アクティブニュース

全てみる

和太鼓と芸能の祭典(豊田郡瀬戸田町)

[広島・愛媛両県の和太鼓集団が共演し、しまなみ地域の魅力を全国に発信]

地域イベント

なし

しまなみ海道に和太鼓の音が鳴り響く

 伝統芸能の発表や特産品の販売などで瀬戸内しまなみ海道地域の魅力を発信するイベント「しまなみ海響祭」が今月12日(土)、13日(日)の2日間、豊田郡瀬戸田町のベル・カントホール周辺で開かれます。このイベントは広島県大型観光キャンペーンの一環で、しまなみ地域で盛んな和太鼓の演奏を核とした交流イベントを通じて、新しい地域文化の創造、個性と活力ある地域づくりをめざそうというもの。“島と人がふれあう 和太鼓と芸能の祭典”をテーマに、広島・愛媛両県の和太鼓集団16団体が共演を行い、伝統の音を奏でながらしまなみ地域の魅力を全国に発信します。イベントは両日ともに午前11時から。

 イベントは、しまなみ子ども太鼓チーム“島響”による合同演奏で幕開け。続いて初日は、愛媛の和太鼓集団7団体が太鼓演奏を披露。各団体が自慢のレパートリーを上演します。会場では、継ぎ獅子(今治市)、雨乞い踊り(上島町)、高知県のよさこい鳴子踊りなども演じられ、日本伝統芸能のコラボレーションが感動の世界を作り上げます。2日目は、広島から5つの和太鼓集団が出演し、勇壮な太鼓の演奏を繰り広げます。尾道ベッチャー神輿(尾道市)、法楽踊り(因島市)、名荷神楽(瀬戸田町)などしまなみ地域の伝統芸能に加え、島根県の石見神楽も披露され、伝統芸能が生み出す華麗な世界が祭りのムードを盛り上げます。

 和太鼓と伝統芸能の発表のほか、初日は『ええじゃん広島県』観光キャンペーンPRコーナーとして、ええじゃんレディによる観光PRと広島の歌姫、若狹愛さんが出演する“海響ミニライブ”。地元のしおまち商店街などで、耕三寺、平山郁夫美術館の割引入場券や各種賞品が当たるスタンプラリーが。2日目には、本格的な手づくり太鼓キットを使用した“手づくり太鼓教室”、太鼓の演奏体験ができる“みんな集れ!一緒に叩こう”などの催しが行われます。両日ともに、広島・愛媛両県の特産品のPR・販売があり、瀬戸内の味覚、美味しい秋を満喫することもできそうです。「海響祭がたくさんの来場を誘い、しまなみ地域全体の活気を生み出すことになれば」と、地元の瀬戸田町商工会経営指導員の大谷貴紀さんも開幕が今から楽しみな様子。みなさんもぜひ、島と人がふれあう和太鼓と芸能の祭典に参加してみませんか。

●お問い合わせ/瀬戸田町商工会 TEL(08452)7-2008

「しまなみ海響祭」イベントプログラム

日時:11月12日(土) 午前11時~午後5時(無料公演)
会場:ベル・カントホール(瀬戸田町瀬戸田535-1)前広場特設会場ほか

オープニング
しまなみ子ども太鼓チーム“島響”による「海の豊饒~しまなみ海道に寄せて~」の合同演奏
しまなみ地域の太鼓演奏(愛媛県)
出演:今治寿太鼓保存会・菊間太鼓保存会鼓菊連・来島水軍狼火太鼓・能島水軍太鼓保存会・喜多浦八幡太鼓育悠会(今治市)、弓削六鼓人・島本陣岩城太鼓(上島町)
伝統芸能
出演:継獅子(今治市)、雨乞い踊り(上島町)、よさこい鳴子踊り[高知県]

日時:11月13日(土) 午前11時~午後5時(無料公演)
会場:ベル・カントホール(瀬戸田町瀬戸田535-1)前広場特設会場ほか

しまなみ地域の太鼓演奏(広島県)
出演:尾道ベッチャー太鼓保存会・備後かわち太鼓・子ども龍王太鼓(尾道市)、因島村上水軍陣太鼓保存会(因島市)、太鼓集団「島衆」(瀬戸田町)
伝統芸能
出演:尾道ベッチャー神輿・みあがり踊り(尾道市)、法楽踊り(因島市)、名荷神楽(瀬戸田町)、石見神楽[島根県]

(2005-11-01-A)

このサイトを広める