アクティブニュース

全てみる

平家伝説の里にツバキが花開く(福山市沼隈町)

[約400種類、約500本のツバキが植えられた平家谷つばき園で一般公開始まる]

地域イベント

なし

4月下旬までさまざまな品種のツバキが楽しめる

 福山市沼隈町中山南横倉にある平家谷つばき園の一般公開が始まりました。昨年末の厳しい寒さの影響で開花が例年より遅れ気味ですが、ここに来てようやく白や黄、ピンクのツバキが花開き、園内を彩り始めたようです。

 平家谷つばき園は、約8,000㎡の園内に日本全国から集めた約400種類、約500本のツバキが植えられた庭園。直径5cm前後と小ぶりの花を咲かせる侘助椿(ワビスケツバキ)、明るいピンクの花で、一重のラッパ咲きの太郎冠者(タロウカジャ)、ふっくらと丸い花姿をもつ西王母(セイボオウ)などが色とりどりの花をつけ、盛花期には可憐な花と香りが園内を包みます。「今は2割程度の開花。今年の見ごろは例年より少し遅れて、4月上旬から中旬になりそう」と沼隈町商工会経営指導員の柳生年信さん。花色や咲き方の異なる多くの品種が栽培されているので、それぞれの花を見比べながらじっくり観賞を楽しんで、と来園を誘います。

 地域住民手づくりの園内には小川や滝が流れ、せせらぎや野鳥のさえずりを聞きながら閑静な自然が味わえます。遊歩道や休憩所もあり、お弁当を片手にのんびりと散策も楽しめます。また、つばき園のある横倉地区は、平家の落武者伝説が残る情緒あふれる山里。平通盛夫婦をまつった通盛神社、平家の軍旗である赤い旗をまつった赤幡神社など、平家ゆかりの旧跡や地名・伝説が数多く残されています。暖かくなった春の陽ざしを浴びながら、みなさんも沼隈町の平家谷で自然と歴史の散策を楽しんでみませんか。

 つばき園の開園は4月末まで(開園期間中は無休)。開園時間は午前9時から午後5時まで。入園料は大人500円、小中学生200円(団体20名以上10%割引)。無料駐車場あり(普通車100台)。

●お問い合わせ/平家谷ふるさと振興会 TEL(084)988-0178
●お問い合わせ/沼隈町商工会 TEL(084)987-0328

(2006-03-13-A)

このサイトを広める