アクティブニュース

全てみる

セミナーで地域活性化に貢献(世羅町3商工会)

[クレーム対応の心構えや秘訣をレクチャーし、地元企業の経営改善をサポート]

セミナー・プロジェクト

なし

 消費者からの意見を今後の事業内容の改善などに積極的に生かしてもらおうと、世羅町3商工会が共催で今月12日(火)、地元の会員などを対象に「接客セミナー~クレーム対応編」を開きます。このセミナーは、クレームの基本的な考え方、応対手順などを学んでもらい、サービスの充実や商品開発など、消費者からのクレームをうまくビジネスに生かしてもらおうというもの。昼、夜の部1日2回行い、地元の行政関係者も多く参加を希望するなど、たいへん注目を集めているようです。

 接客セミナーは今年で4回目。会員企業の関心を得られるテーマを選び、毎年内容を見直しながらセミナーの充実を図り、参加企業の経営改善に貢献してきました。「クレームがつくのは、多少なりともその企業に引かれるところがあるから。その対応いかんによっては、消費者が2度と戻らなくなることもあれば、リピート率アップにもつながるもの」と話し、クレームを受けた時の対応はとても重要と甲山町商工会経営指導員の立田祐智さん。効果的なクレーム対応のスキルを身につけることで、参加企業にはクレームをビジネスチャンスに結びつけてほしいといいます。

 講演を行うのは、(有)イージス代表取締役の小林篤代さん。平成15年から同セミナーの講師を務めており、今回はクレーム応対の実習などを通して、参加企業の業績向上が期待できる役立つ講演を行います。

 消費者が求めるサービスや商品を提供するためにも、企業は消費者との対話を怠ることはできません。3商工会では地域に根ざした活動の一環として、今後もさまざまなセミナーを通して地域の活性化や人材育成をプロデュースし、より良いまちづくりに貢献していきたいとしています。

●お問い合わせ/甲山町商工会 TEL(0847)22-0529

(2005-07-1-A)

このサイトを広める