アクティブニュース

全てみる

山陽3県のうまいものが一堂に(ひろしま夢ぷらざ)

[岡山、山口のアンテナショップが夢ぷらざに初出店し、各県を代表する特産品が勢ぞろい]

地域イベント

なし

山陽3県の特産品を集めた初のフェア

 広島、岡山、山口3県の特産品を一堂に展示販売する「山陽3県アンテナショップ特産品フェア~山陽路うまいもの大集合~」が6日、中区本通のひろしま夢ぷらざで始まりました。岡山県のアンテナショップ“サンさん岡山”、山口県のアンテナショップ“やまぐちさん”が夢ぷらざに出店。両店が扱うブランド特産品などを紹介し、県の特色をアピールしています。夢ぷらざ店内に各県を代表する物産やみやげ物が並び、パンフレットによる観光案内などもあり、初日は大勢の買い物客でにぎわいました。フェアは今月11日(火)まで。

 このフェアは、3県の商工会連合会が共同で主催。「商工会法施行45周年記念特別イベント」の一環として開かれているもので、他県からの出店は初めて。3県の商工会地域で開発された特産品を広く紹介することで、商工会が地域産業の活性化や地域おこしに積極的に取り組んでいることなどをアピールするのが狙いです。「新たな特産品開発や販路開拓に向けた取り組みなど、各県が魅力ある地域づくりを進めている。3県の元気さや良さを多くの人に知ってもらいたい」と同店の倉岡達志所長。

 岡山、山口両県の特産品ブースを店内に設置。岡山県のブースでは、県特産のフルーツを使ったジャムやゼリーなどの加工品、蒜山ジャージーの乳製品をはじめとするオリジナルのブランド商品を多数紹介。山口県のブースは、ふぐやウニの海産加工品を中心に、柚子製品やそばといった山海の特産品をバラエティ豊かに品ぞろえしています。期間中、店内奥のブースでは萩焼の展示即売も実施。

 初日に夢ぷらざを訪れたサンさん岡山の佐藤洋子店長は、「岡山にない活気が感じられる」と客足の多さに驚いた様子。広島の消費者の反応は非常に良いと話し、「岡山らしさを感じ取ってもらい、ぜひ岡山に遊びに来て」とPR。ブースには、同県連合会が開発支援したオリジナル商品24点と、同店の人気商品17点をラインナップ。9日(日)、10日(祝)の両日には、そのなかから商品を選りすぐり店頭イベントを開く予定で、「たくさんのお客さんに来てもらえるのか」と佐藤店長は不安そうに話しながら、「連休中に夢ぷらざに足を運んで」と呼びかけていました。みなさんも期間中にぜひ、山陽路の特産品が一堂に集まった夢ぷらざでの買い物を楽しんでみてください。

 夢ぷらざでは、今月1日から三原商工会議所の出店により、県内28市町すべての地域からの特産品が出そろいました。現在店内に、三原市のブースを設置。三原やっさラーメンややっさ饅頭、たこせんなどが並びます。とくにやっさ饅頭は広島市内で初の販売となり、注目されています。

●お問い合わせ/ひろしま夢ぷらざ TEL(082)544-1122

(2005-10-02-A)

このサイトを広める