アクティブニュース

全てみる

かんきつの味と魅力を満喫(尾道市瀬戸田町)

[ふだん食べることのできない世界のかんきつ類を収穫し、試食する体験ツアー開催]

地域イベント

なし

約600品種のかんきつ類を収集・展示。写真は、日本区のかんきつ風景

 全国有数のかんきつ類の産地、尾道市瀬戸田町のシトラスパーク瀬戸田で今月19日(日)、世界のめずらしいかんきつ類を収穫し、試食する「世界のかんきつ狩りツアー」が開かれます。同園は、世界のかんきつ類約600品種を収集・展示する日本で初めての柑橘公園。同ツアーは、同園で楽しみながらかんきつ類について学び、親しみをもってもらおうと企画されたもので、「めずらしいかんきつとふれ合いながら、楽しい時間を過ごして」と同園の久松寛明さんは参加を呼びかけています。

 同園の職員がガイドになり、園内を案内します。参加者はガイドの説明を受けながら指定された木で、指定された個数を収穫、試食します。収穫できるのは、中国福建省原産の福州キンカン(長寿金柑)、地中海諸国で栽培されている地中海マンダリン、瀬戸内沿岸ではめずらしい日向夏、同町特産の安政柑など10品種程度。同園ならではの希少な品種ばかりで、かんきつ類の魅力を体験しながらその美味しさを満喫できます。久松さんは、「文旦系で実が大きく、さっぱりであっさりとした味が楽しめる安政柑がおすすめ」と話し、滅多に食べられないかんきつ類を存分に堪能してと誘います。

 ツアーは午前11時、午後1時の2回出発。各ツアーの出発20分前からエントランス事務所前で申し込みを受け付け、定員は申込先着順で約20人。参加費は1人500円。ツアー時間は約1時間を予定しています。ハサミやカゴは同園で用意。手ぶらで訪れても気軽に参加できます。ツアーは食べ放題ではありませんが、実の大きなものなら1個、小さいものであれば2個程度をおみやげとして持ち帰ることができます。なお、収穫する品種は変更の場合もあります。

 26日(日)には、同園香りの館の体験工房で、ハーブサークル“ハーブポケット”によるハーブ石けんづくりの体験教室が(参加費500円)。調香教室では、たくさんの香りを組み合わせて世界でひとつのオリジナルコロンを調香する体験教室(参加費2,000円)が開かれます。ともに午前11時から午後3時。

 園内には、1年を通してかんきつの花、果実が鑑賞できる展示温室のある“シトラスパビリオン”、香りをテーマにした展示施設“香りの館”、レストランやみやげ店がある“食の館”などがあり、園内からはおだやかな瀬戸内の海と島々を望むことができます。みなさんもシトラスパーク瀬戸田で、楽しい休日を過ごしてみませんか。

 開園時間は午前9時30分から午後4時。休園日は火曜日(祝日の場合は翌日)。入園料金無料。ぜひ、お出かけください。

●お問い合わせ/シトラスパーク瀬戸田 TEL(0845)26-3030
●お問い合わせ/瀬戸田町商工会 TEL(0845)27-2008

(2006-03-08-A)
シトラスパーク瀬戸田のホームページはこちら

このサイトを広める