アクティブニュース

全てみる

事業所紹介−長谷川ゼミ(神辺町商工会)

[独自のティーチング法で、学力定着法とコミュニケーション能力アップを同時に]

事業所・店舗紹介

神辺町 商工会

 今年の4月に開講した『長谷川ゼミ』は、小学5年生から中学3年生を対象とした学習塾。学習能力を伸ばす詰め込みの進学塾とは異なり、勉強が苦手だと感じているお子さんやコミュニケーションに不安を抱えているお子さんに特化したカリキュラムで、その両面を伸ばすことを目的にしています。

 

 臨床心理士の資格を持つゼミ長の長谷川さんが講義で行うのは、1学年上の生徒が下の生徒を教える『ティーチング』という方法。「勉強に大切なのは習ったことを定着させること。上の学年のお子さんは、下の学年の子に教えることで漠然としていた考え方(解き方)が整理されます。教えるということは最大の定着法なんです」と話します。また、子どもなりに話し方や声をかけるタイミングを考えるうちに、人との距離感も自然に身に着くようになると言います。「教えることが自己肯定感や自尊感情に繫がり、本人自身が自分に自信を持てるようになることが最も大切」と長谷川さんは力を込めます。

 

「お子さんの将来の自立をお手伝いすることが当ゼミの最大の目標」と長谷川さん。

 長谷川さんは、サラリーマンを退職後、塾の講師や家庭教師を務める中で、不登校の子どもに出会いました。何気ない一言に傷つく繊細な心を知った時、臨床心理士の資格を取ることを決意。現在は塾の講師と並行して、スクールカウンセラーとして児童や生徒に寄り添ったり、看護学校で『人間関係論』を教える講師としても活躍しています。

 

 「うちの子には人に教えるなんてとてもできない」と思う親御さんもいるかもしれません。どんなお子さんでも、少しずつ変化を感じていただけるはずです。サポートもしっかり行いますので、まずは無料体験に参加してみてください」。

 体験会は5月18日(木)、23日(火)、25日(木)に開催します。人から学ぶ受動的な学習塾から人へ伝える能動的な学習塾へ。まずは、体験会でその魅力にふれてみませんか?詳しくはメールまたは電話にてお問い合わせください。

 

 また長谷川ゼミでは、心が温かくなる言葉や上手な断り方など、人との心地よい接し方を学ぶ『ソーシャルスキルトレーニング講座』や社会人の生き様や経験から学ぶ講演会も開催予定です。5月20日(土)には、講師に小川マチ子氏を招き『今を大切に生きる』をテーマにした講演会を開催します。時間は10:30より。定員は20名で参加無料です。参加希望の方は、メールまたは電話にてお申し込みください。たくさんのご応募お待ちしています。

●長谷川ゼミ
電話/090−9732−8575
住所/福山市神辺町川北1703−5 北川染工場2F
メール/tusk@hi3.enjoy.ne.jp

このサイトを広める