セミナー・プロジェクト

全てみる

『かんなべかるた』で地元をPR(神辺町商工会青年部)

[クラウドファンディングで資金調達しながら、神辺町の魅力を全国に向けて発信]

セミナー・プロジェクト

子どもから年配の方まで幅広い世代が楽しめる『かんなべかるた』。地元の人も知らなかった神辺町の魅力がぎゅっと詰まっています。

 6月27日(火)より、神辺町商工会青年部がクラウドファンディングを活用した神辺町のPR活動を開始しました。クラウドファンディングとは、インターネット上で夢や活動を発信することで、共感したり、応援してくれる仲間を募り、お金を集めることができる仕組みのこと。同商工会青年部では神辺町の魅力を発信し、共感してくれた方に対してオリジナルの“かんなべかるた”をはじめとした町の特産品をリターンしています。

 

 クラウドファンディングに取り組んだのは、神辺町のことを全国の人にもっと知ってほしいという気持ちから。神辺町の歴史は古く、旧石器時代から人が暮らし、古墳も数多く残されています。室町時代には山名氏が築城し、歴史の表舞台にも登場しました。また、江戸時代には山陽道と石州銀山道の宿場町となり、参勤交代や銀の輸送などで大いに賑わったそうです。重要文化財に指定されている建造物や景勝地が町内に点在し、町のいたるところで歴史の息吹を感じさせてくれます。

 

 2006年、福山市に合併されて以降、住環境の良い暮らしやすい町として人気を集めていますが、青年部員たちは、「福山市の中の一地域という認識が強くなってしまうと魅力ある神辺町が薄らいでしまう」と危機感を募らせていました。そこで、“住んでいる町を知ってもらうこと”“地域の人達を世代間でつなげること”を目的としたオリジナルの『かんなべかるた』を考案。神辺町にまつわる人物や地理、建物などを幅広く詠んで、町の魅力を伝えています。

 

 同商工会の重政延知部長は「子どもたちに伝統的なかるた遊びを通じて地域の活動や歴史、文化を学び、ひいては郷土を愛する心を育んでほしい。かるたなら世代を越えて楽しんでもらえると思います」と話します。

 

 また、かるたにはもう一つ秘密が。絵札のQRコードを読み取ると、絵札の場所をマップで表示。実際に絵札の場所を訪れることも可能です。かるたは、現在100セット限定で製作し、町内の小中学校、保育園、幼稚園、公民館などの公共施設で使用されています。徐々に人気を集め、「販売してほしい」との声が高まったことが今回のクラウドファンディングに繋がりました。クラウドファンディングでは、かるたを作成するための資金を募っています。興味があるという方、協力したいという方は下記にリンクしたHPをご覧ください。

 

 募集期間は8月9日(水)まで。たくさんのご協力、お待ちしております!

 

『かんなべかるた』のクラウドファンディングページはこちら 

 

●お問合わせ TEL 084-963-2001(神辺町商工会)

すぐに役立つ3つのセミナー。参加者募集中!(安古市町商工会)

[“創業セミナー”“IT活用セミナー”“プレスリリースセミナー”の3セミナー開催決定]

セミナー・プロジェクト

 7月下旬から8月上旬にかけて、安古市町商工会がテーマ別の3セミナーを開催します。このセミナーは、平成29年度伴走型小規模事業者支援推進事業の一環として実施されるもので、同商工会が企画しました。

 

 7月23日(日)、30日(日)、全2回のカリキュラムで実施される『わかりやすい創業セミナー』は、事業を開始するために必要な知識を、中小企業診断士の藤田悠久雄氏が丁寧に解説。参加特典として出店希望地の商圏レポートのプレゼントもあります。

 

 今注目のSNSを活用したい!という人には『IT活用セミナー』がオススメです。7月25日(火)には、宿スタイルパートナーの横山文洋氏を講師に迎え、『SNSを活用してファンを増やそう』と題したセミナーを開催。また、翌日26日(水)には、写真家の竹本宗文氏がSNSなどに活用できる魅せる写真の撮影術を伝授します。ちょっとした工夫で写真が変わるテクニックは必見です。

 

 3つ目のセミナーは、『編集長が教えるプレスリリースセミナー』。経済誌『ログノート』編集長の藤原茂氏が、マスコミに取り上げてもらいやすいプレスリリースの書き方を、実例を交えながら紹介します。

 

 現在、各セミナーの参加者を募集中です。参加ご希望の方は、下記の申込書(PDF)に必要事項をご記入の上、FAX(082-876-0593)またはEメール(yasufuru@hint.or.jp)にて同商工会にお送りください。参加費は無料。各セミナーは、定員になり次第締め切ります。気になる方は、ぜひお早めにお申し込みください。

 

○わかりやすい『創業セミナー』

日時/平成29年7月23日(日) 9:30~15:00、7月30日(日) 10:00~16:00

会場/安佐南区民文化センター(広島市安佐南区中筋1-22-17)

定員/30名

『創業セミナー』のチラシはこちら

『創業セミナー』のお申込用紙はこちら

 

○SNSで売上アップ!!『IT活用セミナー』

「SNSを活用してファンを増やそう」

日時/平成29年7月25日(火) 14:00~15:30

「SNSに使える写真撮影テクニック」

日時/平成29年7月26日(水) 14:00~15:30

会場/安佐南区民文化センター(広島市安佐南区中筋1-22-17)

定員/30名

『IT活用セミナー』のチラシはこちら

『IT活用セミナー』のお申込用紙はこちら

 

○編集長が教える『プレスリリースセミナー』

日時/平成29年8月2日(水) 14:00~15:30

会場/安佐南区民文化センター(広島市安佐南区中筋1-22-17)

定員/30名

『プレスリリースセミナー』のチラシはこちら

『プレスリリースセミナー』のお申込用紙はこちら

 

●お問い合わせ/安古市町商工会 TEL:082-877-1180

仕事に役立つ情報が満載!『にんまりプロジェクト』が今年もスタート   (五日市商工会)

「商工会を学びの場に!」をコンセプトに実施する週1回の勉強会。                 さまざまなテーマで商売繁盛をサポート]

セミナー・プロジェクト

 五日市商工会は6月7日(水)から12月にかけて全25回の予定で、昨年好評を博した『にんまりプロジェクト』を実施します。セミナー内容は、会員事業所の疑問や質問など現場の生の声を反映させて経営指導員が企画。様々なセミナーを週替わりで展開するプロジェクトです。商売繁盛に繋がり、みんなが「にんまり」笑顔になることをめざしています。

 

 6月7日(水)の第1回を皮切りに、毎週異なるテーマでセミナーを実施します。7月までの実施予定は下記の通りです。

 

  • 6月7日(水)14:30~(60分~90分)

「マナー講座~基礎から学ぶ電話応対~」

講師/日本電信電話ユーザー協会広島支部 村田綾氏

内容/「電話応対は何度やって苦手…」という新入社員さんから、「なんとなく言いたいことが伝わらない」というベテランのみなさんまで、電話応対のちょっとした“コツ”を教えます!

 

  • 6月13日(火)14:30~(60分~90分)

「知らないと損をする事業主の為の雇用関係助成金」

講師/アクト経営労務サポート 日高貢氏

内容/事業を継続・拡大していくための固定費のうち、大きくなるのが人件費等の雇用に係る経費です。この避けられない課題解消に役立つ、有効かつ最新の助成金等について説明いただきます。

 

  • 6月20日(火)14:30~(60分~90分)

「初心者のための青色申告スタートアップ講座」

講師/柳原晴美税理士事務所 税理士 柳原晴美氏

内容/正しい帳簿付け(青色申告)は大きな節税に繋がりますが、なんだか難しくて自分には無理だと思っていませんか? このセミナーを最初として、簿記の勉強会を企画しています。(3回程度予定)

 

  • 6月29日(木)14:30~(60分~90分)

「今、最高の節税術!? ~iDeCo(イデコ)とは?~」

講師/アシスト合同会社 代表社員 西山啓子氏

内容/「払って良し、貯めて良し、もらって良し!」個人型確定拠出年金の新たな名称「iDeCo」は、今年から加入範囲が広がりました。ただ貯金するよりも、上手に運用すれば節税に繋がります。

 

  • 7月4日(火)14:30~(60分~90分)

「商圏内の住民層や消費動向が簡単にわかります」

講師/商工会職員

内容/商工会では、商圏分析システムを活用して、みなさんのお店や事業所周辺の住民層や需要動向を調査するサービスを提供しています。今回はその活用セミナーを開催します。

 

  • 7月11日(火)14:30~(60分~90分)

「ひろしま夢ぷらざ(中区本通)における現状と展望」

講師/ひろしま夢ぷらざ 店長 倉岡達志氏(広島県商工会連合会)

内容/広島市中心部でも有数の集客、売上を誇るひろしま夢ぷらざより店長をお招きし、今、どのような商品に消費ニーズがあるのかや、今後の店舗の展開について説明いただきます。

 

  • 7月20日(木)15:00~(60分)

「飲食店における食物アレルギー対応」

講師/広島市保健所 食品指導課 技師 宇野拓也氏

内容/「食物アレルギーがあっても外食したい!」。事故防止、お客様のニーズに応える方法を学ぶことにより、売上アップに繋げましょう。

 

※セミナーの内容は予告なく変更となる場合があります。

 

 上記以降も、続々と企画が登場予定。会員は原則無料で参加できます。希望者は下記の申込用紙に必要事項を記入の上、同商工会にFAX(082-923-2994)または、お電話にてお申し込みください。当日、時間が空いたのでちょっと参加してみようという人も大歓迎。興味のあるセミナーをセレクトして、気軽に参加してみませんか?

 

 

申込用紙はこちら

 

  • お問い合わせ先/五日市商工会 TEL 082‐923‐4138

福富町・豊栄町・河内町の魅力をギュッと凝縮したウェブサイトを新設   (広島県央商工会)

[グルメや絶景スポットのほか、魅力的な体験ができるオリジナル観光ルートも提案]

セミナー・プロジェクト

 広島県央商工会が、県央(福富町・豊栄町・河内町)の絶景スポットやグルメ、体験スポットなどの観光情報を発信するウェブサイト『ひろしまけんおう はっけんおうこく』を立ち上げ、2月から公開を開始しています。

 

 このウェブサイトは経営発達支援事業の一環として作られたもので、昨年、市の受託事業として同商工会が制作した冊子“福富・豊栄・河内 めぐりたいところ51 とっておき まだまだ あります”をベースに内容を構成。県央の成り立ちや3町それぞれの特色などをまとめた地域の概要から41の会員事業所紹介まで、幅広く県央の魅力を紹介しています。

 

 『女性におすすめコース』『家族でワクワク!アクティブコース』『スローライフ』の3つをテーマに体験型のスポットや飲食店などを巡るオリジナルの観光ルートも提案。紹介した事業所の内、15事業所はお得なクーポン付きで様々なサービスを受けることができます。「県央には、魅力的なサービスを提供できる特徴ある事業所がたくさんあります。そんなお店や施設のことを、もっと広くしってほしい」と担当者。

 

 ウェブサイトでは、各事業所を巡って様々な体験ができるルートを提案していますが、今年は一ヶ所で多彩な体験ができる『現地体験マルシェ』を7月と11月に開催予定。子どもが楽しめるものづくりや料理体験、「へ~」っと思わずうならせる学びコーナー、グルメ満載の屋台などを企画中です。詳細は決定し次第、『ひろしまけんおう はっけんおうこく』でお知らせします。

 また、冊子“福富・豊栄・河内 めぐりたいところ51 とっておき まだまだ あります”は、スタンプラリーを実施している『道の駅 湖畔の里 福富』『とよさか四季菜館』『福富物産 しゃくなげ館』『こうち 寄りん菜屋』の4ヶ所をはじめ、紹介事業所などで現在も配布中です。上記4施設のスタンプを集めた方、先着1000名にオリジナルトートバックをプレゼント中。こちらの企画にも、ぜひご参加ください。

 ウェブサイトでは、観光スポットや各事業所をドローンで撮影したプロモーションビデオも公開中。まずは、お家にいながら県央の魅力にふれてみませんか?

 

『ひろしまけんおう はっけんおうこく』はこちら 

 

  • お問合わせ/広島県央商工会 TEL 082-437-0180

『島の仕事図鑑』第4弾、『地域福祉』編が完成し配布がスタート(大崎上島町商工会)

[地元高校生が島のお仕事とそこで働く人々を徹底取材。メイドイン大崎上島町の一冊]

セミナー・プロジェクト

 島の産業を移住者や高校生にPRして定住人口・就労人口を増やそうと、大崎上島町商工会が主体となって制作している『島のお仕事図鑑』。これまで平成27年の第一弾を皮切りに、第2弾の『造船・海運』編、第3弾の『農業』編と、IターンやUターンをして島で働く人たちの生の声と笑顔を届けてきました。

 

 今回発行した第4弾は、福祉関係で働く人々にスポットを当てた『地域福祉』編。インタビューや写真撮影は地元の大崎海星高校と広島商船高等学校の生徒が担当しました。県立高校と国立の商船高等学校の学生がコラボした企画は、町内でもこれまで前例のない活気的な取り組み。生徒たちの目線で見た、福祉の世界で働く人たちがキラキラと表現されています。90歳を超えても元気に働く商工会員3名も登場します。

 

 『島の仕事図鑑』の制作は、デザイン、印刷、PR動画まで全て島内の事業所が担当したメイドイン大崎上島町。島の魅力が詰まった、ここでしか作ることができない仕上がりです。

 冊子は、大崎上島町役場や同商工会で配布中(無くなり次第終了)。内容は同商工会のHPでもご覧いただけます。大崎海星高校の生徒がナレーションを務めたPR動画もぜひ合わせてご覧ください。

 

大崎上島町商工会のHPはこちら 

 

●お問い合わせ/大崎上島町商工会 TEL 0846−64−3505

『佐伯区にある素敵なお店』 創刊(五日市商工会)

[選りすぐりの7店の魅力を詰め込んだ冊子が完成。クーポン付きで利用しやすく]

セミナー・プロジェクト

 五日市商工会は、経営発達支援事業に関連した『新たな需要開拓に寄与する事業』の一環として、会員事業所の魅力を紹介した冊子『佐伯区にある素敵なお店2017年準備号』を創刊しました。この冊子は会員事業所の売上アップや周知・PRを目的にしたもので、制作はタウン情報誌などで活躍するプロのデザイナー、カメラマン、ライターが手掛けています。

 

 「これまでは会員向けの会報誌でしか紹介できなかった魅力的なお店を、地域の方や一般の方にも広くしってもらいたい」と担当者。今回は準備号として、選りすぐりの7店舗を掲載しました。また、各お店で使えるクーポン券付き。2月に配布が開始され、今後は銀行、病院、スーパーなどにも随時設置していく予定です。

 

 今年秋には、さらに紹介店舗数を増やしたガイドブックを発刊予定。冊子は五日市商工会のHPでもご覧いただけます。ぜひご活用ください。

 

●お問合わせ/五日市商工会 TEL082-923-4138

「白木産葉物野菜生産者と管内飲食事業者の交流会」開催(高陽町商工会)

[地元・白木産の葉物野菜にスポットを当て、生産者と飲食事業者を繋ぐ交流会を実施]

セミナー・プロジェクト

野菜ソムリエの大西さんを中心に、生産者と飲食店の積極的な意見交換も行われました。

 高陽町商工会は2月22日(水)、高陽町商工会2階の講習会室にて、「白木産葉物野菜生産者と管内飲食事業者交流会」を開催しました。この交流会は平成27年11月に認定を受けた「経営発達支援事業」の一環として同商工会が企画したもので、白木産の葉物野菜を管内飲食店で活用してもらい、地産地消に取り組むことを目的に実施されました。交流会には管内の飲食事業者や生産者など17名が集まりました。

 

 交流会では、広島で活躍する野菜ソムリエの大西真由美さんを講師に迎え、白木産葉物野菜の効能や活用法など、野菜ソムリエならではの意見をいただきました。大西さんは、白木町内の2つの農園で栽培された水菜や小松菜、からし菜などの12種類の野菜の実物を示しながら、風味や食感などの特徴や調理法などを丁寧に説明しました。

 

大西さんが調理した白木産野菜を試食。参加者たちは新鮮な野菜の美味しさを実感していました。

 その後、参加者たちは、大西さんが葉物野菜を使って調理した「赤高菜のガーリック炒め」や「赤茎水菜の酢の物」、「しろ菜のおひたし」、「わさび菜のツナマヨ和え」など、様々なメニューを試食。新鮮な葉物野菜の美味しさに驚きの声を上げていました。また、野菜につけるドレッシングやクリームの作り方など、大西さんに熱心に質問をぶつける参加者の姿も見られました。

 

 同商工会では、この交流会を機に生産者と飲食事業者、相互の交流と活用が進み、ひいては相互の売り上げ拡大につながればと考えています。

 

●お問い合わせ/高陽町商工会 TEL 082–842–0186

有名シェフから学ぶ、料理を通じた地域づくり(呉広域商工会安浦支所)

[山形県で実績を残したシェフから、「食」で地域を元気にするための手法を学ぶ]

セミナー・プロジェクト

実演を行う奥田シェフ。著名なシェフの技をこんなに間近で見られる機会はそう多くはありません。

 2月14日(火)、呉広域商工会安浦支所と安浦町観光協会が共催した講演会「料理を通じて地域づくり」が呉市保健所東保健センターで開催され、約90名の来場者が訪れました。講師は、平成26年にイタリア・ミラノで開催された「世界野菜料理コンテスト The Vegetarian Chance」にアジア代表として出場し、3位に入賞した奥田政行シェフ。実力もさることながら、「情熱大陸」や「ぐるぐるナインティナイン」など、テレビ出演も多数ある知名度の高いシェフです。

 

 講演会では、奥田シェフが店を構える地元・山形県での取り組みを披露。在来野菜を使った料理で、地域を発展させた手法を分かりやすく解説しました。ユーモアたっぷりで繰り広げられる奥田シェフの講演に、会場は笑いに包まれていました。

 

完成した「杭打ち牡蠣と白菜の柚子煮とカレーのパリパリ」。

 その後行われた奥田シェフとの交流会には、同商工会関係者50名が参加。呉市の特産品である杭打ち牡蠣や日之浦小芋、ヒロかんらんなどを使った料理をシェフ自らが調理して振る舞いました。世界レベルの技を間近で見られるとあって、参加者たちは興味津々。真剣な面持ちで見入っていました。完成したのは「杭打ち牡蠣とクレソンのリゾット」「杭打ち牡蠣と白菜の柚子煮とカレーのパリパリ」「日之浦小芋のゴルゴンゾーラクリームあえ」「ヒロかんらんのベーコン煮込み」の4種類。地元食材を使い、シェフならではのスパイスを効かせた料理に、参加者たちも大満足。お腹も心も満たされた、充実の交流会となりました。

 

●お問合わせ/呉広域商工会安浦支所 TEL 0823-84-5800

 

「せとうちSkip」完成!(呉広域商工会)

[地元ならではのプチグルメや隠れた観光スポットをマップとともに紹介]

セミナー・プロジェクト

表面は、オススメのお店や観光客スポットを写真とともにご紹介。

 呉広域商工会が2月に発行した「せとうちSkip」は、メジャーな旅行雑誌やWebサイトでは紹介されない、知る人ぞ知る人気のプチグルメ店や観光スポットを紹介した小冊子です。

 

 冊子はB2サイズの8つ折りで、持ち運びにも便利なB5版。裏面には呉エリアの大きなマップを掲載し、おすすめのプチグルメを提供するお店と観光スポットがマッピングされています。表面では、掲載したお店16店を写真付きで詳しく紹介。また、地元の人だけでなく観光客もターゲットとし、オリジナルの観光ルートも開発して提案しています。

 

 この冊子は同商工会が「むらおこし総合活性化事業」の一環として取り組んでいる「観光客誘致のためのプチグルメマップ作成事業」として実施されたものです。地域の飲食店や特産品などを取り扱う小売店の情報を、効果的なプレスリリースで発信します。

 

裏面はお店とスポットをマッピングした巨大な地図を掲載しています。

 冊子は、夢ぷらざ(広島市中区本通8–28)やおりづるタワー(中区大手町1–2–1)、JR呉駅内の情報プラザなどで配付中。Facebookなどのソーシャルメディア(SNS)では、「♯せとうちSkip」で検索できます。

 ぜひ冊子片手に、いつもとは一味違うディープな呉の旅をご堪能ください。

 

お問い合わせ/呉広域商工会

TEL 0823–70–5660

 

 

「料理を通じて地域づくり」講演会開催(呉広域商工会安浦支所)

[テレビなどでも活躍する有名シェフを迎え、料理を通して地域を考える講演会を開催]

セミナー・プロジェクト

 2月14日(火)、呉広域商工会安浦支所が安浦町観光協会と共同で「料理を通じて地域づくり」と題した講演会を開催します。

 

 講師は、「情熱大陸」「ぐるぐるナインティナイン」など、多数のテレビに出演する奥田政行シェフ。奥田シェフは、地産地消を目指し2000年に地元・山形県鶴岡市にイタリアンレストラン「アル・ケッチァーノ」をオープン。地域の食材をふんだんに取り入れた料理が評判を呼び、食の都・庄内の親善大使にも任命されています。平成28年6月には、イタリア・ミラノで開催された「世界野菜料理コンテスト The Vegetarian Chance」にアジア代表として出場。世界各国から選ばれたファイナリスト8名に残り、3位に入賞した実力の持ち主です。また、昨年は「アル・ケッチァーノ」の姉妹店「宮島ボッカ アル・ケッチァーノ」もオープンしています。

 

 講演会後は、商工会員と関係者限定で奥田シェフとの交流会も実施。安浦カキや里芋、原山牛、広甘藍(ひろかんらん)など、呉市の食材を使って奥田シェフが腕を振るった料理も提供される予定です。同商工会では、この講演会と交流会を地域の活性化につなげたいと考えています。

 

○料理を通じて地域づくり

日時/2月14日(火)

会場/呉市 保健所東保健センター 安浦保健出張所(呉市安浦町中央3-3-2)

お問合わせ/呉広域商工会 安浦支所 TEL 0823-84-5800

 

1 / 1812345...10...最後 »
このサイトを広める