アクティブニュース

全てみる

大きなかまくらを作ろう(庄原市口和町)

[県北の豪雪地域・口和で、家族や仲間で雪遊びやかまくらづくりに挑戦しませんか]

地域イベント

なし

今年の口和は雪の量が豊富で、楽しく雪遊びができそう

 雪と親しみ、雪を楽しみながら冬の魅力を満喫してみませんか。庄原市口和町の口和町商工会では現在、来月12日(日)に行う「かまくら作り交流会」の参加グループを募集しています。県北地域は今年、雪の量が豊富で、会場となる同町の竹地谷地区は雪遊びにはもってこいのコンディションです。家族やグループでかまくらづくりを体験したり、地域住民との交流を深めたりしながら、みなさんもふるさとの自然のすばらしさを感じてみませんか。

 この催しは、同商工会や町観光交流協会などでつくる実行委員会が主催。雪を観光資源として活用した体験交流型イベントで、都会の人たちと地域住民との交流を図るのが目的です。都会では味わえない冬の楽しみ方を体験してもらい、地域の良さを知ってもらおうと、雪慣れた地元の青年部員や住民らもイベントに参加。集まった人たちと一緒にかまくらづくりや雪遊びを楽しみます。「雪を通して自然と親しみ、都会に暮らす人々にふるさとの良さを知り、発見してもらいたい」と同商工会経営指導員の平岡耕三さんは参加を呼びかけています。

 イベントには家族やグループ単位で参加してもらい、募集は8組を予定。1グループの人数の上限はとくにありません。各グループごとに行う作業を、青年部員らがサポートします。かまくらづくりは昼食を挟んで約4時間で、全参加グループに参加賞が用意されているほか、終了後に出来映えを競うコンテストを実施。独創的でユニークなかまくらを表彰します。家族や仲間同士で力を合わせて、かまくらづくりを楽しんでください。昼食には猪鍋などが出される予定で、地元住民による口和ならではの温かい郷土料理が味わえます。参加費は、中学生以上1人につき3,000円、小学生以下一人につき2,000円。2月11日(土)の前泊を希望するグループには、昨年5月にオープンした“鮎の里公園・高瀬の湯”(掛け流し温泉)をあっせんします。詳しくは、商工会までお問い合わせください。

●お問い合わせ/口和町商工会 TEL(0824)89-2325

(2006-01-05-A)

このサイトを広める