クローズアップ商工会

全てみる

お店と学生がコラボした新商品の中間報告会を開催(安古市町商工会)

[学生と事業者のコラボ商品をお披露目。学生ならではの感性が詰まった新商品が登場]

クローズアップ商工会

学生によるプレゼンテーションの様子

 安古市町商工会が2017年から手掛けている地域の学生とお店によるコラボ商品の開発。これまで、サンドイッチやドレッシング、スイーツなど、様々な商品を誕生させてきました。昨年は新型コロナウイルス感染症の影響で一時ストップしたものの、今年、お店と学生たちが協力し2年越しで新商品が完成。10月6日(水)、関係者やメディア関係者を招いて中間報告会が行われました。

 

 報告会ではまず、学生たちが3つのチームに分かれて開発した商品に対する想いやコンセプトを説明。試食会後、率直な意見交換が行われました。今回新たに誕生した商品はパン、飲むプリン、春巻き3つ。ベーカリー「サニーサイドアップ」とのコラボでは、「廣島パン(仮)」と「廣島サイドアップ」の2種類が完成。廣島パンはハード系のパンに広島菜、音戸のしらす、チーズを入れた惣菜パン。学生たちが店で1日しっかりと修行をして、パンの基礎を学んで作ったものです。「食材の塩味とパンの相性が抜群」と好評を得ていました。

 

事業者、学生、同商工会関係者、メディアが参加して、試食会も行われました

 飲むプリンはサンドイッチ店の「神戸サンド屋」とスイーツ店「ラフラフ」、学生の3者がコラボ。「振って飲めるプリン」をキーワードに商品開発を進めました。これまで様々な食材を使って試作。固さを調整するため、材料の配合など何度も試行錯誤を繰り返した力作です。その結果、とろけるような滑らかさを実現。名前は「こもれびぷりん」。ネーミングやパッケージも学生が考案しています。

 

 すでに昨年完成し、実際に「餃子家 龍」でメニュー化されている「りんご×カスタード春巻き」は、さらなるブラッシュアップを目指して試食会に参加。庄原市高野町のリンゴ、廿日市市にある砂谷牛乳の牛乳、北広島町の「石本農場」の卵など、県内産のこだわりの素材を使用しています。

 

 今後は、今回いただいた意見を元に、商品をさらにブラッシュアップ。10月28日(木)には安田女子大学の構内でテスト販売が実施されます。新商品は来年1月に完成予定で、毎年2月頃開催される「中四国ビジネスフェア」への出展を目指します。ビジネスフェアを機に、販路開拓に繋げていきたいと考えています。また、クラウドファンディングを活用した販路開拓や広報活動も行っていく予定です。

 

●お問合せ 安古市町商工会 TEL 082-877-1180

広く情報発信するYouTubeチャンネルを開設(広島安芸商工会)

[第1弾は「海田さつまの素」を使ったレシピを、高校生が実演しながら分かりやすく紹介]

クローズアップ商工会

 近年では食べられる機会が少なくなっていた海田町の郷土料理「海田さつま」を気軽に食べてほしいと、海田高校家政科の生徒たちが株式会社ますやみその協力を経て商品化した「海田さつまの素」。今年2月に開催された広島安芸商工会主催の新商品発表会では、メディアや地元の飲食店などに向けて、商品開発への思いやアレンジメニューなどが紹介され、注目を集めました。

 

 さらに一般家庭でも手軽に「海田さつまの素」を活用してほしいとの思いからYouTubeチャンネル「広島安芸チャンネル」を開設。食欲がなくてもさっぱりと食べられる「冷や汁」やそうめんなどのレシピを、実際に生徒たちが調理しながら分かりやすく伝えています。

 

 今後は冬メニューの動画を作成予定。同商工会では、地域事業者への支援の一つとして、YouTubeやSNSの重要性を伝えるとともに、動画の作成支援や「広島安芸チャンネル」での情報発信などを行っていく予定です。チャンネル登録をぜひよろしくお願いします!

 

YouTubeチャンネル「広島安芸チャンネル」はこちら

 

○お問合せ 広島安芸商工会 TEL 082-822-3728

今年度14名が入部!青年部のローラー作戦が熱い!(神辺町商工会青年部)

[部員減少を受けて、部員拡大に特化した専門のプロジェクトチームを発足]

クローズアップ商工会

商工会や青年部の魅力を詰め込んだ「加入推進セット」。訪問した事業所に手渡します

 神辺町商工会青年部では、部員拡大を専門で行うチーム「Sプロジェクト」を立ち上げ、6月から活動をスタートしています。メンバーは営業職やサービス業など、コミュニケーション能力に長けた部員14名。その手法は地道なローラー作戦です。商工会員名簿から若手経営者・後継者・従業員などのターゲットを絞り込み、電話でアポを取ることからスタートします。リストアップから全て部員で行いますが、同商工会青年部の凄いところはここから。アポ取りのためのマニュアルを独自に作成し、電話のかけ方や言い回しなどをメンバー全員で共有しました。

 

 

 

 アポが取れた事業所には、Sプロジェクトのメンバーが2人一組で訪問。部長が登場するプロモーションビデオを見てもらったり、青年部や商工会のことが分かるチラシパンフレットを手渡したりしながら、「自身が成長できる」「人脈ができる」など、青年部の魅力を直接PR。こうした地道な活動が功を奏し、今年度4月からの3ヶ月(7月現在)で14名が青年部に入会し、今年度の目標をすでに達成しています。

 

入部式の様子。部長から一人ひとりに入部証が手渡されました

 また、7月27日には、新しく青年部の仲間になった部員が参加する入部式を初めて開催。入部証やインパルスバッジを贈呈し、名刺交換するなど部員同士の交流も深めました。今後は、青年部の理念や活動を紹介する研修会も開催予定。ざっくばらんに意見交換できるディスカッションも予定しています。入部後のフォロー体制も万全です。

 

 同商工会青年部ではSプロジェクトの活動により、さらなる部員拡大を目指します。

 

 

●お問合せ 神辺町商工会 TEL084-963-2001

YouTubeチャンネル「かんなべ経済レポート」配信スタート!(神辺町商工会青年部)

[デジタルコンテンツを活用し、青年部員事業所の魅力発信と部員拡大に挑む!]

クローズアップ商工会

 全国的に部員の減少が課題となっている商工会青年部。神辺町商工会も例外ではなく、今後3年間で20名が卒業する予定です。そこで大きなテーマになっているのが部員拡大。この課題を克服すべく、同商工会青年部では2021年5月に精鋭部員で構成された「Sプロジェクト」チームを立ち上げ、課題解決に取り組んでいます。このチームは、広報、デジタル推奨、部員拡大を専属で行うチーム。営業職などを中心に14名が参加しています。

 

 その活動のひとつとして6月からYouTubeチャンネル「かんなべ経済レポート」の配信をスタート。企画、取材、撮影、編集、アップロードまで全てを青年部員が担当するオリジナル番組です。これまで、新店舗や新商品などの話題性のある6事業所が登場。店舗や商品、人の魅力はもちろんのこと、青年部との関わりや想いを引き出し、青年部自体の良さも伝わるように工夫されています。

 

地元の情報誌2社に取材されるなど、その知名度はうなぎのぼり。今後は月2本のペースでアップロードする予定です。早くからデジタル化に取り組んできた同商工会青年部のクオリティの高さと熱意が感じられる「かんなべ経済レポート」。ぜひ、チャンネル登録をよろしくお願いします。

 

YouTubeチャンネル「かんなべ経済レポート」はこちら

 

●お問合せ

神辺町商工会 TEL 084-963-2001

県内初の女性青年部長誕生!(福山あしな商工会)

[下江美紗さんが青年部長に就任。コロナ禍でも部員同士や地域の方々と“繋がる”をテーマに事業を展開予定]

クローズアップ商工会

「コロナ禍でもできることをしっかりとやっていきたい」と下江さん

 4月8日、福山あしな商工会青年部の通常総会が行われました。そこで下江美紗さんが青年部長に就任することが承認され、県内初となる女性の青年部長が誕生しました。

 

 下江さんは平成27年に青年部に加入。令和2年には副部長を務めました。また平成30年度に青年部主催で開催したイベント『いっきゅうマルシェ ~ぼれあったきゃあ~』でも委員長に就任。6~7割の青年部員が参加し、団結力の高まりを全員が感じたイベントとなりました。下江さんも「簡単にできるだろうと思っていたことも、いざ一人でやろうとするとできないことばかり。みんなの協力がなければイベントの成功はなかったと思います。この活動で自分の足りないものにも気づくことができました」と振り返ります。

 

 当時の役員に「青年部長をやってみないか?」と声をかけられ、最初はとまどったという下江さん。「本気でやってみようと思えたのは、自分自身がもっと成長したいと思ったから。組織のトップに立ってみなければ見えない景色を私も見てみたい。自分自身にとってとても貴重な一年になると感じています。」と話してくれました。

 

 今年度の同商工会青年部のテーマは「繋がる」。新型コロナ感染症の影響で、多くの事業やイベントが中止を余儀なくされた昨年度。今年度は見通しが立たない中でも知恵を絞り、実行可能な事業を計画し、一人ひとりが楽しみながら活動してほしいと考えています。

 

4月8日、ローソンポプラとしてリニューアルオープン

 一方仕事では、営むポプラ福山芦田店が「ローソンポプラ」として生まれ変わりました。店内で炊いた炊き立てご飯が味わえる通称「ポプ弁」など、ポプラとしての魅力はそのままに、ローソンの強みであるスイーツが充実するなどパワーアップ。ATMも導入され、利便性も向上しました。福山市立動物園のほど近く。ドライブがてら、ぜひお立ち寄りください。

 

○ローソンポプラ福山芦田店

住所/福山市芦田町福田2717

TEL/084-950-0308

営業時間/24時間

定休日/なし

コロナ禍でもZoomを活用して積極的に活動!(神辺町商工会)

[“楽しむ”ことを忘れない青年部ならではの例会。Webをフル活用で組織全体の資質が向上]

クローズアップ商工会

 12月22日(火)、神辺町商工会青年部が毎月恒例の例会を開催しました。同青年部では、新型コロナウイルスの影響で集まることが難しくなった昨年6月からZoomを活用して、毎月定例会を実施。例年12月の例会はOBなどを招いた忘年会を行っていましたが、今年は「年忘れ!なかまづくりグランプリ!!~忘れかけた青年部の絆はYOU!~」と題して、例年とは一味違う取り組みを行いました。

 

 内容は、青年部員がそれぞれ自社PR動画を制作し、個人や自社の魅力をPRするというもの。参加者は「おもしろいで賞」「まじめで賞」「これは他に真似できないで賞」「これ俺にもできるんじゃね?賞」「笑顔がハンパないで賞」「チャップリン(無声)で賞」の6つの賞にそれぞれエントリーし、投票によって各優秀賞が決定。投票は投票ツールを使ってリアルタイムに集計されました。

 

 部員は1か所に3~4名の人数制限を設けて各会場から参加。1時間に1回換気タイムを設けるなど、感染症対策も万全です。

 

 水主川部長は、「web会議ツールを使った活動を始めて6ヶ月。最初は後ろ向きな発言もありました。しかし、毎月の例会開催の経験をみんなで重ねていくうちに、部員の多くがWeb例会の設営スキルを身につけることができるようになりました。それだけでなく、部員一人ひとりがweb会議の可能性の広がりを感じることができるようになったと思います」と振り返り、「今回の例会はその集大成。スクリーン越しでも仕切っていく力を組織として身につけることができたと思います」と自信をのぞかせます。コロナ禍を逆手にとって、前向きに取り組んだことが組織力の向上に繋がっていました。

 

 「この力は地域の中でも発揮できるはず」と水主川部長。「その力を真面目な活動としてだけでなく、“楽しむ”に活かせたことが青年部らしくいい会になったと思います」と話してくれました。

 

神辺町商工会青年部のFBはこちら

「#広島安佐エール飯」がついに始動!(広島安佐商工会)

[コロナ禍の中、前向きにがんばる飲食店を応援。SNSによる情報拡散で地域を元気に]

クローズアップ商工会

 広島安佐商工会は、同商工会HP( https://h-asa.jp/)に特設ページ「#広島安佐エール飯」を開設し、可部・安佐・佐東地区で事業を営む飲食店等を応援する取り組みをスタートしました。エール飯の仕組みはいたって簡単。飲食店は料理を作ってSNSに投稿、お客さんは来店したお店の料理を「#広島安佐エール飯」のハッシュタグをつけて投稿します。

 

 同商工会が行った新型コロナウイル感染症に関する緊急アンケート調査によると、景況動向について「売上減少」「景況感の悪化」と答えた事業所はそれぞれ70%以上、「客数の減少」「資金繰りの悪化」は60%と、全ての業種で先行の見えない状況であることが顕著に現れました。

 

 新型コロナウイルス対策で外出自粛が続き、来客数の大幅な減少、予約キャンセル等の影響を大きく受け、苦境に立っている業界のひとつが飲食店業界。そこで、デリバリーの強化やテイクアウトの開始等、新規事業への取り組みにより、道を開こうとしている飲食店を応援しようと、伴走支援事業の一つとして、同商工会エリアでも全国的に広がりを見せているエールプロジェクトをスタートさせます。店側、顧客側の双方から情報が拡散され、相互効果で地域が活性化することを目指します。

 

●お問合せ 広島安佐商工会 TEL 082-814-3169

コロナ禍の新しい商談会のカタチ「江田島市試食展示会&オンライン商談会」開催決定(江田島市商工会)

[首都圏のバイヤーと江田島市内事業者をオンラインでつなぎ、販路開拓をサポート]

クローズアップ商工会

牡蠣のリエット「KAKIJAN」のShirasuya e’sや広島県産オリーブオイル「安芸の島の実」の江田島オリーブファクトリーなど11の事業所が参加

 11月17日(火)、18日(水)の2日間、江田島市商工会が「江田島市試食展示会&オンライン商談会」を開催します。この商談会は、新型コロナウイルス感染症の影響で売上減少している江田島市内の事業者に対して、首都圏のバイヤーとオンラインで商談する機会を設け、販路拡大に繋げてもらおうと企画されたもので、江田島市内では初めての試み。広島県内でも珍しい取り組みです。

 

 商談会には、カキやオリーブオイルなどをはじめとする江田島市内の特産品を開発している11業者が参加。江田島市と東京都をオンラインで結び、首都圏のバイヤーとZoomを使って商談します。コロナ禍で県外への出張が困難な中、新たな販路開拓のカタチとして注目を集めています。

 

 東京の会場は、NIHONBASHI CAFEST(日本橋カフェスト)。商品の展示や試食品の提供、事務局スタッフによる商品説明が行われ、事業者は東京を訪れることなく、東京の食品バイヤーへ自社商品を紹介することが可能です。

 

 時代を生き抜くための新しい販路開拓のカタチとして注目を集めるオンライン商談会。多くの江田島市内事業者の販路拡大に繋がることが期待されています。

 

●お問合せ 江田島市商工会 TEL 0823-42-0168

 

福山あしな商工会青年部が2019年度商工会青年部全国大会「まちづくり部門」で表彰されました(福山あしな商工会)

[先輩から受け継いだ継続事業を大切に守りながら、新規事業にも果敢にチャレンジ]

クローズアップ商工会

左から備青連会長の行武さん、前部長の橘髙さん、部長の恵木さん、「いっきゅうマルシェ」副委員長の川上さん、委員長の下江さん

 福山あしな商工会青年部では、40年以上続く『青年部杯フットベースボール大会』や『青年部杯少年野球大会』など、地域の子どもたちのスポーツを通じた健全育成に主観を置いた事業を大切に継続してきました。

 

 ずっと継続事業だけを続けていた2017年、「一度、自分たちの好きなことをやってみよう」、そんな気持ちが部員たちから芽生えてきたと言います。「最初は自分たちが楽しみたいという気軽な気持ち。ここは過疎化が進んでいる地域。部員同士で話し合いを重ねる中で、地域と青年部が繋がりながら一緒に盛り上げていけることができないかと考えるようになりました」と当時部長を務めた橘髙常泰さんは話します。

 

1000人以上が来場し、大盛況の後に幕を閉じた「いっきゅうマルシェ」

 こうして誕生したのが『ぼれぇあったきゃー いっきゅうマルシェ』。イベントには地元のお店が出店し、ステージでは学生が書道やダンスなどのパフォーマンスを披露。当初1000人の来場者目標を立てていましたが、実際は1200人以上が来場しました。実行委員長を務めた下江美紗さんは「初めての経験で、壁にぶち当たったこともありましたが、出店したお店を利用して、『地元にこんないいお店があるんだ』と言ってもらえたり、学生たちの懸命なパフォーマンスを見ながら、笑顔を見せる方々を見ているとその苦労も吹っ飛びました。本気でぶつかった分、達成感も半端なかったです!」と振り返ります。副委員長を務めた川上定保さんも「今後も毎年2月の恒例イベントとして続いていきたい」と意気込みます。備青連会長の行武さんは、「他単会の協力も大きな力になった。青年部らしい横の繋がりの大切さを改めて感じました」と話し、協力してくれた他単会の青年部員へ感謝の意を表しました。

 

地域の小学生が作った動物紹介の看板を福山市立動物園に設置する「動物看板設置事業」など、その他にもたくさんの事業に取り組んでいます

 イベントには、同商工会青年部に所属する6~7割の部員が参加。団結力の高まりを全員が感じていました。「5年後にはメンバーの半数が青年部を卒業します。少ない人数でいかに地域を守るか。子どもたちがここに住み続けたちと思える楽しいまちを作り、自分たちもかっこいい見本でありたい。だからこれからも0から1を作る事業をやり続けていきたいです」と部長の恵木智士さん。イベントのカタチが変わっても、想いだけはずっと先まで伝わる事業をやり続けたいと願う部員たち。「他単会に影響を与えられる青年部にしたい!」。強い絆と想いを胸にこれから先も走り続けます。

 

●お問合せ 福山あしな商工会芦田支所 

TEL 084-958-5858

五日市商工会青年部のロゴマークが完成!(五日市商工会)

[広島市立大学芸術学部の学生と共同制作。青年部活動活性化の起爆剤に]

クローズアップ商工会

ロゴマークを手に笑顔の青年部メンバー

 新しく誕生したロゴマークのコンセプトは『未来に向かって進歩し、つながりを持って調和すれば無限の可能性が広がる』。デザインには『五日市』と『青年部』の頭文字、“i”と“s”を組み合わせて無限大『∞』を表現し、中央にはキャッチコピーの『MOVE ON!』を描いたさわやかなデザインに仕上げました。

 このロゴマークは、広島市立大学芸術学部の吉田幸弘教授監修のもと、学生とも意見を交わしながら青年部員が主体となり制作。アイデアを出し合いながら、最後は投票で決定しました。

 

完成した五日市商工会青年部のロゴマーク

 新しいロゴマークはピンバッジやTシャツ、名刺などに活用し、青年部活動の活性化につなげていく予定。同商工会青年部の茂木部長は「まずは一目で青年部だと分かってもらえるように周知することが大切。これを機に、これまで以上に地域の行事を盛り上げ、町をもっと元気にしていきたい」と話しました。

 

 ●問い合わせ/五日市商工会 TEL 082-923-4138

1 / 712345...最後 »