アクティブニュース

全てみる

夜桜ライトアップが始まる(安芸高田市八千代町)

[県内有数の花名所で夜桜見物を楽しんでもらおうと、500個のぼんぼり提灯を設置]

地域イベント

なし

今月24日に市や商工会の職員らがぼんぼり提灯約500個に飾り付けた

 桜の便りが各地から届くようになり、お花見の季節も到来間近となりました。桜の名所として知られる安芸高田市八千代町の土師ダムでは今月25日から、夜桜を演出するぼんぼり提灯の点灯がスタート。来月16日(日)までの期間を「八千代湖畔桜まつり」として、ぼんぼり提灯による夜桜ライトアップを行います。

 土師ダム周辺は、約6,000本の染井吉野が咲き誇る県内有数の桜の名所。訪れる花見客に夜桜を楽しんでもらい土師ダムをPRしようと、花見シーズンを前に今月24日、市や八千代町商工会の職員、地元の地域振興会のメンバーら約15人がのどごえ公園一帯に約500個のぼんぼり提灯を設置しました。同商工会が観光事業の一環として平成10年から毎年実施しているもので、開花期間中にぼんぼり提灯で花見客に夜桜を楽しんでもらえるよう演出しています。満開時の夜にはぼんぼり提灯に灯された明かりが幻想的なムードをかもし出し、訪れた人を感動の世界に誘います。

 気象台の予想では、桜の開花は全般に例年より早め。ぼんぼり提灯の取り付けを行った同商工会経営指導員の大原博文さんは、「ようやくつぼみが膨らみ始めたところ。今週末はまだ1、2分咲きくらいか。満開になるのは来週末あたりになるのでは」と予想。花見に出かけるなら来月8日(土)、9日(日)がベストな日取りとなりそう、と話します。

 同町佐々井の八千代文化施設、フォルテでは来月2日(日)、桜まつりステージショーとして「チャリティ子ども神楽発表会」を開催。地元の子ども神楽団と八千代神楽団、高猿神楽団などが春の到来を祝う舞の競演を繰り広げ、観客を沸かせます。入場無料。

 なお、安芸高田市6商工会が共同で運営する地域情報ポータルサイト“安芸高田どっとコム”で、土師ダム周辺の桜状況を随時公開していきます。桜の開花状況については、同サイトでご確認ください。

●お問い合わせ/八千代町商工会 TEL(0826)52-2542

(2006-03-16-A)
“安芸高田どっとコム”はこちら

このサイトを広める