アクティブニュース

全てみる

せら高原に新名所が誕生(世羅郡世羅町)

[広島市民球場11個分の敷地に、自然とふれあえる広場やワイナリー、産直市などを整備]

事業所・店舗紹介

世羅町 商工会

オープン直後、たくさんの買い物客でにぎわうワイナリーショップ

 地元産のぶどうを使ったワイナリー、自然を生かした憩いの広場などを備えた観光施設「せら夢公園」が14日、世羅郡世羅町にオープンしました。せら夢公園は、広島の新たな魅力を創出する拠点として県と同町が一体的に整備を進めていた施設で、丘陵地を切り開いた27haの園内に自然とふれあえる“せら県民公園”と、醸造見学や食事などができる“せら農業公園”があります。地元に新たな名所が加わったことを、「世羅は今、本格的な花のシーズン。ゴールデンウィークも間近で、これまで以上に多くの観光客を呼び込むことが可能となるのでは」と世羅町商工会経営指導員の進藤大輔さんは歓迎。シーズン本番を迎えた花観光農園めぐりと合わせて、同町での滞在型観光を楽しんで、と呼びかけています。

 県民公園は、バラエティに富んだ5つの広場からなるスペース。公園の中心となる交流広場をはじめ、世羅高原の地形をミニチュア化したミニチュアガーデン、起伏のあるのんびり草原、芝生のレクリエーション広場、多目的広場などがあります。ミニチュアガーデンには、夢吊橋や八田原ダムなどをモデルにした遊具があり、遊びながら世羅の文化や歴史を学べるような工夫が。のんびり草原ではピクニック、レクリエーションではグラウンドゴルフなどのファミリースポーツを楽しむことができます。

 せら農業公園は、地元産のぶどうを使ったワイナリーやレストラン、夢高原市場などで構成。ワイナリーでは白赤の4種類のワインを醸造し、ワイン醸造を体感できる見学コース(季節限定)を用意。試飲も楽しめます。レストランは、地元の食材をふんだんに使った料理が自慢。地元野菜や米を使ったセットメニューやバーベキュー、ワインなどで世羅の味を堪能できます。野菜、味噌、寿司、餅など500種類以上の特産品が並ぶ夢高原市場では、地元農家が農産物を直売。対面販売を行って世羅産品の魅力をアピールしたり、生産者の声を届けたりします。

 花観光農園も続々とオープンし、せら高原は観光シーズン真っ盛り。世羅の自然と美味しさが詰まった夢あふれる公園へ、みなさんも出かけてみませんか。

●お問い合わせ/世羅町商工会 TEL(0847)22-0529

(2006-04-09-A)
「せら夢公園」の詳細はこちら(世羅町商工会のHPからリンク)

このサイトを広める