地域イベント

全てみる

江田島海自カレー「スタンプラリー」スタート!(江田島市商工会)

[江田島市内で海自カレーを食べ尽し、レア感たっぷりのマグカップをゲットしよう!]

地域イベント

 旧海軍兵学校から伝わる海上自衛隊第1術科学校のカレーレシピを元に同校の給洋員長が監修し、江田島市の特産品とコラボした「江田島海自カレー」。江田島市商工会が海上自衛隊、江田島市と連携して、この「海自カレー」のスタンプラリーをスタートしました。江田島市内で海自カレーを提供するのは、「きまぐれ亭」(大柿町大原1086-3)、「きっちん&カフェhama」(大柿町柿浦2069)、「shirasuya e’s」(能美町中町4941-1)、「地鶏キッチン ポーク&チキン江田島」(切串3-10-21)の4店舗。各店で2杯ずつ、合計8杯のカレーを食べると、海上自衛隊第1術科学校、海上自衛隊幹部候補生学校、標的機整備隊、呉弾薬整備補所)のロゴマーク、いずれかひとつが入ったオリジナルマグカップがもれなくもらえます!

 

店舗で提供されるカレーは以下の通り

○きまぐれ亭-海上自衛隊第1術科学校のキーマカレー

○きっちん&カフェhama-海上自衛隊幹部候補生学校のシーフードカレー

○shirasuya e’s-標的機整備隊のカットカレー、オイスターカレー

○地鶏キッチン ポーク&チキン江田島-呉弾薬整備補給所のポークカレー

 

 4店は江田島市の北端から南端はで範囲が広い上、カレーメニューが予約制、曜日限定、数量限定のため、比較的難易度が高いスタンプラリーとなっています。マグカップはスタンプラリーでしか手に入らない非売品で、なくなり次第終了。チャレンジしてみる価値ありです!

 

 台紙となるチラシは各店舗で入手可能。プレゼントの引き換えは、それぞれの部隊ごとに各店舗でできます。この機会に、伝統の江田島カレーをぜひご堪能ください!

 

○江田島カレースタンプラリー

開催期間/令和3年11月5日(金)~令和4年4月10日(日)まで

江田島WEB海自カレーWEBサイトはこちら

 

「安佐いい物展in安佐動物公園」へ行こう!(広島安佐商工会)

[広島安佐商工会と動物園がコラボ。可部・佐東・安佐町の『いい物』がずらり]

地域イベント

 11月7日(日)、広島安佐動物公園にて、『安佐いい物展in安佐動物公園』が開催されます。このイベントは広島安佐商工会が令和3年度からの経営発達支援事業の一環として行うもので、今回が初めての試み。同商工会会員事業所を中心に、11事業所が自慢の逸品を持ち寄って出展します。

 

出店事業者は以下の通り

 

●カフェグリーンズ(上安)‐身体に優しいお弁当や総菜を販売

 

●かぐらや(安佐町)‐神楽衣装に使用している西陣織金襴で作った小物を販売

 

●お食事処 こばやし(安佐町)‐オリジナル寿司酢が自慢の穴子ちらしを販売

 

●児玉センイ株式会社(亀山南)‐いろいろ使える便利な帽子「多目的帽子 たーぼう」を販売

 

●らーめん・ぎょうざ喜味喜(安佐町)‐同店一番の人気メニュー、ぎょうざと焼き飯を販売

 

●一般社団法人 百人邑(安佐町)‐薬草で作った浴湯剤とお香、野菜を販売

 

●竹内左官技工(安佐町)‐アロマストーンや鍋敷きなど、左官職人が作った雑貨を販売。珪藻土の塗装体験もあります

 

●SAKE Barゆう(可部)‐水煎包スイジェンンパオ(焼き小籠包)とドリンクを販売

 

●みやもときくらげ農園(川内)-きくらげハンバーグの試食・販売

 

●道草食堂(三入東)‐有機無農薬野菜の季節のスープを販売

 

●福祉の美容室nana(安佐町)‐トリックフォト

 

 可部・佐東・安佐町のこれまで知らなかった『いい物』がいっぱい。7日(日)はぜひ安佐動物公園へおでかけください!

 

○安佐いい物展in安佐動物公園

日時/2021年11月7日(日) 9:00~16:30

会場/広島安佐動物公園内 展望広場

お問合せ/広島安佐商工会 安佐支所 TEL 082-835-0048

上下町商工会 渡邊理事が東京2020パラリンピックへ出場!      ~射撃2種目(10m混合エアライフル伏射・50m混合ライフル伏射)~

地域イベント

 令和3年8月24日から開催される、東京2020パラリンピックの射撃(10m混合エアライフル伏射・50m混合ライフル伏射)2種目に、上下町商工会の理事で、渡辺石灰㈱ 代表取締役の渡邊裕介さん(45歳)が初出場されます。

 

(渡邊選手代表に選出 関連記事) https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210810/k10013193641000.html

去年の全日本選手権では、混合ライフル伏射の種目で3連覇を達成

 

 渡邊さんは、2004年5月、機械に巻き込まれ右腕を失って入院していた際、アテネパラリンピックの特集をテレビで見たことをきっかけに競技を開始。

 奥様からの後押しや、大学時代にアーチェリーの経験があったことから射撃をやってみようと決心。

 世界的にもごく少数とされる義手を装着してライフルを扱う渡邊さんの目標は「これからも射撃を通して夢を語っていきたいし、パラ射撃部門の出場最高年齢(72歳)を塗り替えられるよう、生涯射撃を続けて楽しんでいくこと」だそうです。

 渡邊さんは、10メートル先の標的を狙う混合エアライフル伏射と、50メートル先の標的を狙う混合ライフル伏射の2種目で、いずれも自分の腕で銃を保持して撃つ「SH1」のクラスに出場予定。

初のパラリンピックで2種目に出場予定の渡邊選手(中央)

 

 本大会での渡邊さんのご活躍を祈念します。

「かわなみサイクリングロード」で2つのイベントがスタート!(広島安佐商工会)

[自然豊かな太田川と廃線になった旧可部線跡地。2つの地域自然を活用して地域の魅力を発信!]

地域イベント

コンプリートを目指そう!

 広島安佐商工会青年部のメンバーを中心に活動している「かわなみサイクリングロード実行委員会」。自然豊かな太田川と廃線になった旧可部線跡地、2つの地域資源を活用し、サイクリングを通して地域の魅力を発信しています。

 

 そんな「かわなみサイクリングロード」で、7月12日(月)から新たなキャンペーンがスタート。サイクリングロード沿線の15店舗で「木製バッチキャンペーン」が開催されます。来店し会計時に「かわなみのバッジください」と伝えるとお一人様1個限定でお店のオリジナル木製バッジをプレゼント。15店全てコンプリートすると「かわなみマスター木製バッジ」がもらえます。期間は12月31日まで。来店は自転車でも車でもOKです。

 

これからの季節にぴったり

 また、同じく12日から沿線6店舗にて、各店舗が独自に考案した「かわなみサイダー」の販売もスタート。参加店舗は「ECO360 右平養魚場」「ハレルヤピザ」「お食事処 こばやし」「喜味喜」「Grazie-Na」「駅舎カフェ Romui」。アイスののせたもの、フルーツたっぷりのもの、レモンでさっぱりと仕上げたものなど、バラエティ豊かな1杯が揃いました。心地よい川風を浴びながら川沿いの雄大な景色を満喫できるサイクリングロード。サイクリングで渇いたのどを、各店の個性あふれるサイダーで潤してみませんか?

 

 

かわなみサイクリングロードのFBページはこちら

 

●お問合せ 広島安佐商工会 安佐支所 TEL/082-835-0048

 

 

「オールクレ・クレコレバイヤーズ商談会」開催(呉広域商工会)

[新型コロナウイルス感染症の影響で、オンラインと対面の両方で商談会を実施]

地域イベント

一斉に商談が始まると、会場は熱気に包まれました

 1月13日(水)、クレイトンベイホテルにて「オールクレ・クレコレバイヤーズ商談会」が開催されました。昨年に引き続き今年も、呉広域商工会、呉商工会議所、広島県中小企業家同友会呉支部、公益財団法人くれ産業振興センターの5団体が共同で実施。関東10社、関西2社、県内10社のバイヤーと19の事業所が参加しました。

 

 今回の商談会は新型コロナウイルス感染症の影響を受け、県外のバイヤーとの商談はオンラインで実施されました。参加者たちは事前に商品を送るなど工夫を凝らしながら、商談に挑んでいました。

 

 昨年に続いて商談会に参加したという松本商店の松本圭祐さんは、オンラインでの商談に初めて挑戦。「対面と違って相手のリアクションが分かりづらく、伝わっているのか不安に思うこともあった。あと2回オンラインでの商談があるので、失敗を活かしたい」と話しました。

 

 今回初めて、同商談会に参加したという株式会社ヴァンカトルの西牧竜也さんと千絵さんは、「手ごたえがあった」と自信をのぞかせ、「商品がどうしたら売れるかを一緒に考えてもらえて心強かった。流通の現状を教えてもらったり、今後の営業に活かせる情報をたくさん得ることができた」と笑顔を見せました。

 

 オンライン・対面ともに事前に事業所とバイヤーをマッチングし、1コマ30分で実施されました。会場には、テレビなどのマスコミも駆けつけ、注目度の高さがうかがえました。

少人数制のミニ講座「まちゼミ」に参加しませんか?(三次広域商工会)

[お店の人が講師になってプロの技や知識を直接伝授。個性豊かな18講座が登場]

地域イベント

 「まちゼミ」とは、愛知県岡崎市の商店街が発祥のプロジェクト。お店の人が講師となり、プロならではの技術や知識を無料で教えてもらえるミニ講座です。三次市では三次広域商工会と三次商工会議所が共催で平成27年から実施しており、昨年は共催と商工会単独でそれぞれ1回ずつ開催しています。

 

 11月11日(水)から30日(月)までの20日間、同商工会主催の「まちゼミ」が開催されます。「きれい」「健康」「つくる」「まなぶ」「たべる」の5つのカテゴリーからなる18講座を用意。その内容も、バス会社の『初めての八十ヵ所参り』や観光農園の『りんご園ウォーキングツアー』、お好み焼店の『お好み焼教室』、中華料理店の『調味油の作り方』、工務店の『小物入れ作り』などバラエティ豊か。

 

コロナ禍で全てのイベントが中止や延期を余儀なくされる中、少人数制など万全の感染症対策で実施します。また、今回は初となるオンラインでの講座も、2事業者予定しています。

 

 申し込みの手順は、下記のチラシから講座を選んで各お店に電話で申し込み。受付は11月1日(日)からスタートです。受講は無料。まずは気軽に受講して、これまで知らなかったお店や人の魅力に触れてみませんか?

 

 各講座定員があるため、気になる講座は早めにお申し込みください。

 

まちゼミのチラシはこちら

 

●お問合せ 三次広域商工会 TEL 0824-44-3141

『開運 なんでも鑑定団』が安芸府中にやってくる!(府中町商工会)

[お宝大募集!あなたの自慢の逸品を鑑定してもらいませんか?観覧者も同時募集]

地域イベント

※新型コロナウイルスの影響により、収録が延期になりました。次回開催の予定は、改めてご案内いたします(追記:6月10日)

 

 7月19日(日)、あの『開運 なんでも鑑定団』が安芸郡府中町にやってきます。府中町商工会設立60周年の記念事業として、同商工会が主催する一大イベント。このチャンスにあなたのお家のとっておきのお宝を鑑定してもらいませんか?

 

 5月20日(水)まで、お宝を募集しています。美術品、お菓子のおまけ、おもちゃなど、ジャンルは問いません。「なんでも」ご応募ください。応募後、テレビ東京の番組担当スタッフが応募書類を詳細に検討して選考します。応募方法は下記にリンクしたチラシをご覧ください。

 

 また、7月19日(日)に開催される収録の観覧者も募集中です。会場は、くすのきプラザ大アリーナ(安芸郡府中町本町1-10-15)。こちらもチラシを参考に、往復はがきでご応募ください。観覧は無料です。

 

地域にゆかりのある歴史的な大発見があるかも?奮ってご応募ください。

 

「出張!なんでも鑑定団in安芸府中」のチラシはこちら

 

●お問合せ 府中町商工会 TEL 082-282-1859

安芸津町商工会 女性部主催の「ひな祭り」開催(3/1)

地域イベント

 JR安芸津町駅前の商店街を舞台に、商工会女性部主催の「ひな祭り」が3月1日(日)に開催されます。会場となる山下呉服店、阪井タンス店には、絢爛でみやびな雛人形が展示されます。

 来場者には、女性部員が美味しい甘酒を振舞ったり、小学生以下のお子様には「ひな菓子」もご用意(先着50名様)。その他、「お雛様作り」のワークショップ体験や、焼き菓子、お雛様弁当、パン、花、花鉢等の販売もあり、ひな人形に囲まれての食事なども楽しめます。 日浦南海子さんの「キルト展示」や、お隣の福井館では歌のイベント、ミニコンサートも開催されます。

 一昨年の豪雨により、駅前の商店街も大きな被害を受けましたが、新しい春の訪れを祝う「ひな祭り」を商工会女性部員のおもてなしで盛り上げます。

たくさんの方のご来場をお待ちしています。

 

 チラシ

 

 日時:3月1日(日)10:00~15:00
 会場:山下呉服店・阪井タンス店(安芸津町三津)

 お問合せ:安芸津町商工会女性部(安芸津町商工会内)TEL:0846-45-4141

 

 

『梅林春こい祭』、今年も開催決定!(広島安佐商工会青年部)

[春の訪れを告げるお祭り。今年も青年部が企画した楽しいイベントが盛りだくさん!]

地域イベント

 

 ※3月1日開催予定の「第25回梅林春こい祭」は新型コロナウイルスの影響により見合わせとなりました。詳細は後日、FBページ(https://www.facebook.com/bairinharukoi/)でお知らせします(2020/2/27追記)

 

 

 毎年、梅の花が見ごろ迎える頃に開かれ、八木地区に春の訪れを告げる『梅林春こい祭り』。今年は3月1日(日)に開催されることが決まりました! 広島安佐商工会が事務局となり、同青年部が参加する梅林春こい祭実行委員会が実施しているイベントで、今年で25回目を迎えます。2世代で楽しむ家族の姿も見られ、すっかり地域のお祭りとして定着しました。毎年、ステージや姫コンテスト、梅の種とばし大会など、楽しいイベントで会場は大盛り上がり。今年も様々な催しが企画されています。

 

 毎年人気を博している『妖怪スタンプラリー』は今年も健在。会場をうろついている妖怪に扮した青年部員を探し、カードにスタンプを押してもらってコンプリートすると、景品をプレゼント。毎年、大興奮する子どもたちで大いに賑わう人気イベントです。また、青年部は例年通り屋台も出店。同商工会青年部が一丸となって祭りを盛り上げます。

 

 今年のミニライブは、広島を拠点に活躍する4人組バンド「LOKAHI」が登場。その他、恒例の『子供野菜市場』や『姫コンテスト』など、楽しいイベントがてんこ盛りです。また、県青連後援の献血事業も実施します。たくさんの方のご協力をお待ちしております。

 

○第25回梅林春こい祭

日時/2020年3月1日(日) 10:30~ ※雨天決行

会場/八木梅林公園

※当日は混雑が予想されます。駐車場はございませんので、会場へお越しの際には公共の交通機関および巡回バス(100円)をご利用ください。

お問合わせ/梅林春こい祭実行委員会 事務局(広島安佐商工会佐東支所内) TEL 082-877-9352

ものづくりの町・福山の魅力満載!『ものづくりCOLLECTION』に行こう!(神辺町商工会)

[ものづくり企業が大集合。展示販売のほか、ワークショップや職人による実演も]

地域イベント

 ものづくりの町として知られる福山市。ここでものづくり企業17社が集結する展示販売会『ものづくりCOLLECTION』が開催されます。参加する企業はバラエティ豊か。伝統を守りつつ新作を作り続ける老舗企業から新しい発想で新商品を生み出すニューフェイスまで、個性豊かな企業が揃います。

 

 展示販売に合わせて、様々な体験ができるワークショップ(有料)も開催します。染料や染めグッズを販売する岩瀬商店(株)は、布用絵具を調合して自分だけのオリジナルの色を作ることができるユニークなワークショップを実施。できた絵具は名前を付けて持ち帰ることができます。(株)近藤では職人と一緒に木箱が作れたり、和楽美ではぬりえ刺繍チャームづくりができたりと9つあるワークショップも個性豊か。親子でも楽しめる催しがいっぱいです。

 

 また、各ブースでは職人による実演も実施。和裁士による着物づくりや革職人によるカービングなど、洗練された職人技を間近で見ることができるだけでなく、会話も楽しむことができるそう。普段触れ合うことのできない職人たちの熱い想いにもぜひ触れてみてください。この2日間は、下絣や保命酒、下駄、琴、畳表など、福山を代表する特産品が集まる『備後ふくやま伝統産業展』が同時開催されます。

 

 ものづくりの町ならではの魅力がぎゅっと詰まったイベントで、その素晴らしさを体感してみませんか?

 

○備後ものづくりCOLLECTION with WARABI 2020

日時/2020年2月8日(土)10:00~17:00

                 9日(日)10:00~16:00

会場/エフピコRiM 7F 福山市ものづくり交流館市民ギャラリー(福山市西町1-1-1)

入場料/無料

お問合わせ/和楽美 TEL 084-963-3150(アルファ企画内)

 

1 / 10012345...102030...最後 »