SWOT分析(戦略)』、19日は新しいビジネスモデルを実現するための実行化計画案を作成する『補助金活用編』、21日は、『経営計画完成編』と題した個別相談も行います。

 

 4日間のうち、気になるセミナーだけの参加も可能です。受講希望の方は下記の申し込み用紙を出力の上、必要事項を記入して呉広域商工会本所までFAX(0823-87-3318)またはメール(sasaki-takashi@hint.or.jp)にお送りいただくか、お電話(0823-70-5660)でお申し込みください。

 

 新たな顧客を集客し、販路拡大をお考えの方、広報を活用した販売促進・経営計画を作成されたい方、ぜひ振るってご応募ください。

 

セミナーのお申し込み用紙はこちら

 

○経営計画サポートセミナー

日時/12月12日(火)、13日(水)、19日(火)、21日(木)

 18:00~21:00

会場/呉広域商工会 本所 呉市川尻町西1-1-1

参加費/無料

定員/20名 ※定員になり次第締め切り

お問合わせ/呉広域商工会 TEL 0823-70-5660

1 / 2012345...1020...最後 »
このサイトを広める