セミナー・プロジェクト

全てみる

『売れる商品づくりのための商品力&営業力UPセミナー』がスタート!  (県連)

[売れる商品づくりについて学ぶ全3日のカリキュラム。自社商品の商品力UPを目指す]

セミナー・プロジェクト

受講者それぞれの状況に応じたアドバイスを行う渡貫久氏

 7月3日(水)、広島県商工会連合会は食品・雑貨等を扱う製造業の事業主や商品開発を担当者等を対象とした『売れる商品づくりのための商品力&営業力UPセミナー』の第1回目を開催しました。

 

 講師は、株式会社ユーミックプロデュース代表取締役で中小企業診断士の渡貫久氏と、中小企業診断士の小倉綾氏の2名。座学とワークショップの2本立てで全3日のセミナーは進みます。

 

 第1回目となったこの日は、講義で「まず売れる商品とは何か?」を商品開発や販路開拓の面等、様々な段階から解説。商品開発の取り組み事例を交えながら、ターゲットの年齢や性別を意識したネーミング、色づかいなどについても学びました。

 

ワークショップにてわかりやすく説明する小倉綾氏

 後半のワークショプでは受講者が商品の棚卸シートを作成。自社商品の特徴を明確にし、グループ内のメンバーを消費者と想定したプレゼンテーションを実施。今後の商品改良や商品開発に繋げられるよう、それぞれの商品についての意見やアイデアを出し合いました。自社の商品と向き合いながら、その魅力と改善点について考える受講者たちの表情は真剣そのもの。商品だけでなく、営業の進め方についても参加者同士で活発に意見交換を行っていました。

 

 また、7月9日(火)には第2回目として、営業力をテーマに開催。商品力を高めたうえで、これをいかにバイヤー等へ売り込んでいくのか、その営業手法を学びました。最終回である第3回目は7月17日(水)を予定しており、全3回のセミナーを通して新商品の開発や既存品のブラッシュアップ、実際に販売に繋げるための営業手法まで、売れる商品づくりのためのノウハウを学びます。また、希望者には、7月24日(水)に個別相談会を実施予定。講師2名から自社商品に対する具体的なアドバイスを受け、より良い商品開発に繋げます。

 

『キャッシュレス決済・軽減税率対応セミナー&体験会』に参加しませんか?(広島安芸商工会、広島東商工会、府中町商工会、熊野町商工会)

[今ならお得に導入できる!キャッシュレス決済・軽減税率対応レジに関するセミナーと端末の体験会を実施]

セミナー・プロジェクト

 7月22日(月)、広島安芸商工会、広島東商工会、府中町商工会、熊野町商工会の4商工会が合同で『キャッシュレス決済・軽減税率対応セミナー&体験会』を開催します。セミナーでは、これから訪れるキャッシュレス社会の概要や各社の決済端末の特徴、軽減税率と軽減税率対策補助金(レジ補助金)についてそれぞれのプロが解説。また、会場にはPayPay(株)、Air PAY(リクルート)など5~6社のキャッシュレス決済事業者とCASIO、東芝テック(株)など3社のレジ事業者が出展し、その場で実機を見て、触れて、相談できる体験会も実施します。

 

 10月の消費税引き上げに伴い、政府は軽減税率制度の導入と対象店舗でキャッシュレス支払いをした方に、ポイント還元等を実施する景気対策を打ち出しています。また、軽減税率導入に伴うレジの買い替えや会計対応等の準備が必要です。準備がまだの方や導入に不安があるという方は、この機会にぜひご参加ください。

 

 参加希望の方は下記にリンクしたチラシを出力の上、必要事項を記入して広島安芸商工会までFAX(082-822-0924)にてお送りください。4商工会以外の地域から参加希望の方は、広島安芸商工会に事前にご相談ください。申込締め切りは7月16日(火)まで。キャッシュレスについて学んで体験できるこの機会に、導入を検討してみませんか?

 

 

申込用紙はこちら

 

○売上UP・販路開拓につなげよう!

キャッシュレス決済・軽減税率対応セミナー&体験会

日時/2019年7月22日(月) セミナー14:00~16:00、相談・体験会14:00~17:30、

会場/サンピア・アキ(安芸農協会館) 安芸郡海田町窪町8-8 4階

参加費/無料

定員/70名 ※定員になり次第締め切り

お問合わせ/広島安芸商工会 TEL 082-822-3728

 

『令和元年度 パワーアップセミナー』を開催します(県連)

[日々事業者をサポートする経営指導員約130名から選ばれた5名が経営支援事例を発表]

セミナー・プロジェクト

昨年度、最優秀賞に輝いた高陽町商工会の熊谷典之さん

 6月29日(土)、広島市文化交流会館(広島市中区加古町)にて、広島県商工会職員協議会のパワーアップセミナーが開催されます。このセミナーは商工会職員の資質向上のために毎年実施されており、経営指導員による経営支援実例発表大会も行われます。

 

 事例発表大会に出場する発表者の選出は、約130人の経営指導員から提出された経営支援実績を専門家が審査してランク付け。今年度のテーマ『被災事業者の支援』『女性指導員による支援』に合わせて、最終選考に5名が残りました。

 

 発表を行うのは安古市町商工会の紙川祐次さん、呉広域商工会の西野正治さん、呉広域商工会の藤田輝宏さん、世羅町商工会の濱﨑章さん、三次広域商工会の越道万里江さん。

 

 昨年度の経営支援実例発表大会で最優秀賞に輝いた高陽町商工会の熊谷典行さんは、中国大会でも最優秀賞に選ばれ全国大会に出場しました。発表者たちは、より素晴らしい支援事例を発表しようと準備を進めています。

 

 セミナーは報道関係者の方の参加も可能です。こうした商工会の取り組みをたくさんの方に知っていただきき、地域経済の活性化に貢献したいと考えています。

 

○パワーアップセミナー

日時/2019年6月29日(土)13:00~17:20(経営支援実例発表大会は13:20~15:25)

会場/広島市文化交流会館(広島市中区加古町3-3)

お問合せ/広島県商工会連合会 指導部 指導課 TEL082-247-0221(代)

 

佐伯区内102事業所にミステリーショッピングリサーチを実施      (五日市商工会)

[覆面調査でお客様から見た良い点・悪い点を点数化。顧客満足度の向上をめざす]

セミナー・プロジェクト

報告会ではレポートの見方なども説明。分かりやすく解説しました

 五日市商工会は2019年1月、佐伯区内で飲食業や食品製造販売を営む会員102事業所に対するミステリーショッピングリサーチ(覆面調査)を実施しました。

 

 ミステリーショッピングリサーチとは、接客サービスを改善するための手法で、アメリカで生まれました。アメリカでは飲食店や小売店、銀行、行政機関など、多くの店舗・施設で導入されています。今回の調査では、調査員が一般客として店舗を訪れ、お店で感じたことを80項目にわたって評価。レポートにまとめました。

 

 同商工会では、平成30年度伴走型小規模事業者支援事業の一環として予算化し、参加店舗102店をとりまとめ、調査会社に一括発注しました。お客様の目線で見た、店の良い点・悪い点を明確にし、レポートとしてフィードバック。そこで見つけた課題について、事業者と商工会が一緒に考え、長く地域で支持されるお店づくりに努めます。

 

 2月21日(木)には、今回業務委託したミステリーショッピングリサーチの最大手『株式会社MS&Consulting』の竹原氏を講師に迎えた報告会も行われました。冒頭、竹原氏は「お客様満足は、そこで働いているスタッフの満足に繋がる。人手不足の今だからこそ、お客様満足度の向上に努めてほしい」と話し、参加した事業者同士のディスカッションを交えながら講義を行いました。各事業者に配られたレポートは、80項目が点数化され、それぞれ調査員のコメントがびっしり。「もっといい点数がつくと思った」と話す事業者に対して、「お客様によって感じることは様々。点数よりも、コメントをしっかり読み解いて、感動できるポイントを増やしていくことが“愛される店”に繋がる」とアドバイスを贈っていました。

 

●お問合せ/五日市商工会 TEL 082-923-4138

『基調講演 クレワングランプリ・事例発表大会 オールクレ異業種交流会 クレコレ商談会』開催(呉広域商工会)

[基調講演では今、注目の働き方改革について学習。交流会や商談会でビジネスチャンスも創出]

セミナー・プロジェクト

 2019年1月30日(水)、呉森沢ホテルにて呉広域商工会が主催する『基調講演 クレワングランプリ・事例発表大会 オールクレ異業種交流会 クレコレ商談会』が開催されました。このセミナーは販路開拓支援事業の一環として同商工会が毎年実施しているもので、今年で5回目。新商品の開発支援や販路開拓、参加事業者同士のマッチングなど、「人」「企業」「支援機関」の連携により、地域ぐるみで小規模事業者・中小企業の支援に取り組んでいます。

 

 第1部の基調講演では、広島総合社会保険労務士法人の代表社員 石井孝治氏が「働き方改革と人手不足の対応について」をーテーマに講演。第2部では事例発表大会が行われ、新商品の開発や新事業の成功例、補助金の活用例として、有限会社上田忠の上田考勢さん、ナオライ株式会社の三宅 絋一郎さん、有限会社森川製針の森川 翔平さん、数田呉服店の数田 祐一さんら計9名が発表を行いました。

 

『クレワングランプリ2018』を受賞し、喜びの挨拶をする有限会社瀬戸鉄工の瀬戸勝尋さん

 その後、平成30年度伴走型事業・都市圏のテストマーケティングにおいて、消費者評価、バイヤー評価ともに優秀な成績を収めた事業所に贈られる『2018クレワングランプリ』の授賞式を実施。栄えある第一回のグランプリには、有限会社瀬戸鉄工の『十割ちっぷす』が輝きました。

 

 第3部は地域内の量販店、都市圏の百貨店バイヤーを迎えたクレコレバイヤーズ商談会に14名が参加し商談が行われました。オールクレ異業種交流会で集まった参加者たちは、新たなビジネスチャンスを求めて積極的に交流し、自社のPRや情報交換を行っていました。

えたじまブランド認定証交付式典及び『オイスタージェネックな102品のレシピ』発表会開催(江田島市商工会)

[第2回のえたじまブランド認定アイテムが決定。認定アイテムを活かしたSNS映えするレシピの試食会も開催]

セミナー・プロジェクト

今回認定を受け、認定証を受け取った事業所代表のみなさん

 2019年1月16日(水)、江田島市コミュニティセンターにて、えたじまブランド認定証交付式典及び『オイスタージェネリックな102品のレシピ』発表会が開催されました。『えたじまブランド』とは、江田島市商工会が事務局を務める『江田島市地域ブランド推進協議会』が江田島市内の特産品のうち、秀でたものを認定。認定事業者の支援を通じて市の経済活性化を目指しているもので、認定は今回で2回目です。厳正な審査のもと認定されたのは、25事業者の52品目。17事業者だった第1回を大きく上回りました。式典では、認定を受けた事業者に認定証が手渡されました。

 

 式典終了後には、カキとえたじまブランド認定商品を組み合わせた、SNS映えする『オイスタージェネリック102品』が発表され、試食会も催されました。式展当日はマスコミ各社も多数取材。夕方のニュース番組でも大きく取り上げられました。

 

 今後、江田島市地域ブランド協議会は第2回認定品を中心として、江田島市内の経済を活性化させるとともに、通販サイトの開設、江田島市内でのえたじまブランド試食会の開催、商談会、展示会等を通じて認定事業者の支援を強力に推進する予定です。

 

●お問合せ/江田島市商工会 TEL0823-42-0168

アメリカと日本の経済について考える講演会を開催(尾道しまなみ商工会)

[テレビでもおなじみの政治学者・中林美恵子氏がこれからの経済を分かりやすく解説]

セミナー・プロジェクト

 2月4日(月)、尾道しまなみ商工会が主催する講演会が開催されます。講師は早稲田大学社会科学部教授で、政治学者の中林美恵子氏。『アメリカと日本の政治・経済を考える トランプ政権と日米関係、日本経済の行方』をテーマに今年の経済の動向を考えます。

 

 同商工会では今後も会員事業所が経営に活かせる講演会やセミナーを開催する予定です。

○アメリカと日本の政治・経済を考える トランプ政権と日米関係、日本経済の行方
日時/2019年 2月4日(月) 開場18:00、開演18:30
会場/尾道市民センターココロ文化ホール
参加費/無料 ※要整理券
定員/400名 ※定員になり次第締め切り
お問合わせ/

尾道しまなみ商工会 TEL 0848-44-3005
 御調支所      TEL 0848-76-0282
 瀬戸田支所     TEL 0845-27-2008

地域の学生と事業者のコラボ企画が進行中(安古市町商工会)

[事業者と学生がコラボした新商品・新メニューがいよいよ完成。地元のまつりに初出店]

セミナー・プロジェクト

安佐南区民まつりの様子。会場には、松井市長も来場し大いに盛り上がりました

 現在、安古市町商工会が中心となって、学生と事業者が連携して新商品や新メニューを開発するコラボ企画が進行中です。10月5日、安田女子大学で管理栄養学科の学生や事業者商工会役員と職員、マスコミ関係者を対象とした大試食会が行われました。ここでのアンケート結果を元に、各事業者が商品をさらにブラッシュアップ。概ね完成した商品を、11月4日(日)に開催された安佐南区民まつりでテスト販売しました。

 

 販売を担当したのは安西高校の学生たち。『神戸サンド屋』は広島のレモンを使ったサンドイッチや鹿肉を活用したサンドイッチなどバラエティ豊かなサンドイッチ、『株式会社なんじゃろー』は、広島市で栽培された青パパイヤを使ったポン酢、『めんめん』は、青パパイヤ使用した餃子、『たこ焼き八十』はイタリアンたこ焼、梅たこ焼を販売。ほとんどの商品が完売し、大きな注目を集めました。

 

 11月26日(月)には、マーケティングや食の専門家を招いて、商品評価会も開催しました。各商品やメニューをさらにブラッシュアップします。こうして完成した商品は、1月に夢ぷらざでテスト販売を行い、青パパイヤ餃子と青パパイヤポン酢は銀座にある広島のアンテナショップTAUでの販売も目指すこととしており、今後の販路拡大への期待も高まっています。

 

 ●お問合せ/安古市町商工会 TEL/082-877-1180

※商品の詳細は安古市町商工会フェイスブックをご覧ください。

フェイスブックページはこちら

 

●コラボ商品の購入に関するお問合せ

神戸サンド屋   TEL082-878-0254

(株)なんじゃろー  TEL082-225-7568

めんめん     TEL090-4107-6653

たこ焼八十    TEL082-878-3380

『平成30年 基調講演・事例発表交流会・クレコレバイヤーズ商談会』参加者募集!(呉広域商工会)

[講演会や事例発表大会、商談会など、事業に役立つ情報や出会いが盛りだくさん]

セミナー・プロジェクト

 1月30日(火)、呉森沢ホテル(呉市本町)にて呉広域商工会主催のセミナーが開催されます。3部で構成されたセミナーの第一部は、広島総合社会保険労務士法人の石井孝治氏を講師に迎え、働き方改革や人手不足の対応について学ぶ講演会。第2部では、補助金採択事業者による商品開発事例発表大会が行われます。3部では異業種交流会と希望者を対象としたクレコレバイヤーズ商談会を開催。一度に様々な学びと事業者に出会える絶好の機会です。

 

 クレコレバイヤーズ商談会では、地域内の量販店や都市圏の百貨店バイヤーを招き、販路開拓や商品のブラッシュアップを目指す事業者をマッチング。新商品や旬な商品などグループでの売り場提案も目指します。商談会への参加は事前の申込みが必要です。出展希望の方は同商工会までお問合せください。

 

 普段なかなか出会えない異業種が集う大会は、新たなビジネスパートナーを見つける大きなチャンスです。セミナーに参加希望の方は、下記の申込用紙を出力の上、必要事項を記入して同商工会までFAX(0823-87-3318)またはメール(sasaki-takashi@hint.or.jp)にて、お送りください。

 

申込用紙はこちら

 

◯基調講演・事例発表交流会・クレコレバイヤーズ商談会
日時/平成31年1月30日(水)13:00~
会場/呉森沢ホテル(呉市本町15-22)
定員/50名
参加費/無料
お問い合わせ/呉広域商工会 TEL 0823–70–5660

『経営戦略サポートセミナー』に参加しませんか?(呉広域商工会)

[商品開発・販路開拓の第一人者の有名講師が、その極意を伝授する4日間のカリキュラム]

セミナー・プロジェクト

 1月16日(水)、18日(金)、23日(水)、25日(金)の4日間、呉広域商工会が『経営戦略サポートセミナー』を開催します。講師は商品開発・販路開拓の第一人者である松浦由浩氏。倉敷市児島で生まれた“倉敷オーダージーンズ”の全国展開や岡山県勝英地域で採れる大粒の黒豆“作州黒”を使った新食感の和せんべい菓子などの仕掛け人です。

 

 初日は『売れる商品開発』と題して、地域資源を活用した商品開発について事例を挙げながら分かりやすく解説。2日目にはグループワークを交えながら、マーケティング戦略と販売戦略を策定します。3日目は経営計画の策定と、事例を交えながらITを活用した顧客へのアプローチ方法や情報発信方法を学習。4日目は、3日目で策定した経営計画をさらにブラッシュアップして完成させます。

 

 4日間のうち、1日だけの参加も可能です。受講希望の方は下記の申し込み用紙を出力の上、必要事項を記入して呉広域商工会本所までFAX(0823-87-3318)またはメール(sasaki-takashi@hint.or.jp)にてお送りいただくか、お電話(0823-70-5660)でお申し込みください。

 

 先着15名限定で、受講料は補助事業のため無料。商品開発や販路開拓に興味のあるという方はぜひご参加ください。

 

セミナーのお申し込み用紙はこちら

 

○経営戦略サポートセミナー
日時/1月16日(水)、18日(金)、23日(水)、25日(金) 18:00~21:00
会場/呉広域商工会 本所 呉市川尻町西1-1-1
参加費/無料
定員/15名 ※定員になり次第締め切り
お問合わせ/呉広域商工会 TEL 0823-70-5660

1 / 2312345...1020...最後 »
このサイトを広める