アクティブニュース

全てみる

“ぽっぽカード”サービスを開始(ひろしま夢ぷらざ)

[夢ぷらざでの買い物を楽しみながら、ポイントを貯めて得をしよう]

お得情報・キャンペーン情報

なし

加入申し込みは、夢ぷらざの市町村情報コーナーで受け付ける

 中区本通のひろしま夢ぷらざで2日、“ぽっぽカード”のポイントサービスが始まりました。ぽっぽカードは、本県連が“商工会地域カード事業”として、主に中山間地域の商業振興や地域購買力の向上などを目的に実施しているカード事業で、現在33商工会(加盟店514店舗)で導入されています。夢ぷらざでのポイントサービス開始は、同カードのもつメリットを広く広島市民に提供するとともに、同カードの知名度を高めることが目的で、商工会地域での同カード事業の支援、新たな顧客サービスによる夢ぷらざのリピーター獲得などの狙いもあります。店内の市町村情報コーナーに専用カードリーダーを設置し、申し込みと同時にカードを発行。商工会地域でのみ使用が可能だった同カードを、その日から夢ぷらざでの買い物利用に使うことができるようになりました。

 同カードは、105円(税込)の買い物で1ポイントを加算するシステムで、満点の500ポイントで500円分の商品券になる仕組み。満点カードで豪華旅行や高額お買い物券が当たる抽選会への応募もできます。

 サービス開始となった2日、60件を超える申し込みがありました。「こんなに多くの申し込みがあるとは思っていなかった」と同カード事業担当の山崎一成さん。夢ぷらざ便りによる事前告知、レジカウンターでのスタッフの呼びかけなどもあり、初日は山崎さんの顔もほころぶ申し込み件数獲得となりました。カード作成費や年会費などは一切不要。申込書に必要事項を記入するだけで、その場発行。「ぽっぽカードに加入して、夢ぷらざでの買い物をさらに楽しいものに」と山崎さんは加入を呼びかけます。この日、同カードに加入した中区在住の60代の女性は、「自宅が近いので、店頭イベントを楽しみに毎日来ている。来れば来るほどより早く特典に近づけると馴染みのスタッフに薦められ、申し込んだ」と話し、カードメリットに期待を寄せているようでした。

 同カードには全国的にもユニークな地域還元事業として、満点カードで買い物をすると1枚につき10円を利用者の指定する小中学校、PTA活動に助成する“教育助成制度”があり、みなさんの積極的なカード加入が、広島県の教育振興に大きく貢献することにもなります。

 同カード事業は平成9年9月、19商工会(加盟店309店舗)でスタート。今年度当初には29商工会(加盟店504店舗)までカードネットワークが広域化し、年度内に駅家町、芸北町、八千代町、向島町で同カードのサービスが開始されるなど、現在33商工会にネットワークが拡大。来月1日から総領町でサービスが始まり、江田島町でも導入検討が進むなど、消費者と加盟店双方にとってのメリットがますます大きくなっています。みなさんもぜひ同カードに加入して、夢ぷらざでの買い物をより楽しいものにしてください。

●お問い合わせ/ひろしま夢ぷらざ TEL(082)544-1122

(2006-02-02-A)

このサイトを広める