地域イベント

全てみる

6月16日(土)から東急ハンズで『広島県央セントルマルシェ』開催(広島県央商工会)

[県央(豊栄町・福富町・河内町)のモノ・コト・グルメがオシャレなイベントになって東急ハンズに登場!]

地域イベント

 『県央セントルマルシェ』は2017年8月の第1回目を皮切りに、2017年11月に第2回、2018年4月に第3回と開催を続ける人気イベント。県央の自然と折り合いをつけながら丁寧に暮らすスタイルがフランスのプロバンス地方に似ていることから、プロバンスをテーマにしたオシャレなイベントを開催しています。

 

 マルシェでは、豊栄町・福富町・河内町の県央エリアの商工会事業所が一堂に会し、ここでしかできない体験メニューや食の魅力を提供。地域で採れた新鮮な食材や、それを使ったプロバンスメニューの屋台、手仕事が光る雑貨などが販売されます。5月には、広島三越にも出展し大きな注目を集めました。

 

 その『広島県央セントルマルシェ』が6月16日(土)~24日(日)の1週間、東急ハンズをジャックします。期間中、豊栄町、福富町、河内町の新鮮な野菜や加工品、手作り雑貨などが日替わりで登場。個性豊かな作家さんが開催するワークショップも予定されています。

 

 6月22日にはフレンチの名店『Shima labo』の限定ランチ、23日(土)、24日(日)には、洋風惣菜店『RECETTE』のランチBOXなど、スペシャルなグルメも満載です。県央に行かずして、県央の魅力が満喫できる『セントルマルシェ』にぜひお出かけください。

 

イベントの詳細はこちら

 

○ひろしま県央セントルマルシェ

日時/2018年6月16日(土)~24日(日)

場所/東急ハンズ広島店(広島市中区八丁堀16-10)

 

蒲刈島で安芸高田市の上河内神楽団が特別公演(呉広域商工会蒲刈支所)

[初夏の島で開催される神楽公演。女性部、青年部が手掛けるオリジナルグルメも登場]

地域イベント

 6月16日(土)、呉市蒲刈町にて安芸高田市の上河内神楽団を招いた特別公演が行われます。このイベントは、蒲刈町宮盛地区、向井地区に今も伝わる神楽の伝統や文化を広くPRし地域の経済振興を図ることを目的に、呉広域商工会や宮盛神楽保存会、蒲刈町漁業協同組合、自治会、蒲刈市民センターなどで構成される神楽特別公演実行委員会が企画しました。開催されるのは昨年に続いて2回目です。今年も神楽が盛んな安芸高田市から実力派の上河内神楽団を迎え、『紅葉狩』『悪狐伝』『八岐大蛇』の3演目を上演します。

 

 17時からの上演に先かげて15時からオープンする飲食コーナーには、呉広域商工会女性部が作る具だくさんの悪狐うどんや青年部が作る和尚さんの三色おはぎなどを販売。安芸高田市からは特産品のさば寿司も登場します。また、神楽団員との写真撮影などのイベントも用意されています。

 

 実行員会では呉市内の小学校13校にチラシを配布するなどして、1000人の集客を見込んでいます。海風を感じる舞台で繰り広げられる、迫力の舞をぜひご堪能ください。

 

○蒲刈島の海舞台 上河内神楽団特別公演

日時/平成30年6月16日(土)飲食コーナー15:00~ 神楽上演17:00~20:00

会場/呉市蒲刈市民センター(呉市蒲刈町宮盛1-2) 屋外舞台

お問合せ/呉広域商工会 蒲刈支所 TEL0823-66-1055

阪神百貨店梅田本店に、江田島市や呉市の特産品が登場(江田島市商工会)

[関西の百貨店で開催される催事に出店し、江田島市のブランドイメージを高める]

地域イベント

 4月25日(水)~5月1(水)、阪神百貨店梅田本店(大阪市北区梅田1-13-13)で開催されている催事に、とびしま柑橘倶楽部(呉広域商工会)のブースを借りる形で、江田島市商工会が出展しています。出展する事業所は、江田島市内で栽培した規格外の果物や野菜を使ったドライフルーツやドライベジタブルを製造する島彩(大柿町)、耕作放棄地で栽培するサツマイモを使った素揚げやペーストを製造する峰商事(大柿町)、江田島市内でオリーブの栽培、収穫、加工、販売を行う江田島オリーブ(大柿町)の3事業所。関西の百貨店に、島の恵みをいっぱい浴びた特産品が並んでいます。阪神百貨店は関西地区では最高峰の百貨店。期間中は江田島市商工会の3事業者で200万円の売上を目指します。

 

 この出展は、2月に行われた展覧会で阪神百貨店のバイヤーが江田島市商工会のブースを訪れ、商談が成立。『無農薬・無添加』の加工品が高く評価されました。商工会が主導して百貨店で催事を行うのは今回が初で、今回の催事の売れ行き次第では、常設販売になる可能性も秘めています。同商工会では今後も関東や関西にある百貨店などに出店し、島の特産品のブランドイメージを高めていきたいと考えています。

 

 ●お問合せ/江田島市商工会 TEL 0823-42-0168

 

ゴールデンウィークは伝統的な日本文化を肌で感じるお祭り『市入祭』へ  (安芸高田市商工会)

[全国的にも珍しいだんじり屋台の上で行われる子ども歌舞伎。楽しいイベントも盛りだくさん]

地域イベント

 安芸高田市吉田町で毎年5月5日に開催されている『市入祭』をご存知ですか? 3人の子どもがだんじり屋台の上で演じる子ども歌舞伎が名物で、その起源は延宝2年(1674年)。340年以上の歴史を誇る、伝統的なお祭りです。

 

 今年も開催が決まり、例年通り清神社での祭礼や子ども歌舞伎が行われます。神輿に供奉する『千歳山』と『八雲山』の2台のだんじり屋台が町内を練り歩き、その上で3人の子どもが歌舞伎を熱演。だんじり屋台の上で子ども歌舞伎が演目を行うのは全国的にも珍しく、毎年市内だけでなく遠方からも多くの観光客が訪れます。

 

 吉田商店街では、新鮮野菜市場やフリーマーケット、武者との記念撮影、飲み食い広場など、様々なイベントを開催。祭りの実行委員会の事務局を務める安芸高田市商工会青年部もゲームが楽しめる『商工会青年部コーナー』を設置します。

 

 華やかなイベントが県内各地で開催されるゴールデンウィーク。今年は、伝統的な日本文化にふれるお祭りに出掛けてみませんか?

 

○吉田の市入祭

日時/平成30年5月5日(土・祝) 10:00~ ※雨天中止(小雨決行)

会場/吉田町商店街

お問い合わせ/吉田の市入祭実行員会(安芸高田市商工会) TEL 0826-42-0560

 

町中がお祭り会場! 『わさまち』へ行こう!(北広島町商工会)

[大朝の春の風物詩。グルメ、フリーマーケット、コンサートなどで1日中楽しめる!]

地域イベント

 4月27日(金)から29日(日)までの3日間、大朝の春の風物詩『わさまち』が開催されます。200年以上続く伝統のお祭りで、その発端は大昔に起こった大火。大朝の中心部のほとんどが消失し、復興祈願としてこの祭りが始まりました。

 

 期間中は町中がお祭り会場に。メインステージに様々なプログラムが用意されるほか、ゴーカートや『昔のおもちゃで遊ぼう』、ヤマメのつかみ取りなど参加型のアトラクションも満載です。29日(日)には、大朝ふれあいの森一帯でフリーマーケットや雑貨店など、数十店が集結する『きたひろマルシェ』も開催されます。

 

 また、メイン会場から繋がる旧商店街『わさまち通り商店街』には、老舗の大朝まんじゅうやかあちゃん餃子、TSURUYA(つるや食堂)、福光酒造、空き家店舗を活用したカフェがずらり。かつての賑わいを取り戻します。

 

 そのほか、芸術家のアトリエやギャラリーを巡る『あーとふる大朝』や青原さとし監督が手掛けたドキュメンタリー映画2作品を上映する『教信坊シネマinわさまち』(料金/大人1000円)など盛りだくさんの内容。大人から子どもまで1日中楽しめるイベントが満載です。

 

 イベントごとに日程が異なりますので、詳しくはリンクのチラシをご覧ください。

 

『わさまち』のチラシはこちら

 

○さわまち

日時/平成30年4月27日(金)~29日(日) 

27、28日11:00~20:00、29日9:00~15:00

場所/北広島町大朝ショッピングセンターさわ~る(山県郡北広島町大朝2516-1)周辺

『第13回天領じょうげ 端午の節句まつり』開催中!(上下町商工会)

[幕末から今日までの五月人形や兜が街を彩る16日間。骨董市やうまいもん市も開催]

地域イベント

 白壁の町並みが今もなお残る上下町で、『第13回天領じょうげ端午の節句まつり』が開催されています。このイベントは上下町商工会も参加する実行員会が主催し、毎年実施されているもので、今年で13回目。4月21日(土)から5月6日(日) の期間中、上下商店街に軒を連ねる店舗や住宅にこいのぼりや、幕末から今日までの様々な節句人形、兜がずらりと並びます。

 

 4月28日(土)、29日(日)、30日(月・祝)には、骨董市やうまいもん市が行われる『天領 上下の市』も開催。いつもとは一味違う、上下町散策をお楽しみください。

 

『上下画廊』の店内に飾られた多彩な五月人形。

 

 

●お問い合わせ/天領じょうげ端午の節句まつり実行委員会 TEL 0847–62–3999

『野呂山山開き』に出掛けよう!(呉広域商工会)

[いよいよ登山シーズン到来。登山者の安全を願って野呂山山開きが開催されます]

地域イベント

 4月22日(日)、野呂高原ロッジ横のグラウンドにて、『2018年野呂山山開き』が開催されます。登山のシーズンを迎え、登山者への祈願祭や清掃登山などが行われるほか、ステージやトークショーなどイベントも盛りだくさん。トークショーには、『目指せ日本一カープ応援特別企画 カープ応援会議in野呂山』と題して、渡辺弘基さんと桑原しおりさんが登場。今年のカープについて熱く語るほか、ワンポイント野球教室も開催します。

 

 また、『野呂の市』コーナーには、野呂山名物の猪肉料理や呉地域の特産品、木工品、花などが出展。呉広域商工会青年部も出展して、イベントを盛り上げます。その他、毎年好評の宝さがし(先着2000人)や野呂高原ロッジ名物の野呂山バーガー早食い大会など、見て、参加して楽しめるイベントがいっぱいです。

 

 4月22日(日)は、目にもまばゆい新緑に包まれた自然いっぱいの野呂高原ロッジに、ぜひお出かけください!当日は、川尻桟橋や川尻駅から無料バスが運行しています。

 

○2018年 野呂山山開き

日時/4月22日(日) 9:30~14:00 ※雨天決行

場所/野呂高原ロッジ(呉市川尻町板休5502-37)

お問合せ/野呂山山開き実行委員会(事務局 呉広域商工会) 

TEL 0823-70-5660

野呂山ビジターセンター

TEL 0823-70-5338

『梅林春こい祭』で献血を呼びかけ(広島安佐商工会青年部)

[青年部が企画した楽しいイベントが盛りだくさん!今年も『梅林春こい祭』は大盛況]

地域イベント

今年も妖怪スタンプラリーは大盛況。

 3月4日(日)、佐東地区(緑井・川内・八木)に春の訪れを告げる『第23回梅林春こい祭』が開催されました。ステージや姫コンテスト、梅の種とばし大会など、楽しいイベントで会場は大盛り上がり。天気にも恵まれ、多くの来場者で賑わいました。

 

 恒例となりつつある『妖怪スタンプラリー』も昨年に引き続き実施。カードを受け取った700人の子どもたちは、スタンプをコンプリートして景品をもらおうと、必死に妖怪に扮した青年部員を探していました。また、青年部はパンケーキなどのスイーツを販売する屋台も出店。こちらも大人気で飛ぶように売れていました。

 

 毎年実施している献血事業も行われ、昨年と同様の87人(内、採決者69人)が参加。献血にご協力いただいた方に、感謝の気持ちを込めて青年部手作りの大判クッキーをプレゼントしました。

『呉広域商工会青年部合併10周年記念大会』が盛大に(呉広域商工会)

[これまでの10年を振り返り、これからの10年を見据えた記念大会を開催]

地域イベント

 1月20日(土)、呉阪急ホテルにて『呉広域商工会青年部合併10周年記念大会』が盛大に開催されました。3部構成で行われた記念大会の第1部は記念式典。同青年部の宮下鉄矢部長の挨拶ののち、新原芳明呉市長、村尾征之会長、広島県商工会連合会青年部連合会の植田悠司会長の3名の来賓から祝辞をいただきました。

 

 第2部は記念講演。『さらなる10周年に向けて初心に戻り未来を想い描く』をテーマに、合併後の歴代部長が提案公募事業など、これまでの取り組みを発表しました。最後は、現在部長を務める宮下部長が未来への意気込みを熱く語りました。

 

 第3部の記念パーティでは、観光プロモーションが放映されるなどのアトラクションもあり、終始和やかなムードで進行。10周年記念冊子編集委員が写真家の宮川トム氏と連携して制作した記念冊子も紹介されました。

安芸灘とびしま海道の魅力を伝える写真展を開催(呉広域商工会)

[プロの写真家による美しい景色や人々の暮らしを切り取った写真展。地元中学生も参加]

地域イベント

 2月1日(木)から12日(月・祝)の間、大和ミュージアム(呉市宝町2-20)にて、安芸灘とびしま海道の魅力を伝える写真展が開催されます。プロデュースするのは、御手洗の街並み保存地区で写真館を営むトム宮川コールトンさん。トムさんは取材対象をありのまま記録するドキュメンタリー写真家兼ライターで、全国誌での撮影・執筆の他、自身で本も出版しています。

 

 写真展では、とびしま海道の美しい景色や人々の暮らしを切りとった作品を厳選して展示。写真だけでなく映像や音、アロマオイルなどを使い、五感で島を感じることができる空間づくりを目指しています。

 

 安芸灘地区にある下蒲刈中学校、蒲刈中学校、豊浜中学校の生徒にもインスタントカメラ“写ルンです”を配布し、“自分が好きな島の写真”というテーマで写真を撮ってもらいました。その中からおもしろい作品が展示されるほか、2月9日(金)には生徒たちが展示の説明(日本語・英語)にも参加します。

 

 この写真展は、平成29年度小規模事業者地域力活用新事業全国展開支援事業の本体事業1年目事業の一環として実施されるもので、国内はもちろん外国人ツーリストに向けて地域の魅力をPRするために企画されました。事業ではその他、外国人ツーリスト向けの観光パンフレットの作成や地域イベントの開催などを予定しています。

 

 プレオープンは1月29日(月)。安芸灘とびしま海道の魅力がギュッと詰まった写真展を訪れれば、島に出掛けたくなること間違いなしです。

 

○安芸灘とびしま海道写真展

日時/平成30年2月1日(木)~12日(月・祝)

        9:00~18:00

会場/大和ミュージアム(呉市宝町2-20) 

お問合わせ/呉広域商工会 蒲刈支所 

                 TEL 0823-66-1055

1 / 9612345...102030...最後 »
このサイトを広める