アクティブニュース

全てみる

空き家を利用したレンタルルーム開業(安芸高田市高宮町)

[各種調理機器や器具、3畳の座敷を備えた空間をパーティスペースなどとして貸し出す]

事業所・店舗紹介

なし

対面式のお好み焼き用鉄板を備える店内
12月末か来年1月にカルチャー教室として「ハーブ講習会」を開く予定

 空き家を語らいの場、パーティスペースなどとして貸し出すレンタルルームが、安芸高田市高宮町にオープンしました。レンタルルーム“屋根の下のパティオ”を開いたのは、同町で自動車修理販売業、中田モータースを経営する中田哲義さん、幸子さんご夫妻。パティオとは、スペイン語で誰でも気軽に集える“中庭”を指す言葉。店名は、仲間が集まる憩いの場にしたいとの願いを込めて付けたもので、ご夫妻は「時間を気にせず楽しんでもらえる場所にしたい」と話し、「お茶を飲みながら語る、カルチャー教室を開く、昼休憩をのんびり過ごすも良し。使い方は自分次第。ルールを守って使ってもらえるならどなたにでも貸し出す」と利用を呼びかけています。

 ご夫妻が第2創業として同店を開いたのは、合併後に人の流れが少なくなくなった場所に、にぎわいを生み出す場を作りたかったのがきっかけ。「人の輪、ふれあいの輪を作り広げたかった」と奥さんの幸子さん。隣家の元仕出し屋兼お好み焼き店を買い取り、店内をリフォーム。お好み焼き用鉄板のある約4畳半の調理場、3畳の座敷を新たに設けました。オープンに際しては、同市6商工会が開く“安芸高田ビジネス塾”の講師で、中小企業診断士の藤田悠久雄氏から具体的なアドバイスを受けました。

 店内の調理場には、料理を作るために必要なガスコンロや電子レンジ、冷蔵庫といった調理機器、鍋や釜、食器などの調理器具がそろいます。食材の持ち込みが可能で、店内にあるものを自由に使い仲間同士で貸切パーティを開くなど、アイデア次第で楽しみ方も広がります。座敷は、午前11時から午後2時までは交流の場として開放。「この辺りでは、営業外回りの人で車の中で昼食をとる人が多い」と幸子さんは話し、「一人の味気ない食事よりも、冷暖房やテレビのある空間でお昼の時間を楽しく過ごして」と誘います。昼食利用に訪れ、座敷で足を伸ばして疲れを癒していたサラリーマンもいたといいます。

 「ただのたまり場にはしたくない」と幸子さん。開店時に藤田氏から受けたアドバイスのひとつが、「地域に根ざした店になれ」。その言葉を受けて幸子さんは、利用後の清掃、ゴミの持ち帰りなど5つの決まり事を設定。ルールを理解してもらったうえで、自己責任のもと、誰もが気持ちよく利用できる地域の憩いの場にしたいと意気込みます。店に看板は掲げずその良さを口コミで広げ、安心できる出会いの場としても利用してほしいと求めます。料金はリーズナブルに設定し、30分100円のワンコインで利用が可能。営業時間、定休日はとくに定めず、24時間いつでも利用でき、「私がいなくても自由に使ってもらい、料金は自己申告でもいい」と幸子さんは笑って話します。

 幸子さんは以前から自社のWEBサイトで、さまざまな情報を提供していましたが、ユーザーとの双方向のコミュニケーションをとりやすくするためにブログサイト「ねぎちゃんに聞いてみよう」を先ごろ開設。“安芸高田市産業活動支援センター”の中小企業診断士、植田恵治氏のアドバイスを受けて開いたもので、同ブログでも同店について紹介されています。

 「クリスマス、お正月などイベントが多いこれからの時期。低料金で使い勝手も良く、各種パーティに最適な空間」と、地元の高宮町商工会指導職員の菊野康司さんも利用をすすめています。みなさんもぜひ、格安のレンタルルームで楽しい時間を過ごしてみませんか。レンタルルームの基本料金は、1グループ(30分)10人以内100円、20人以内200円、30人以上300円。ガスコンロ使用の場合、150円~450円。鉄板使用の場合、300円~900円。

●お問い合わせ/中田モータース TEL(0826)57-0833 http://www.nssnakata.com/
●お問い合わせ/高宮町商工会 TEL(0826)57-0296

(2005-12-06-A)
「ねぎちゃんに聞いてみよう」はこちら

このサイトを広める