アクティブニュース

全てみる

中国醸造が手掛けるMade in 広島のクラフトジン『SAKURAO GIN』の販売がスタート(上下町商工会)

[県内の厳選したボタニカル成分をブレンドしたジン。成分のひとつ“緑茶”を上下町の小倉園が提供]

事業所・店舗紹介

上下町 商工会

3月に中国醸造が発発売した『SAKURAO GIN』。リミテッドは専用のケース付きです。

 2018年、洋酒の新たな可能性へ挑戦するため、広島発のクラフト蒸留所『SAKURAO DISILLERY』を設立した中国醸造。3月5日に、新商品の『SAKURAO GIN』が発売されました。 芳醇な香りを生み出すレモンや川根ゆずなどの柑橘、ヒノキ、牡蠣殻などのボタニカルを原料に使用し、ボタニカルの深みのある味わいと伝統的なジンの風味が融合したアロマが特徴です。

 

 ボタニカル成分のひとつ、緑茶を提供しているのが上下町会員事業所の『小倉園』。無農薬特別農法でお茶を栽培し、自社で加工。年間約9トンの茶葉を製造しています。平成18年には、県が定める“安心ブランド”に認定されました。代表の秋山さんは、お茶の本場静岡で3年間修業を積んだ後、父が創業した小倉園を事業継承。自社で栽培した安心安全な茶葉を手間暇かけて丁寧に加工しています。「昔ながらのお茶の味を大切にしながら、さらに美味しさと美しい色味を追求したい」と真っ直ぐな思いを語ってくれました。

 

 『SAKURAO』に使用されているのは、越冬して甘みや旨みをため込んだ一番茶のみ。その中から本来特上茶になる上質な茶葉を厳選して提供しています。その他の成分も広島を代表する一品揃い。『SAKURAO』は9種類のボタニカル成分をブレンドした“オリジナル”(2160円)と17種類のボタニカル成分をブレンドした“リミテッド”(5940円)の2種類が用意されています。各生産者がこだわり抜いて作った素材をふんだんに使用した新しい広島のお酒。家飲みからちょっとしたパーティーまで、幅広く活躍してくれそうです。

 

自然豊かな上下町に広がる小倉園の茶畑。もうすぐ一番茶の茶摘みが始まります。

 また、小倉園のお茶は上下町の直売所のほか、ひろしま夢ぷらざ(中区本通8-28)やとれたて元気市(安佐南区大町東2-14-12)などでも購入できます。安心安全で風味豊かな茶葉をぜひご賞味ください。

 

○小倉園

住所/府中市上下町深江504

TEL/0847-62-2594

受付時間/9:00~19:00

このサイトを広める