アクティブニュース

全てみる

商工会青年部初企画の教育講演会(安芸郡海田町)

[熱血先生を講師に迎えての子育て講座に、約230人のお母さん、お父さんが参加]

セミナー・プロジェクト

なし

講演会を主催した青年部のメンバーと講師の平岡豊惠さん、司会の本名正憲アナウンサー

 いじめや不登校、ひきこもり、さらに非行・凶悪犯罪など子どもをめぐる問題は年々深刻化しています。子どもは社会を映す鏡。これらの問題は、本来家庭・地域社会が有していた教育力や犯罪抑止力といった機能の低下、おとなの言動や姿勢の影響が少なからず背景にあるといわれます。安芸郡海田町の海田町商工会青年部では、この子どもをめぐる問題の根っことなる家庭のあり方・地域社会のあり方を共に考えて行こうと町の人々に広く呼びかけ、今月19日教育講演会を開催。会場となった海田町福祉センター多目的ホールには子どもをもつお母さん・お父さん方や教育関係者など約230人が集いました。

 講師は42年間にわたり幼稚園・小学校教育に携わり、現在は広島文化短期大学講師として教鞭を執る平岡豊惠先生。「熱血よしえの子育て講座~子育てに手遅れなし・心を育てて~」と題したこの日の講演は、まず“心”が欠ける現代社会の問題点を指摘。子育てにおける母親・父親それぞれの役割の違い、褒めことば・認めことばなど愛のことば&スキンシップの大切さ、また何歳になっても遅くはないという親への励ましは、参加者に深い感銘と勇気を与えました。RCCラジオアナウンサー本名正憲さんの軽妙な司会進行で講演の後の質疑応答も盛り上がり、充実の2時間に。来場者アンケートでも「とても良い講演会だった」という声が大半を占めました。

 同町商工会青年部は現在23人。青年部員が減少傾向の中にあって「何か月も前から準備にとりかかり、チラシやポスターのほか、青年部の紹介を盛り込んだ当日用のパンフレットも作成。これはいいアイディアだった。商工会はもとより海田町や教育委員会・PTA連合会の後援、町内各小中学校や保育園、幼稚園の協力を得て、こうした大規模な講演会を実現できたことは大きな自信になったはず」と同町商工会経営指導員の正岡稔さんも青年部の健闘ぶりを称えます。

●お問い合わせ/海田町商工会 TEL(082)822-3728

<2006-02-3-B>

このサイトを広める