地域イベント

全てみる

『おさかなカーニバルin蒲刈(第8回)』11月17日(日)(呉広域商工会)

[とびしま海道近海で獲れた魚介類いっぱいの朝市を、毎月開催中!】

地域イベント

呉市蒲刈町では、2019年4月より安芸灘とびしま海道地域の復興支援イベントとして、魚が主役の朝市を開催しています。

第8回目は 『牡蠣・さざえ、焼き始めます!!』

                                      他にも真鯛・あこう等、水槽にいる元気な魚をそのまま刺身にして持ち帰ったり、鯛めし・たこ天などなど、美味しい漁師飯が堪能できるイベントです。味付けジビエ肉、焼きそば、生花やきり花も好評につき販売中。 

秋の味覚を求めて、蒲刈町へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 ●日時/2019年11月17日(日) 8:00~12:00 

  ※以後、毎月第3日曜日

 ●場所/潮騒の館(蒲刈水産物直売所・おさかなセンター)

  呉市蒲刈町宮盛1320-15

 ●お問合せ/おさかなカーニバル実行委員会 

  TEL 090-2866-7834(沖本国男)

 ※1000円以上のお買い上げで、安芸灘大橋通行券の半券プレゼント。

 

 

(今後の開催予定)※毎月第3日曜

  12月15日(日)

 1月19日(日)

 2月16日(日)

 3月15日(日)

 

※このイベントは、2018年7月豪雨災害前の、元気で明るい地域の賑わいを取り戻そうと、地域事業所の協力によって定期的に開催を予定しています。地域資源である「魚介類」や「潮騒の館」を活用し、地域経済振興の活性化を目指しています。

 

 

【主催】おさかなカーニバル実行委員会

【後援】呉市農林水産課・呉広域商工会

【協力・企画・運営事業所】蒲刈町漁業協同組合青年部・呉広域商工会青年部

(下蒲刈・蒲刈地区)・丸岡園芸・蒲刈水産物直売所・松運丸((株)松尾組)・プラスシモカマ・島の屋・広熊ジビエ専門・こまつのパン屋・ひまわり・広漁業協同組合・渡辺環境資材・蒲刈物産(株)・おやおや青果・㈱海浪満・上神農園・藻塩の会・仕出し睦

庄原の魅力をぎゅっと凝縮!『備北もんフェアinおのみち』開催(備北商工会)

[やまなみ街道に乗って、さとやま自慢の『食』を尾道へお届け]

地域イベント

 11月4日(月)、『備北もんフェアinおのみち』が開催されます。大自然に包まれた庄原市には、里山の豊かな大地で育てられた農産品や特産品がたくさんあります。その庄原市・備北地域(西城、比和、高野、口田、総領)の『食』の魅力が一度に楽しめるイベントが『備北もんフェアinおのみち』。生産者・製造者こだわりの庄原グルメが、やまなみ街道に乗って、海のまち・尾道市へとやってきます。

 

会場となるJR尾道駅前の東御所緑地には、自慢の逸品を持ち寄った15の事業者が出展。比婆牛やジビエ料理、アユ、高野りんごをはじめとする新鮮野菜など、グルメファンのハートをくすぐる山の幸がずらりと並びます。また、会場には、今年発見50周年を迎えるご当地UMAヒバゴンのゆるキャラも登場。盛り上がること間違いなしです。

 

 今回初開催となるこのイベントは、「伴走型小規模事業者支援推進事業」の一環として備北商工会が主催するもの。管内の優れた名品を広くPRし、ブランド力の強化を図るため企画されました。食のみならず行政や観光協会とも連携し、「食」以外の魅力も発信します。ステージでは、西城子ども太鼓による太鼓の演奏を皮切りに、民踊「おのみちばやし」や神楽などを上演。庄原の「モノ」「コト」の魅力が満載です。

 

手作りこんにゃくや西城そば、地酒、りんご、その他秋の味覚も続々登場します

 先着300名限定で、比和町産コシヒカリの新米すくいどり(参加無料)も開催。

 

引換券付のチラシはこちら

 

 同商工会では今回の初開催を機に、今後も毎年継続してイベントを開催する予定です。

 

海のまちに山の幸と文化が集結する「備北もんフェアinおのみち」。ぜひ会場で、備北地域の魅力をご堪能ください。

 

○備北もんフェアinおのみち

日時/2019年11月4日(月・振休) 10:00~15:00 ※雨天決行

会場/JR尾道駅前 東御所緑地

お問合せ/備北商工会 TEL 0824-82-2904

ひろしま夢ぷらざで「沼田町フェア」開催(沼田町商工会)

[4事業者がテストマーケティングとして店頭販売に初参加。店頭アンケートも実施]

地域イベント

たくさんの人が足を止めて賑わったフェアの様子

 10月10日(木)、ひろしま夢ぷらざで「沼田町フェア」が開催されました。沼田町商工会が伴走型小規模事業者支援推進事業の一環と実施しているもので、今年で2回目。今年は昨年の倍となる4事業者が初となる夢ぷらざでの店頭販売に挑戦しました。

 

 夢ぷらざに面した本通りの人通りも多く、反響は上々。店頭では沼田町商工会の職員が、商品のパッケージや価格、用途などについてアンケートを行いました。

 

 多肉植物や自家製ドリンクを販売した『leaf+』の下河内さんは、「多肉植物の育て方なんかを質問していただきました。興味を持ってもらえてうれしい」と感想を述べ、今年4月にオープンした洋菓子店『SIRO』の野﨑さんも「いつもとは違う年齢層のお客様を接客できて、とても新鮮でした。お店が広島市内からは少し遠い場所にあるので、いつもは行けないけどフェアがあると知って来てくださった方もいらっしゃいました」と手ごたえを感じている様子。

 

 『SAKURO』は、おりづるをモチーフにしたアクセサリーやマニキュアフラワーのアクセサリーを販売。アクセサリー作家の東さんは「商工会が来場者に行ったアンケートを今後の展開の参考にしたい」と期待を寄せていました。また、自家焙煎のコーヒーを販売する『おます珈琲』は、試飲を用意してスタンバイ。「試飲を用意したことでたくさんの方が足を止めてくれました。お店を多くの人に知ってもらういい機会になった」と店主の増田さんは話します。

 

 おます珈琲は11月末にもひろしまブランドショップTAUにも出展予定。首都圏でのテストマーケティングを行い、今後の展開の方向性を探ります。

三次の美味いもん大集合!『みよし実り収穫祭at広島駅』開催決定!    (三次広域商工会)

[芸備線の全線運転再開を前に、JR広島駅で三次の魅力を詰め込んだイベントを開催]

地域イベント

 10月23日(水)、芸備線が全線で運転を再開するのに先立ち、三次広域商工会、三次商工会議所、JA三次、JR西日本が連携したイベント『みよし実り収穫祭at広島駅』が開催されます。

 

 イベントには、三次広域商工会会員事業所、三次商工会議所会員事業所、JA三次が自慢の逸品を持ち寄って出展。商工会からは「広島県布野オーストリッチ(株)」のダチョウ肉を使ったソーセージやサラミ、「升田養蜂場」のハチミツ、「菓子舗 参彩堂」の焼き菓子、「高原安瀬平乳業(有)」のヨーグルト、「フルーツランドふの」のリンゴなどが登場します。ほかにも、ワインや米粉パン、新鮮野菜やフルーツなどバラエティ豊かな商品がてんこ盛りです。

 

 後援は三次市。官民が連携して広島駅でイベントを行うのは今回が初の試みです。イベント会場には、三次市の観光情報を発信するブースもスタンバイし、観光やグルメなど、三次市の魅力を存分に満喫できます。

 

 場所はJR広島駅北口1階の券売機前。広島駅にお越しの際はぜひお立ち寄りください!

 

○みよし実り収穫祭at広島駅

日時/2019年10月11日(金) 11:00~18:00

会場/JR広島駅北口1階 券売機前

お問合せ/三次広域商工会 TEL 0824-44-3141

 

『おさかなカーニバルin蒲刈(第7回)』10月20日(日)(呉広域商工会)

[とびしま海道近海で獲れた魚介類いっぱいの朝市を、毎月開催中!】

地域イベント

呉市蒲刈町では、2019年4月より安芸灘とびしま海道地域の復興支援イベントとして、魚が主役の朝市を開催しています。

第7回目は 『青魚(あおもの)始めます!』

10月は、蒲刈近海のハマチを提供!                                      他にもさざえ・真鯛・あこう等、水槽にいる元気な魚をそのまま刺身にして持ち帰ったり、さば寿司、鯛めしなどなど、美味しい漁師飯が堪能できるイベントです。味付けジビエ肉、焼きそば、生花やきり花も好評につき販売中。 

気候もよくなり行楽がてら、蒲刈町へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 ●日時/2019年10月20日(日) 7:00~12:00 

  ※以後、毎月第3日曜日

 ●場所/潮騒の館(蒲刈水産物直売所・おさかなセンター)

  呉市蒲刈町宮盛1320-15

 ●お問合せ/おさかなカーニバル実行委員会 

  TEL 090-2866-7834(沖本国男)

 ※1000円以上のお買い上げで、安芸灘大橋通行券の半券プレゼント。

 

 

(今後の開催予定)※毎月第3日曜

 11月17日(日)

 12月15日(日)

 1月19日(日)

 2月16日(日)

 3月15日(日)

 

※このイベントは、2018年7月豪雨災害前の、元気で明るい地域の賑わいを取り戻そうと、地域事業所の協力によって定期的に開催を予定しています。地域資源である「魚介類」や「潮騒の館」を活用し、地域経済振興の活性化を目指しています。

 

 

【主催】おさかなカーニバル実行委員会

【後援】呉市農林水産課・呉広域商工会

【協力・企画・運営事業所】蒲刈町漁業協同組合青年部・呉広域商工会青年部

(下蒲刈・蒲刈地区)・丸岡園芸・蒲刈水産物直売所・松運丸((株)松尾組)・プラスシモカマ・島の屋・広熊ジビエ専門・こまつのパン屋・ひまわり・広漁業協同組合・渡辺環境資材・蒲刈物産(株)・おやおや青果・㈱海浪満・上神農園・藻塩の会・仕出し睦

『秋の笑顔収穫祭 コパンマルシェ』初開催!(安古市町商工会)

[グルメ、ワークショップ、ステージイベントetc。大人から子どもまで楽しめる体験型イベント]

地域イベント

 多種多様なショップや企業で構成されるグループ「M.M.C」が初となるイベント『コパンマルシェ』を開催します。

 

 様々なジャンルの事業所が出展するため、催しもバラエティ豊か。グルメは、安古市町商工会会員・神戸サンド屋のサンドイッチをはじめ、皮ごと食べられるバナナのスムージーや海鮮丼、焼き鳥、クレープなどが種類豊富に登場します。子どもから大人まで楽しめるワークショップでは、アロマキャンドルやフラワーアレンジメント、キラキラ缶バッジなど8種類もの手作り体験が可能です。輸入子ども服や雑貨、ハンドメイド作品、わんちゃんの服(小型犬)、おやつ、雑貨などの販売もあります。

 

 また、エリアやカテゴリーにとらわれないこのマルシェならではの「住まい・健康」ジャンルでは、健康グッズの体験や健康リラクゼーション、キッズ体操教室、マッサージ、新築&リフォーム相談会など多種多様な催しを予定。ステージでは赤ちゃんのハイハイレースやキッズファッションショー、みんなも参加できるキッズミュージカルなど、参加型のイベントがいっぱいです。14時30分からは50V型液晶テレビやドライブレコーダーなど、豪華景品が当たる抽選も開催されます。

 

 見て、触って、遊べる、体感型のイベントは幅広い世代が楽しめること間違いなし。10月20日(日)は、ぜひ広島市中小企業会館へお越しください!

 

○秋の笑顔収穫祭 コパンマルシェ

日時/2019年10月20日(日) 10:00~

会場/広島市中小企業会館(広島市西区商工センター1-14-1)

お問合せ/神戸サンド屋 TEL 082-878-0254

 

『第2回 かわなみサイクリングロード走行会』開催決定!(広島安佐商工会)

[心地よい秋空のもと、自然豊かな“かわなみ地区”の魅力をサイクリングで体感!]

地域イベント

 自然豊かな太田川と廃線になった旧可部線跡地、この2つの地域資源を活用し、サイクリングを通して地域の魅力を発信している『かわなみサイクリングロード実行委員会』。広島安佐商工会青年部が中心となり、人々が集う賑わいあるまちづくりに努めています。

 

 10月、同実行委員会が主催するサイクリングイベントが開催されます。その名も『かわなみサイクリングロード走行会』。太田川&旧可部線沿いの自然豊かなロケーションを満喫しながら約30kmを自転車で走り抜けます。

 

 イベントには、中国地方で唯一のプロサイクルロードレースチーム『ヴィクトワール広島』の選手も参加。5名1グループで走る間、グループ間を移動しながら参加者と交流するほか、伴走リーダーは、ロードレースチーム『kermis』のメンバーが担当します。コースには赤いつり橋が特徴の筒賀橋や木製の宇賀大橋など、インスタ映えスポットも点在。かわなみ地区の魅力を存分に満喫できること間違いなしです。

 

 参加者にはかわなみイベント限定商品を全員にプレゼント。景観抜群の太田川流域をプロ選手とともに駆け抜けてみませんか?

 

申込はこちらから(専用参加申し込みフォーム)

 

○第2回 かわなみサイクリングロード走行会

日時/2019年10月27日(日) 10:00~

会場/スタート地点 コムズ安佐パーク(広島市安佐北区安佐町飯室1592)

参加費/3000円

定員/30名(定員になり次第締め切り)

お問合せ/広島安佐商工会 TEL 082-814-3169

『かんなべガールズコレクション』開催決定!(神辺町商工会)

[神辺町商工会青年部、地元商業施設、地元企業がコラボした初のファッションショー]

地域イベント

 9月1日(日)、フジグラン神辺店にて今回初となる『かんなべガールズコレクション~かんなべをもっと好きになる~』が開催されます。

 

 フジグラン神辺1階の特設ステージに、神辺町とその近隣の市町から応募した5歳から22歳までの男女がモデルとして出演。地元のデニム関連企業の連携団体『F.F.G(福山ファクトリーギルド)』とコラボし、デニムを取り入れたコーディネートなど、最新ファッションを披露します。

 

 主催するのは、神辺町商工会青年部が中心となって構成される「まちづくり委員会」。地元の若い世代が誇れる地域のイベントを開催したいと今回初めて企画しました。「ファッションショーという非日常の体験を通して、チャレンジする楽しさと一生心に残る思い出を作ってほしい」と話すのは委員長の河瀬さん。“神辺の次代を担う青少年育成”と“神辺地域の更なる賑わい創出”の2つをキーワードに、青年部の仲間とともにイベントを練り上げました。神辺らしさを加えるため、デニム製造のF.F.Gにも協力を依頼。「あまり知られていませんが、福山北部は国内シェアの6割を占めるデニムの生産地。地域の強みも一緒に発信したい」と河瀬さんは話します。

 

 当日はフジグラン神辺店のファッション系テナント店とF.F.Gのアイテムがコラボしたファッションに身を包んだ出演者が、ランウェイをモデルさながらにウォーキング。また、神辺旭高校書道部による書道パフォーマンスが行われるオープニングアクトをはじめ、御野小学校の合唱団による合唱、F.F.Gの名和さんによるトークショー、戸手高校ダンス部によるダンスパフォーマンスなどのイベントも盛りだくさんです。

 

 地元の魅力をぎゅっと凝縮した華やかなファッションショーを、ぜひその目でご覧ください!

 

○かんなべガールズコレクション~かんなべをもっと好きになる~

日時/2019年9月1日(日) 開演13:30 終演15:00(予定)

会場/フジグラン神辺店1階(福山市神辺町大字新道上2-10-26)

入場/無料

お問合せ/神辺町商工会 084-963-2001

『おさかなカーニバルin蒲刈(第5回)』8月18日(日)(呉広域商工会)

[とびしま海道近海で獲れた魚介類いっぱいの朝市を、毎月開催中!】

地域イベント

呉市蒲刈町では、2019年4月より安芸灘とびしま海道地域の復興支援イベントとして、魚が主役の朝市を開催しています。

第5回目は 夏の『蒲刈の地ダコ祭り!!』

8月は、鮮度抜群の地ダコが登場します!                                      他にもかさご・真鯛・あこう等、水槽にいる元気な魚をそのまま刺身にして持ち帰ったり、鯛めし、たこ天などなど、美味しい漁師飯が堪能できるイベントです。味付けジビエ肉、島魚醤油、生花やきり花も好評につき販売中。島デコちゃん(冷凍柑橘)、かき氷も販売しています。 

夏休みに、ご家族で蒲刈町へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 ●日時/2019年8月18日(日) 7:00~12:00 ※以後、毎月第3日曜日

 ●場所/潮騒の館(蒲刈水産物直売所・おさかなセンター)呉市蒲刈町宮盛1320-15

 ●お問合せ/おさかなカーニバル実行委員会 TEL 090-2866-7834(沖本国男)

 ※1000円以上のお買い上げで、安芸灘大橋通行券の半券プレゼント。

(今後の開催予定)

 9月22日(日)

 10月20日(日)

 11月17日(日)

 12月15日(日)

 1月19日(日)

 2月16日(日)

 3月15日(日)

※毎月第3日曜、

9月のみ第4日曜

 

※このイベントは、2018年7月豪雨災害前の、元気で明るい地域の賑わいを取り戻そうと、地域事業所の協力によって定期的に開催を予定しています。地域資源である「魚介類」や「潮騒の館」を活用し、地域経済振興の活性化を目指しています。

 

【主催】おさかなカーニバル実行委員会

【後援】呉市農林水産課・呉広域商工会

【協力・企画・運営事業所】蒲刈町漁業協同組合青年部・呉広域商工会青年部

(下蒲刈・蒲刈地区)・丸岡園芸・蒲刈水産物直売所・松運丸((株)松尾組)・プラスシモカマ・島の屋・広熊ジビエ専門・こまつのパン屋・ひまわり・広漁業協同組合・渡辺環境資材・蒲刈物産(株)・おやおや青果・㈱海浪満・上神農園・藻塩の会

豪雨災害から1年。青年部が地元幼稚園へハーブの苗を贈呈(広島東商工会)

[『癒しの町づくり』への第一歩。島根から贈られたハーブの苗を園児たちにプレゼント]

地域イベント

園児たちは手渡された苗を、興味深そうに見入っていました

 広島市安芸区中野は、昨年の豪雨災害で多くの被害を受けた場所です。県内外からのボランティア等の助けもあり、今は一見すると災害前の生活に戻ったように見えます。しかし、心や体の健康面では、以前のような状況に戻らない方も多く、まだまだ道半ばの状況です。

 

 この状況を聞きつけた島根県の事業者から「疲れなどが出るこの時期に、ハーブで心や体を癒してほしい」と200株のハーブ苗の提供依頼がありました。受け取った広島東商工会青年部 瀬野川支部長の西廻さんは「1年経っても災害を忘れずに、遠くから応援してくれる人がいることに胸が熱くなった」と話します。ハーブの苗は、瀬野川支部のメンバーが話し合い、地元の中野ルンビニ幼稚園の子どもたちにプレゼントすることになりました。「成長過程の子どもたちに、災害のことを忘れずにいてほしい。そしてハーブの香りに癒されてほしい。そんな想いを込めました」と西廻さん。

 

 ハーブの苗は、7月5日(金)に開催された中野ルンビニ幼稚園の「七夕の会」で贈呈式を行い、70株の苗が子どもたちに手渡されました。子どもたちはいい香りのするハーブに興味津々。嬉しそうな笑顔を浮かべていました。

 

 8月31日(土)には、6月に園内に新設されたピザ釜でピザづくりに挑戦する予定。もちろん、子どもたちが育てたハーブを使います。ハーブの苗は幼稚園に寄贈されたほか、地域の方にも無料で配布されました。「遠くから応援してくれている人がいることを知ってもらい、少しでも励みになれば」と西廻さん。西廻さんは防災士の資格も取得しており、「これからも災害が起きた時、起きた後どうすればよいか、みんなと一緒になって考える機会を設けていきたい」と語りました。

 

 ●お問合せ 広島東商工会瀬野川支所 TEL082-892-0873

1 / 9912345...102030...最後 »