アクティブニュース

全てみる

美味しいポン酢ができました(三次市作木町)

[無添加にこだわった、女性部員手づくりの天然柚子果汁100%使用の“ゆずポン酢”]

事業所・店舗紹介

なし

手づくりのラベルを貼った女性部自慢の一品

 三次市作木町の作木商工会女性部が先月末に売り出した、地元産の柚子を使った“ゆずポン酢”が人気を呼んでいるようです。同女性部が手づくりしたゆずポン酢は、無農薬の柚子果汁を使った無添加のポン酢で、昨年度の“備北地域広域商工会女性部活性化事業・一商工会女性部一品”で企画開発されたもの。農家の庭先などで収穫されないままの柚子を特産品の開発に生かそうと、一昨年11月から試作開発を始めて今年3月に商品化に成功しました。春に作った200本は約2週間で売り切れるなど、その味は地域で評判に。地元の特色を生かした特産品のブランド化を推し進めようと、同女性部では柚子が収穫期を迎えた先月上旬から新作の生産を開始。収穫から加工まで一貫した手作業で計1,300本を作り、先月27日から本格的に売り出しました。

 女性部員らは農家の庭先などに実った柚子を3日かけて収穫。約3,000個計315kg分の柚子を集め、皮の苦味が出ないように一つひとつ丁寧に手で絞って完全生絞りのポン酢を作りました。減塩醤油やみりん、お酢を加えて独自の味付けをし、化学調味料などの添加物は一切使っていないポン酢は、「豊かな香りとさわやかな酸味が楽しめる一品」と同商工会経営指導員の井上憲さん。

 ラベルやボトルのデザインは一新し、ラベルにおすすめの食べ方を記載。生野菜サラダのドレッシングソースやお刺身の醤油代わりとして利用できるほか、焼肉のタレ、天ぷらのつけダレとしても美味しく食べられるようです。おすすめメニューとして、女性部員らが考案したほうれん草と豚肉のしゃぶしゃぶも紹介されています。「記載した以外にも用途はさまざま。より美味しい食べ方があればぜひ教えて」と、井上さんは消費者の声を今後の商品改良に生かしていきたいと話します。

 町内の川の駅常清や小売店で販売するほか、ひろしま夢ぷらざでも販売を行います。価格は200ml入り420円。柚子のさわやかな香りと酸味が食欲をそそる、天然柚子果汁100%の美味しいポン酢をみなさんもぜひ味わってみてください。

●お問い合わせ/作木商工会 TEL(0824)55-2124
●お問い合わせ/ひろしま夢ぷらざ TEL(082)544-1122

(2005-12-03-A)

このサイトを広める