アクティブニュース

全てみる

芸北地方に春を呼ぶ雲月山の山焼き(山県郡北広島町)

[今年も4月8日、地域住民やボランティア約200人が参加して山焼きを実施]

地域イベント

なし

昨年より復活した雲月山の山焼き風景

 広島県と島根県境にある標高911mの雲月山は、柔らかなカーブを描く稜線や一面に広がる草原が美しく、天気がよければ頂上から西中国山地の大パノラマが楽しめるとあって、ハイカーに人気の高い山です。また一帯は山野草の宝庫ですが、雲月山のような草原で見られる植物は独特だとか。かつてこの山で牛や馬の放牧が行われていた時代には、そうした草原の環境は山焼きによって維持され、植生を保つことができていましたが、人手不足などにより山焼きが中止されると次第に樹木が成長し、山容が変わりはじめたといいます。このため山県郡北広島町の地元住民で組織する雲月山活性化委員会が中心となり、昨年8年ぶりに山焼きが復活。生態系保全と景観保存のための事業として継続していこうと、今年も4月8日に実施されました。

 防火帯の刈り取りや延焼防止のための見張りにはかなりの人手が必要なことから、当日は雲月地区の地元住民やインターネットなどで募集したボランティア約200人が参加。なかには関東や関西からの参加者もあったとか。この山焼きは観光イベントではないため一般の見学はできませんが、草原に燃え広がる炎と煙は圧巻で“芸北に春を呼ぶ風物詩”にふさわしい光景です。

 4月16日(日)には焼け跡を歩いて、火入れがどのように植物に影響を与えるかを観る雲月山の植物観察会(西中国山地自然史研究会主催)が予定されています。この時期に生えている植物は少ないのですが、山焼き直後の様子を見ておくことで、その後の山歩きが何倍も楽しくなるはず。定員は30名。興味のある方はぜひご参加ください。参加のお申込みは北広島町芸北文化ホールへ。

●お問い合わせ/芸北町商工会 TEL(0826)35-0633
●お問い合わせ/芸北観光協会 TEL(0826)35-0888
●お問い合わせ/北広島町芸北文化ホール TEL(0826)35-0070

<2006-03-6-B>

このサイトを広める