アクティブニュース

全てみる

春の神楽シーズン開幕(廿日市市吉和)

[山村に春の訪れを告げる、シーズン最初の神楽競演大会]

地域イベント

なし

 春の訪れを祝い、秋の豊作を祈るために神楽を奉納する「春選抜吉和神楽競演大会」が今月23日(土)、廿日市市吉和のもみのき森林公園体育館で開かれます。この大会は、広島県内でいちばん最初に行われる神楽競演大会で、今年で5回目。山村に春の訪れを告げる風物詩で、ふるさとの香りや古き時代のロマンを感じさせてくれる地域行事として親しまれています。

 同大会は西中国山地地域の神楽団を中心とした大会で、吉和近郊の神楽団が旧舞の部、新舞の部でそれぞれの舞を披露します。儀式の舞や特別出演団体の舞いもあり、多くの出演団体により盛大に舞の競演が繰り広げられます。「原則として、旧町村から1団体ずつ。地域にかたよりがなく、一般にはあまり知られていない団体も出てきて楽しみ」と、前吉和商工会経営指導員の山崎一成さん。普段はスポットが当たらない団体にも出演機会が設けられ、大会出場めざして練習にも熱がこもるなど、同大会はそれぞれの地域に伝わる伝統文化の保存、継承にも役立っているようです。

 子ども神楽団も含め、出演するのは14団体。楽しい舞や迫力ある演舞が見る人の心をなごませ、酔わせてくれます。シーズン最初の神楽競演大会で、みなさんも華麗な伝統の舞を堪能してみませんか。入場料は大人(高校生以上)前売り券2,000円、当日券2,500円。小人(小・中学生)500円。開場午前10時30分、開会同11時30分。

●お問い合わせ/吉和商工会 TEL(0829)77-2565

このサイトを広める