アクティブニュース

全てみる

地域産業と世界の食の魅力を紹介(三原市本郷町)

[“フードフェスタ”をイベントテーマにした商工まつりを、週末の2日間開催]

地域イベント

なし

 イベントを通じて地域住民との交流を図り、町の特産品や商工業の魅力をもっと知ってもらおうと、三原市本郷町の本郷町商工会が今月5日(土)、6日(日)の2日間、同町の本郷生涯学習センター駐車場で「ほんごう商工まつり05」を開催します。消費者とのコミュニケーションを深めて、地元商工業の活性化をめざそうと行われる催しで、同町を代表するイベントとして地域住民に親しまれています。今年のテーマは、“フードフェスタ”。昨年までとは趣向を少し変え、バラエティ豊かな食を楽しめるイベントとして開かれます。イベントは5日午前10時から。

 「本郷は空港の町。世界各国からたくさんの人が訪れ、町内に暮らす外国人の数も多い」と話し、商工まつりを世界の食文化を楽しめる国際色豊かなイベントにしたいと意気込むのは、同商工会の岡野元夫事務局長。それに向けた取り組みの第一歩として、今年は“世界のグルメ”と題したフードイベントを試験的に開催。同イベントの食の目玉といえば、当地ゆかりの戦国武将・小早川隆景にちなむ隆景鍋。地元の沼田川で取れた川ガニを使った巨大鍋が、これまでイベントの名物料理として人気を集めてきました。今回はキムチや焼き肉に代表される韓国料理、スパイシーなインド料理などが会場にお目見えする予定で、世界の味が参加者を楽しませてくれることになりそうです。なお、恒例の隆景鍋は5日正午、6日午前11時からそれぞれ500人分を調理。その場で参加者らに無料で振舞います。

 歌謡ショーや歌と踊りのステージ、大草神楽子ども研究クラブによる神楽、マグロ解体ショーなど、イベントを盛り上げる催しも盛りだくさん。16の団体が味を競う飲食コーナー、16の企業が出展する地場産品の展示即売会も会場をにぎわせます。紙飛行機大会やミニ新幹線などの催しもあり、子どもから大人まで楽しめるイベントになりそうです。世界の食と楽しい催しが楽しめる商工まつりに、みなさんもぜひご参加ください。

●お問い合わせ/本郷町商工会 TEL(0848)86-2238

(2005-10-14-A)

このサイトを広める