アクティブニュース

全てみる

元気な矢野の商店街で楽しく買い物しませんか(安芸区矢野町)

【やのポイントカード】

お得情報・キャンペーン情報

 安芸区矢野地区では、地元の小売店が中心となって矢野町カード会を作り、ポイントを集めながら矢野地区での買い物を楽しんでもらうための“やのポイントカード”を発行しています。加盟店にて500円お買い上げごとに1マークを表示。100マークで満点となり、満点カード1枚で500円の買い物、もしくは指定金融機関に500円が預金される仕組みです。また、カード会企画のイベントへの参加特典も盛り込まれるなど、楽しく買い物ができ、地域の活性化につながるカードとして好評を博しています。

 

 この矢野カード会がこのほど新たに、ポイントカードの加盟店などを詳しく紹介するガイドブック「とくするけん」を発行しました。全87の加盟店を7つの業種に分け、1ページ1店ずつ紹介するほか、矢野地区の散策・歴史マップ、官公庁や病院などの暮らしに役立つデータも添えられています。2004年4月まで毎月1万円の買い物券が当たる抽選券付きで、希望者に無料で頒布します。気軽にお問い合わせください。

 

●お問い合わせ/矢野町商工会 TEL(082)888-3535

海田町商工会女性部設立20周年(安芸郡海田町)

海田町商工会女性部設立20周年(安芸郡海田町)

クローズアップ商工会

なし

 海田町商工会女性部の設立20周年を記念する式典が先月20日、海田町窪町のサンピア・アキ(JA安芸会館)で行われました。商工会女性部は昭和56年11月13日に設立され、現在部員は43名。社会研修部、スポーツ部、企画部の三部会で構成され、福祉増進活動やスポーツ振興事業などを通じて、地域振興に貢献しています。

 

 式典は、女性部が草案した誓いの言葉の斉唱に幕を開け、10年間在籍した方11名、8年以上役員を務めた方8名それぞれに感謝状、会長の森光子さんに特別功労の感謝状などが送られました。海田町町長、広島県商工会連合会会長はじめ15名の来賓が出席し、その後の祝賀会など、厳粛かつ和やかな雰囲気のもとで式典は行われました。設立20周年を迎えて森会長は、「諸先輩方の努力を継承しながらも、それに気負うことなく確かな足取りでこれからも歩み続けたい」、と気持ちを新たに。地域の福祉施設を訪問する理髪奉仕は今年で13年目を迎えました。この固い結束力と行動力をモットーに、住みよい地域、町づくりを目指す女性部の今後の活動に期待が高まります。

 

●お問い合わせ/海田町商工会 TEL(082)822-3728

加計に息づく伝統の舞をご覧ください(山県郡加計町)

【津浪神楽団】

地域イベント

なし

 県無形文化財に指定される伝統の太鼓踊りなど、山県郡加計町の津浪地区は古い郷土芸能が今に息づく場所です。その土壌に育まれた津浪神楽団もそのひとつで、今年で創設70周年を迎えました。古くは昭和34年の西中国選抜神楽競演大会第13回大会旧舞の部優勝をはじめ、広島県神楽競演大会第9回大会優勝、陰陽神楽競演大会第18回大会優勝など、数々の輝かしい実績も収めてきました。この津浪神楽団の創設70周年を記念して5月12日(土)、津浪小学校体育館で「神楽共演大会」が開催されます。

 

津浪神楽団の舞う「塵倫」、「鐘馗」のほか、津浪子供神楽や美土里町の横田神楽団による「紅葉狩」、石見神代神楽上府社中の「八岐大蛇」なども披露されます。入場は無料です。半世紀以上を経て、今も脈々と受け継がれる伝統の舞をこの機会に堪能してみてください。開場午後5時、開演午後7時。

 

●お問い合わせ/大会実行委員会 TEL(08262)2-0893
●お問い合わせ/加計町商工会 TEL(08262)2-1221

地域に貢献する会員の店舗がリニューアル(安芸郡熊野町)

【利益よりも、地域とお客様】

事業所・店舗紹介

熊野町 商工会

 先月25日、熊野町商工会商業部会会員の「ファミリーパークニシモト」が、熊野町のメーン通り、県道34号線(矢野安浦線)沿いに移転リニューアルしました。暮らしの衣料品店として、実用衣料や寝具、インテリアなどを多種多様に取り扱っています。
同店は昭和43年6月、西本綿業として創業。以来、「利益よりも、地域とお客様」をモットーに、熊野町における地域行事や公民館活動に率先して取り組むなど、積極的に地域活動に奉仕してきました。

 

 商業の枠組みを超えて、地域振興に貢献。その志を同じくする全国の同業者28店舗で組織するタチブキ会の会員でもあるニシモトのオープンに伴い、全国各地の商友も応援に駆けつけました。商工会からの支援などもあって新装なったゴールデン・ウィーク期間中は、海田、矢野、黒瀬からも連日多くの買い物客が訪れて賑わいました。熊野町で使える便利な電子マネーカードニコニコカードもご利用いただけます。営業時間午前9時30分~午後8時。定休日年始のみ。

 

●お問い合わせ/ファミリーパークニシモト 熊野町出来庭1681-1 TEL(082)854-6262
●お問い合わせ/熊野町商工会 TEL(082)854-0216

初めての人も参加できる、恒例のアーチェリー大会開催(佐伯郡佐伯町)

【さいきアーチェリー大会】

地域イベント

なし

 広島県内でも珍しいアーチェリーの専門コース、佐伯国際アーチェリーランド。経験豊富なインストラクターの指導を受けながら、初心者でも手軽にアーチェリーが楽しめる施設として人気を集めています。この佐伯郡佐伯町の佐伯国際アーチェリーランドで5月20日(日)、「さいきアーチェリー大会」が開催されます。

 

 今年で18回目を迎える恒例の大会で、「フィールドの部」、「ターゲットの部」2つの競技種目が用意されています。それぞれのカテゴリーでレベルと年齢に応じたクラスを設定し、2種目計12部門で勝敗を争います。フィールドの部ではイン・アウト計24コースを3~4名1組で回り、1コース3本ずつでスコアを競います。ターゲットの部ではクラスごとに定められた射程距離から各72射行い、合計スコアを競います。

 

 参加申し込みは5月7日(月)まで。定員になり次第締め切りです。参加費はフィールドの部3,000円、ターゲットの部大人3,000円、小人2,000円。

 

●問い合わせ/佐伯国際アーチェリーランド TEL(0829)72-0437

神楽の里で伝統の舞を堪能してみませんか(高田郡美土里町)

【特別公演「さつき選抜」】

地域イベント

 美土里町は県内でも有数の神楽の盛んな場所として知られています。現在でも13の神楽団が昔ながらの伝統を受け継ぎ、神楽を奉納しています。神楽門前湯治村の神楽殿や神楽ドームでは、冬季を除く週末に地元神楽団による公演が行われ、多くの神楽ファンを魅了しています。この神楽の里に広島県北各地から神楽団が集結し、神楽の競演大会を行う特別公演「さつき選抜」が今年も、神楽ドームを舞台に開催されます。

 

 9回目を迎える今年は、計13社中が出演。地元・横田神楽団の神降ろしに幕を開け、「岩戸」、「八岐大蛇」、「塵倫」など、それぞれが自慢の新旧の舞を披露します。さらに、島根県浜田市の石見神楽細谷社中など3つの神楽団が特別出演。大会に華を添えます。神楽ドームは広さ千畳敷におよぶ、最大3,000人が快適に舞台を鑑賞できる大ホールです。この機会に華麗な伝統の舞の真髄を堪能してみませんか。5月26日(土)午後1時開場、午後2時30分開演。チケットのお問い合わせは下記まで。

 

●問い合わせ/神楽門前湯治村 TEL(0826)54-0888

昔ながらの華やかな田植え風景を再現します(山県郡豊平町)

【厚東花田植】

地域イベント

なし

 山県郡豊平町には古くから、花田植えという行事がありました。農村行事のひとつで、かつて共同で田植えをする際に太鼓や笛などの楽器を用いて、田植え歌を歌いながら賑やかに苗を植えました。無病息災や豊作を願う農耕儀礼ですが、重労働の田植え仕事を楽しむための方法でもあったようです。花田植えの起源は中世にまでさかのぼると云われ、町内にある3つの田楽保存会の手によって今に受け継がれています。

 

 豊平町では毎年田植えの季節、厚東田ばやし保存会によってこの田楽が行われています。今年も5月20日(日)、志路原特設会場にて伝統の「厚東花田植」が催されます。飾り牛による代かき、太鼓、小太鼓、笛による囃子方、かすりを着た着物姿の早乙女による田植えなど、豊作を願い華やかな田園絵巻が繰り広げられます。山間の農村に再現される、昔ながらの農耕風景を楽しんでみませんか。神楽の上演もあります。

 

●お問い合わせ/豊平町産業課 TEL(0826)83-1122
●お問い合わせ/豊平町商工会 TEL(0826)83-0036

神楽の里で伝統の舞を堪能してみませんか(高田郡美土里町)

【特別公演「さつき選抜」】

地域イベント

 美土里町は県内でも有数の神楽の盛んな場所として知られています。現在でも13の神楽団が昔ながらの伝統を受け継ぎ、神楽を奉納しています。神楽門前湯治村の神楽殿や神楽ドームでは、冬季を除く週末に地元神楽団による公演が行われ、多くの神楽ファンを魅了しています。この神楽の里に広島県北各地から神楽団が集結し、神楽の競演大会を行う特別公演「さつき選抜」が今年も、神楽ドームを舞台に開催されます。

 

 9回目を迎える今年は、計13社中が出演。地元・横田神楽団の神降ろしに幕を開け、「岩戸」、「八岐大蛇」、「塵倫」など、それぞれが自慢の新旧の舞を披露します。さらに、島根県浜田市の石見神楽細谷社中など3つの神楽団が特別出演。大会に華を添えます。神楽ドームは広さ千畳敷におよぶ、最大3,000人が快適に舞台を鑑賞できる大ホールです。この機会に華麗な伝統の舞の真髄を堪能してみませんか。5月26日(土)午後1時開場、午後2時30分開演。チケットのお問い合わせは下記まで。

 

●問い合わせ/神楽門前湯治村 TEL(0826)54-0888

昔ながらの華やかな田植え風景を再現します(山県郡豊平町)

【厚東花田植】

なし

 山県郡豊平町には古くから、花田植えという行事がありました。農村行事のひとつで、かつて共同で田植えをする際に太鼓や笛などの楽器を用いて、田植え歌を歌いながら賑やかに苗を植えました。無病息災や豊作を願う農耕儀礼ですが、重労働の田植え仕事を楽しむための方法でもあったようです。花田植えの起源は中世にまでさかのぼると云われ、町内にある3つの田楽保存会の手によって今に受け継がれています。

 

 豊平町では毎年田植えの季節、厚東田ばやし保存会によってこの田楽が行われています。今年も5月20日(日)、志路原特設会場にて伝統の「厚東花田植」が催されます。飾り牛による代かき、太鼓、小太鼓、笛による囃子方、かすりを着た着物姿の早乙女による田植えなど、豊作を願い華やかな田園絵巻が繰り広げられます。山間の農村に再現される、昔ながらの農耕風景を楽しんでみませんか。神楽の上演もあります。

 

●お問い合わせ/豊平町産業課 TEL(0826)83-1122
●お問い合わせ/豊平町商工会 TEL(0826)83-0036

県内初、「シャクナゲ」がテーマのお祭りです(賀茂郡福富町)

【福富しゃくなげ祭り】

地域イベント

なし

 県内でも貴重なシャクナゲの群生地として知られる、賀茂郡福富町のクロボヤ別天地。ピンクの花が色づく春には、息をのむほどの美しい光景が辺り一面に描き出されます。まさにこれからがシーズンで、町一番の見どころといえるでしょう。福富町では、町花に指定され、県の天然記念物でもあるこのシャクナゲの魅力を広く伝えるとともに、シャクナゲの保存育成の啓蒙を図ることを目的に5月13日(日)、「福富しゃくなげ祭り」を行います。県内初のシャクナゲにちなんだお祭りの開催です。

 

 当日は福富町西公民館を会場に、シャクナゲの販売や苗木の無料配布、スライド上映やパネル、絵画の展示、町でのシャクナゲ保存育成活動の紹介などが予定されています。イベントを通じて、町花として親しまれるシャクナゲの魅力、「シャクナゲのまち福富」を広くPRしていきます。今回の催しを、より本格的な展開を目指す来年へ向けてのプレ・イベントと位置付け、町も初の試みに意欲的。期待が持てそうです。

 

●問い合わせ/福富町商工会 TEL(0824)35-2051

このサイトを広める