アクティブニュース

全てみる

インターネットネットラジオ局を開局(安芸高田市6商工会)

[ローカルな放送局をネット上に開局し、地元にこだわった情報発信で地域の活性化めざす]

事業所・店舗紹介

なし

安芸高田もぶろぐ内で開局準備が進む、インターネットラジオ局“安芸高田もぶろぐラジオ”

 安芸高田市の地域情報ポータルサイト「安芸高田どっとコム」を運営する安芸高田どっとコム運営委員会が、同サイト内のブログサイト“ 安芸高田もぶろぐ”で、インターネットラジオ局の開局に向けた準備を進めています。同委員会では、ホームページ、ブログに次ぐ新たな手法で地域に密着した情報をより広範囲に発信し、地域や商工業の活性化を図りたいとしています。

 同委員会がめざすのは、24時間いつでも楽しめるインターネットラジオ。あらかじめ地域行事や住民活動など地域情報に関する番組をいくつか収録・制作し、音声ファイルをサーバーにアップロード。それをユーザーがダウンロードしてパソコンで聴取するというもの。同ブログ内に設けたラジオプレーヤーのMENUボタンをクリックし、番組を選ぶことで、いつでもどこでも好きな時間に放送を聴くことができる仕組みです。現在は他サイトの個人放送が、開局に向けたテスト放送として行われています。

 開局する“安芸高田もぶろぐラジオ”は、これまでにないやり方で各種地域情報を発信し、地域の活性化に貢献することが狙いのひとつ。さらに、「例えば、経営指導員の経営についての実践知識の提供や、研修会の内容を録音し番組として放送できたり、番組の間には地元企業の告知放送も行える。可能性は無限で、ラジオを通した経営改善の提案、企業のビジネスチャンス拡大などにも役立てたい」と、高宮町商工会指導職員で運営スタッフの菊野康司さんは、ラジオ局開局の目的を説明。ただ、今はたくさんのイメージがあり過ぎて、明確で具体的な方向性が定まっていない様子。開局を期待する地域住民からは、子ども向けの絵本の読み聞かせ番組の要望などもあったとか。いろんな可能性を模索しながら、まずはできることから始めたいと菊野さんは慎重に話します。

 同委員会では、JR芸備線甲立駅2階に“OPEN HOUSE”スタジオを開設。開局に向けた準備をここで進め、7月第2週からの放送開始をめざします。第1弾は、市内で活動するバンド紹介を兼ねた音楽番組を放送。その後、月1回程度の割合で1本約2時間の番組を収録・制作し、随時サーバに追加していく予定です。当面はまず、インターネットラジオの形を地域住民に示し、実際に運営を行いながら方向性を探っていくことになりそうです。「うまくいけば、必ず面白いツールになる」と菊野さん。“安芸高田”にこだわったローカルな地域情報を集めて発信し、ローカルな放送メディアとしての価値を高めていきたいと話します。

 同委員会では現在、安芸高田もぶろぐラジオのDJを募集中。プロ・アマ経験・未経験は問いません。われこそはと思われる方は、ぜひ挑戦してみてください。

【募集要項】
・原則として安芸高田市在住もしくは在勤者に限ります。
・募集人数:若干名(グループでの参加も可)。
・年齢:基本的に不問ですが、未成年者は保護者の方の同意が必要です。
・期間および時間:不定期で、月に1回程度約2時間の収録を行う計画です。

●お問い合わせ/高宮町商工会 TEL(0826)57-0296

(2005-06-15-A)
“安芸高田どっとコム”はこちら(もぶろぐへはサイト中段からリンク)

このサイトを広める