アクティブニュース

全てみる

商店街に活気呼び込む春祭り(山県郡北広島町)

[アート作品を多彩に展示したり、郷土色豊かなパレードや郷土芸能を披露]

地域イベント

なし

パレード、ステージ、露店は29日のみ。アートストリートは30日まで

 山あいの町に春の訪れを告げる「大朝春市(わさまち)」が今月29日(祝)、30日(日)の2日間、山県郡北広島町の大朝商店街で開かれます。大朝町商工会が主催して行う同町春の恒例行事で、商店街を舞台にしたアート展やパレードなどで町に活気を取り戻そうというお祭り。期間中、商店街をアートストリートとして公開。初日にはパレードや山車行列が町を練り歩き、ステージでの催しや各種団体の出店が勢ぞろいします。同町にある火災消除の守護神、愛宕神社の祭りとして始まった催しですが、今では地域住民、各種団体が参加してにぎわう、地域づくりの重要な行事として定着しているようです。

 アートストリートでは、商店街の14か所に絵画、写真、手工芸品、焼き物などの作品を展示。通りをギャラリーに仕立てて華やかさを演出し、訪れる人に商店街散策を楽しんでもらいます。「今では空き店舗が目立ち、商店街としての機能が低下している」と地元商店街の現状を説明しながら、「考え方を変えれば、空き店舗もひとつの資源」と話すのは同商工会経営指導員の栗栖和義さん。商店街の空き店舗を工房として活用して陶芸の創作活動を行ったり、童話作家・野口雨情の作品を展示するなど、空いた空間を有効に生かしたまちづくりに取り組んでいる人たちもいるようで、「期間中はさらに多彩な展示を行い、商店街に目を向けてもらうきっかけにしたい」と、栗栖さんはイベント効果を期待しているようです。

 メインとなる初日の見どころは、11団体が参加するパレード。町女性会による大朝音頭の行進に始まり、わさ火消し、大朝の昔話、わさまちくんち、田楽パレードなど、各団体が趣向を凝らし、郷土色豊かな山車行列やを繰り広げます。沿道にはたくさんの露店が並び、飲食も楽しめます。大朝支所前のメインステージでは、地元神楽団の公演や和太鼓演奏などもあり、山あいの商店街が祭り一緒に染まります。大朝商店街のにぎわいを楽しみに、みなさんも出かけてみませんか。

●お問い合わせ/大朝町商工会 TEL(0826)82-2576

(2006-04-19-A)

このサイトを広める