アクティブニュース

全てみる

呉地域の食が一堂に集合!(呉地域商工会広域センター)

[各町自慢の特産品や女性部手づくりのかき飯、大和にちなむおみやげ物など満載]

地域イベント

なし

呉地域8町の自慢の特産品が一堂に集う物産展

 今月24日からそごう呉店で始まった、「わがまちくれの物産展」が人気を呼んでいます。この物産展は、同店の開店15周年を記念して開かれているもので、呉地域商工会広域センターが主催。食を通じて地域の魅力を伝えようと同センターが企画したフェアで、瀬戸内の自然に育まれた食材など同市の各商工会地区を代表する食が一堂に展示即売され、訪れる人の人気を集めています。物産展は30日(月)まで。

 同店6階の大催会場に、呉地域の会員企業など約50事業所から100アイテムを越す商品が出品されています。会場には呉地域8町がそれぞれブースを出展しており、音戸ちりめん(音戸町)、殻付きかき、サザエ(倉橋町)、海人の藻塩仕込みロースハム(蒲刈町)、じゃこ天、姫ひじきの塩(下蒲刈町)、いちじくジャム(安浦町)、焼きいりこ、川尻筆(川尻町)、はちみつレモン(豊町)、干しの王子タチ(豊浜町)など各町自慢の特産品が勢ぞろいしています。なかでも、初日に400本を売り切るなど、昨年の「むらおこし特産品コンテスト」(全国商工会連合会主催)で『中小企業庁長官賞』を受賞した豊浜町の干しの王子タチの人気は抜群。「昨年は2日でようやく300本。テレビや新聞で紹介されたこともあり、人気が集中したのでは」と豊浜町商工会経営指導員の佐々木隆司さん。地元の特産品の人気ぶりに目を丸くしていました。

 各町のお好み焼きとかき飯のできたてを販売し、味くらべを楽しんでもらう“日替わり実演販売コーナー”も好評です。今回の目玉企画のひとつで、かき飯の実演販売は各町の商工会女性部が担当。生食用のかきや岩がきなど食材に工夫を凝らしたり、調理法にアレンジを加えたりしながら、各女性部が日替わりで自慢の味を競います(26日(木)音戸町、27日(金)、28日(土)川尻町、29日(日)音戸町、30日(月)倉橋町)。もうひとつの注目が、特設の“大和コーナー”。映画「男たちの大和」が公開され、全国的に人気となったお菓子、日本酒など戦艦大和にちなんだ商品がズラリ。コーナーの商品はおみやげ物として買い物客に喜ばれているようです。

 1階東南正面入口前では今週末、新鮮野菜の朝市、肉じゃが釜炊きの実演販売もあります。みなさんも期間中にぜひ、呉地域の美味しさがいっぱい詰まった物産展に足を運んでみませんか。開催時間は午前10時~午後7時(30日は午後4時まで)。

●お問い合わせ/そごう呉店 TEL(0823)27-1111(代)
●お問い合わせ/音戸町商工会 TEL(0823)52-2281
●お問い合わせ/倉橋町商工会 TEL(0823)53-0030
●お問い合わせ/蒲刈町商工会 TEL(0823)66-1055
●お問い合わせ/下蒲刈町商工会 TEL(0823)65-2522
●お問い合わせ/川尻町商工会 TEL(0823)87-2139
●お問い合わせ/安浦町商工会 TEL(0823)84-5800
●お問い合わせ/豊町商工会 TEL(08466)6-2020
●お問い合わせ/豊浜町商工会 TEL(08466)8-3366

【イベントのご案内】 会場:1階東南正面入口前(JR呉駅側)

28日(土) 音戸町・高須朝市 午前10時から午後1時まで
29日(日) JA呉新鮮野菜よりどり市 午前10時から午後1時まで
29日(日) <くれ肉じゃがの会>肉じゃが釜炊き実演販売(300食限定) 正午から

(2006-01-10-A)

このサイトを広める