アクティブニュース

全てみる

天然温泉でリフレッシュしよう(尾道市御調町)

[14種類の風呂がある温泉棟などを備えてリニューアルした尾道ふれあいの里が人気]

地域イベント

なし

岩風呂の露天風呂や効能豊かな炭酸風呂など14種類の風呂がそろう

 今月11日、尾道市御調町にオープンした“天然温泉 尾道ふれあいの里”。平成16年に宿泊研修施設“広島県立ふれあいの里”が旧御調町に無償移管されてから約2年。昨年春に温泉を掘削し、温泉を使用した温浴施設を増設するなど、“尾道の奥座敷”としてリニューアルオープンしたふれあいの里は、連日、温泉目当てに訪れる県内外からの多くの来場者でにぎわっているようです。

 尾道ふれあいの里は、広島県立ふれあいの里として昭和57年に開設された宿泊研修施設。約2年間にわたる改築整備で、温泉施設に生まれ変わりました。本館(さくら館)、温泉棟(ふれあい温泉館)、2つの宿泊棟(さつき館、はなみづき館)の計4棟で構成。体育館や多目的グランド、キャンプ場、テニスコートなどの付属施設もそろいます。

 施設の目玉はふれあい温泉館。地中800mで掘り当てた天然温泉は単純弱放射能冷鉱泉で、湧出量は毎分300リットル。慢性皮膚炎や動脈硬化、高血圧症、慢性婦人病などに効能があります。館内には、掛け流し湯や炭酸風呂、箱蒸し風呂など8種類の風呂からなる“ほほえみの湯”と、露天かけ流し湯、歩行浴槽など6種類の風呂がある“ふれあいの湯”2つの浴室があり、偶数日、奇数日で男湯と女湯が入れ替わります。なかでも自慢は、高濃度の二酸化炭素が溶け込んだ人工炭酸風呂。約37度のぬるめの湯で、温泉水に溶け込んだミクロの炭酸気泡が血行を促進し、細胞の新陳代謝を高めるというもの。「美肌効果やアトピーなどに効果が期待できる。神奈川県から3連泊で訪れる人もいるなど、ここは保養に限らず湯治にも最適な施設」と内海龍吉支配人。

 本館には、レストランや喫茶ラウンジ、宴会場、リラックススペース、アミューズメントコーナーなどが。宿泊棟には、“のんびり・ゆっくり健康づくり”をテーマに23室の和室、48室の洋室を完備。快適なサービスや癒し、くつろぎの空間が充実しています。現在、オープン記念特別プランとして“ご宿泊宴会得々プラン”(6名から。8,800円)、“日帰り温泉ご宴会プラン”(4名から。3,500円~)を実施中。

 周辺には、彫刻界の第一人者、円鍔勝三氏の作品を展示する円鍔記念館、家族で遊べるみつぎグリーンランド、町の特産品と情報が集まる道の駅・クロスロードみつぎなどの魅力あるスポットも点在。自然に恵まれたくつろぎの温泉で心と身体をリフレッシュしながら、みなさんも御調町の魅力をたっぷりと満喫してみてください。

●お問い合わせ/天然温泉 尾道ふれあいの里 TEL(0848)77-0177
●お問い合わせ/御調町商工会 TEL(0848)76-0282

「天然温泉 尾道ふれあいの里」概要

●営業時間
本館:午前9時~午後10時
ふれあい温泉館:午前10時~午後10時(同9時30分)
四季彩館(レストラン):午前11時~午後9時30分(オーダーストップ同9時)
福寿草(カフェラウンジ):午前9時~午後5時
こすもす(軽食):午前11時~午後8時

●利用料金
日帰り入浴料:大人800円、小人(中学生未満)500円
開店記念入浴回数券:10,000円(15枚綴り)
宿泊:1泊2食7,500円~(青少年・高齢者利用の場合、割引制度あり)
体育館使用料:500円/時間
研修室使用料:1,000円/時間

●駐車場
450台

●シャトルバス
尾道ふれあいの里から道の駅クロスロードみつぎ間、1日6便

(2006-03-12-A)
尾道ふれあいの里のホームページはこちら

このサイトを広める