アクティブニュース

全てみる

御手洗で伝統の町並み散策をどうぞ(呉市豊町)

[御手洗の歩き方をテーマに、地域情報ミニコミ誌の総集編を発行]

地域イベント

なし

町並み保存地区、御手洗の散策が楽しくなる「みたらい通志」の総集編

 風待ち、潮待ちの港として栄えた呉市豊町御手洗地区の魅力をPRするミニコミ誌「みたらい通志」の総集編が発行されました。総集編は“散策号”と題し、御手洗の歩き方をテーマに編集。御手洗までのアクセス、御手洗散策のポイントなどをイラストマップで紹介しているほか、味自慢のコーナーでこれまで紹介した御手洗の名物料理を再掲。豊町商工会経営指導員の田阪行久さんは、「読んでためになるというよりは、もって便利、使って役に立つ一冊」と話し、同誌を手にしての御手洗散策を誘います。

 同誌は、平成8年に豊町商工会が創刊した地域情報ミニコミ誌。現在は豊町観光協会から春と秋年2回発行され、発行号数は今号で17号回。総集編は、町並み保存地区(国重要伝統的建造物群保存地区)に指定されている御手洗の魅力を広く伝え、来島者を増加させることによって地域の活性化をめざそうと企画。町歩きをテーマにした構成で、島へのアクセス、島の玄関口の大長、町並み保存地区の御手洗をイラストマップで分かりやすく詳しく紹介しています。大長、御手洗の紹介ページでは、史跡や文化財、歴史的建造物、古い町家、飲食店などをマップに落とし込み、その見どころや特長、セースルポイントを解説。御手洗に残るレトロな看板、木札、案内板を写真で紹介したり、楽しく町並み散策ができるようにしています。

 味自慢のコーナーでは、過去に掲載した御手洗名物の10の味を作り手の顔とともに再紹介。手づくりの生ふりかけ、プリプリとした食感のタコめし弁当、懐かしいアルミ鍋に入った鍋焼きうどん、落としても崩れない固さが特徴の頑固豆腐などが紹介され、取材記事と写真からその美味しさや作り手の人柄が伝わるページになっています。

 発行部数は3,000部。広島市内では、ひろしま夢ぷらざのほか、県民文化センターやエソール広島などに設置しています。みなさんもみたらい通志の総集編を手に、江戸時代の町並みが残る御手洗散策を楽しんでみませんか。

●お問い合わせ/豊町商工会 TEL(08466)6-2020

このサイトを広める