アクティブニュース

全てみる

伝統神楽の魅力を発信(三次市布野町)

[20回目の節目を記念して出演団体を増やし、記念抽選会も実施]

地域イベント

なし

 三次市布野町の布野運動公園で今月11日(土)、近隣の神楽団を招いて「布野近郷神楽共演大会」が開かれます。地元の布野商工会青年部が主催する大会で、秋祭りが主な舞の場である神楽団に発表の場を提供し、各地域の伝統芸能を後世に伝えて行こうと始められたもの。田植えを終えた労をねぎらう“泥落とし”の娯楽として親しまれ、今年で20回目の節目を迎えます。

 今大会には例年より1団体多い、計7団体が参加。地元の伝統芸能を受け継ぐ布野、横谷両神楽団が毎年交互に出演するのがならわしですが、第20回の節目を記念して、両団体が出演し舞を披露。各団体35分間の持ち時間で、それぞれ得意とする演目を上演します。なかでも注目は、島根県浜田市から初参加の石見神楽亀山社中。同大会で初となる演目『岩戸』を舞い、出雲神楽を由来とする伝統芸能の魅力をアピールしながら、地域に暮らす人々の平和や繁栄を祈願します。山県郡北広島町から参加の琴庄神楽団も同大会で初上演となる『源九郎義経』を披露。勇壮華麗な舞で、大河ドラマさながらの源平の時代に観る人をタイムスリップさせます。

 入場は無料ですが、「大会へのご厚志(花)はありがたく頂戴し、披露させていただく」と同商工会経営指導員の中原実穂さん。同青年部では、大会協賛に加わった人に抽選券を渡し、大会最後に20回大会の記念抽選会を実施。液晶テレビ、DVDプレイヤー、空気清浄機をはじめとする豪華賞品を今回特別に準備して、総勢47名にプレゼントすることにしています。記念の大会を盛り上げようと、同商工会女性部は飲食の模擬店を出店。自慢の味を用意して、来場者を出迎えます。

 大会前日の10日(金)には、3名の青年部員と布野、横谷両神楽団の団長、団員ら7名が、NHK総合の「お好みワイド広島5時台」のなんでもPRコーナーに出演。団員らが神楽衣装や神楽面を身につけて、大会への来場を呼びかける予定です。午後6時30分開演。入場無料。

●お問い合わせ/布野商工会 TEL(0824)54-2036

第20回布野近郷神楽共演大会 上演プログラム

1.18:30~『神降し』(布野神楽団、三次市布野町)
2.19:00~『紅葉狩』(横谷神楽団、三次市布野町)
3.19:45~『葛城山(山賊退治)』(布野神楽団、三次市布野町)
4.20:30~『葛城山(土蜘蛛)』(茂田神楽団、三次市君田村)
5.21:15~『羅生門』(山王神楽団、山県郡北広島町)
6.22:00~『岩 戸』(石見神楽亀山社中、島根県浜田市)
7.22:45~『源九郎義経』(琴庄神楽団、山県郡北広島町)
8.23:30~『滝夜叉姫』(宮乃木神楽団、安佐北区安佐町)
9.24:05~ 第20回記念抽選会

(2005-06-3-A)

このサイトを広める