アクティブニュース

全てみる

お店紹介-Cafe Repos(世羅町商工会)

[明治6年に建てられた古民家を改装したカフェ。自然の中で心と体を休める癒しの時間を満喫]

事業所・店舗紹介

世羅町 商工会

ナマケモノをモチーフにした愛らしい看板が目印です。

ナマケモノをモチーフにした愛らしい看板が目印です。

 のどかな風景が広がる世羅町の山間でカフェを営むのは福山市からIターンで祖父母の家があった世羅町に移住した西原さん姉妹。築140年の古民家を改装し、昨年12月に「Cafe Repos(カフェルポ)」をオープンしました。「ルポ」とはフランス語で「休息」の意味。「自然の中でゆっくり休んでほしい」という想いを店名に込めています。

 

 店内は当時の柱や梁、建具を残して古民家の雰囲気を最大限に楽しめる癒しの空間。メニューには、近隣の農家さんが栽培したものや産直市などで仕入れた世羅町産の新鮮な野菜をふんだんに使用しています。お米もカフェのある徳市地区で収穫されたコシヒカリを栄養価の高い七分づきで提供しています。

 

 ランチメニューは一汁三菜ランチ(850円)、スフレドリア(850円)、タイ料理のガパオライス(850円)の3種類。+150円でドリンク、+300円で自家製のデザートもオーダーできます。

 

11時から14時まで楽しめるランチは3種類。デザートもチョコチーズケーキやシフォンケーキなど3種類用意されています。

11時から14時まで楽しめるランチは3種類。デザートもチョコチーズケーキやシフォンケーキなど3種類用意されています。

 一汁三菜ランチは「おから」のハンバーグや生姜焼きなどバラエティ豊かなメニューが登場するメインと副菜が2品、サラダ、ご飯、汁ものがセットになった人気メニュー。世羅町の旬をたっぷりと盛り込みます。チキンライスの上にホワイトソースとふわふわに立てたメレンゲをのせて焼き上げたインパクト抜群のスフレドリアやタイ料理のガパオライスもオススメ。また、オリジナルブレンドのコーヒーなど、カフェメニューも充実しています。

 

 西原さんは商工会のサポートを受け、世羅町の「新規創業支援助成金」を活用して店をオープン。今年は小規模事業者持続化補助金の採択をめざして、商工会主催の勉強会などにも参加しています。「持続化補助金で玄関前のスロープに手すりをつけたり、ワンちゃんとも一緒に楽しめるテラス席を設けたい」と意欲的です。

 

落ち着いた古民家の雰囲気の中に、お二人が好きな北欧雑貨が映える店内。

落ち着いた古民家の雰囲気の中に、お二人が好きな北欧雑貨が映える店内。

 今後は店頭で近隣農家さんの野菜を販売したり、プリザーブドフラワーやカルトナージュなどのワークショップも開催していきたいとのこと。「この周囲には美味しい野菜を作っている農家さんがいっぱいあります。消費者の声も届けながら地域が元気になる一翼が担えれば嬉しい」と西原さん。

 

 ほっこりと和む癒しのカフェで、美しい景色とキレイな空気、そして自然の恵みいっぱいのランチを心行くまでお楽しみください。

 

○Cafe Repos

住所/世羅郡世羅町徳市1182-2

電話/0847-29-0568

営業時間/11:00~17:00

定休日/水曜、木曜(祝日の場合は営業)

このサイトを広める