アクティブニュース

全てみる

お得な周遊チケット販売中(世羅町3商工会)

[せら高原の花園めぐりが格安料金で楽しめて、お楽しみクーポンも付いたチケット]

事業所・店舗紹介

なし

4月12日(水)から「チューリップ祭」が始まる旭鷹(きょくほう)農園

 世羅郡世羅町の5つの花観光農園でつくる“せら高原フラワーびれっじ会議”が昨年12月に売り出した、「とくとく周遊チケット」の売れ行きが好調のようです。5農園の入場券を一冊にしたチケットで、春から秋にかけてせら高原の花観光農園めぐりが格安料金で楽しめます。1,000部の限定発売で、1冊1,300円。甲山町商工会経営指導員の進藤大輔さんは、「今年用は人気が高く、早めのお買い求めを」とPRしています。

 入場できるのは、旭鷹(きょくほう)農園、香山ラベンダーの丘、甲山ふれあいの里、世羅ふじ園、花夢の里の5農園。1か所の入園料は通常300円~700円ですが、5つの農園をめぐると1か所約260円の計算に。町内の温泉施設や飲食店の割引クーポン券も付いて、たいへんお得です。

 せら高原では、4月上旬の甲山ふれあいの里のしだれ桜(~5月上旬)に始まり、旭鷹農園のチューリップ(~5月上旬)、花夢の里の芝桜(~5月上旬)、香山ラベンダーの丘のアイスランドポピー(4月中旬~6月上旬)、せらふじ園のふじ(5月上旬~5月下旬)など次々と花がリレーします。春以降もカモミールやラベンダー(香山ラベンダーの丘)、さつき、あじさい(甲山ふれあいの里)、デイジー、しゃくなげ(せらふじ園)、ひまわり、ダリア(旭鷹農園)など花のリレーは秋まで続き、色とりどりの花がせら高原に彩りをもたらします。みなさんもお得な周遊チケットを手に、せら高原の花園めぐりを楽しんでみませんか。チケットは、甲山町商工会、ひろしま夢ぷらざなどで販売しているほか、通信販売も可能です。有効期間は4月1日(土)~11月30日(木)まで。ぜひ、花のシーズンに合わせてご利用下さい。

●お問い合わせ/甲山町商工会 TEL(0847)22-0529

(2006-01-07-A)

このサイトを広める