アクティブニュース

全てみる

café&Gallery天仁庵

創業130年の呉服屋が仕掛ける、「人との繋がり」を大切にしたカフェギャラリー

事業所・店舗紹介

呉広域 商工会

café&Gallery天仁庵

▲築130年の建物を活かした重厚感あふれる佇まい。壁には波や泡のデザインが施されています。

 

音戸大橋のたもとに位置する「café&Gallery天仁庵(てんじんあん)」。もともとは、創業1882年、130年以上の歴史を誇る老舗の呉服専門店でした。地元の顧客を中心に、地域密着の「数田呉服店」として長年営んできましたが、時代の流れとともに呉服の需要は減少。事業の方向転換を模索していた時、NHKの大河ドラマ「平清盛」で音戸町が脚光を浴びるのを機に、2012年「天仁庵」へとリニューアルました。

 

これまで敷居が高いと感じられていた呉服店のイメージを払しょくするため、誰でも気軽に訪れやすいカフェ「Shunpu(しゅんぷう)」を併設。手作りスイーツのほか、ランチ(1780円)も楽しめます。ランチでは、「ここでしか味わえないものを」との想いから、近隣の農家や漁師から仕入れた新鮮な食材をふんだんに使用。手間暇かけた11品がバランスよく並ぶ贅沢な内容です。

 

カフェに隣接するショップスペースでは、県内外の作家が手掛けた作品をはじめ、made in Japanにこだわった雑貨を販売。手仕事で心を込めて作られた、オンリーワンの生活雑貨に出合えます。また、素材やデザインにこだわった洋服も販売しています。

 

その他、不定期でイベントを開催しているギャラリー、陶芸教室などのワークショップなども開催。5代目にあたる専務の数田祐一さんは「ここを人が集い、人と人との繋がりを大切にしていける場所にしたい。人が集まればいろいろなアイデアが生まれる。自分も成長しながら、どんどん新しいことにチャレンジしていきたい」と話します。

 

「数田呉服店」と商工会との繋がりは深く、祐一さんの祖父は広島県商工会連合会の会長を務めた数田孝一さん。2012年のリニューアルの際には、呉広域商工会のサポートを受けて、経営革新計画を作成し採択されました。また、昨年は持続化補助金も取得。パンフレットやホームページの作成、建物の修繕などに活用しています。

 

築130年の古民家の雰囲気を活かし、古いものと新しいものを絶妙にミックスさせたコンセプトショップ。ゆったりとした時間の流れを感じられる店内で、のんびりと過ごしてみませんか。

 

○café&Gallery天仁庵
住所/呉市音戸町引戸1-2-2
電話/(0823)52-2228
営業時間/10:30~18:00
定休日/木曜

天仁庵のホームページはこちら

このサイトを広める