アクティブニュース

全てみる

空き店舗を活用した店をオープン(豊田郡瀬戸田町)

[郷土に伝わる土鍋料理をイメージしたせいべいを島の新名物として売り出す]

事業所・店舗紹介

なし

しおまち商店街にオープンしたせとだ小町

 豊田郡瀬戸田町のしおまち商店街に今月9日、郷土料理の“浜子鍋”をイメージしたせんべいを売る「せとだ小町」がオープンしました。お店を開いたのは、瀬戸田町商工会理事の亀井直子さんが代表を務める女性グループ“せとだ小町”。同商工会と町観光商工課の支援を受け、商店街の空き店舗を借り受けて、地元の情報発信の場、観光客の休憩所として同店をオープンさせました。郷土料理をモチーフにしたユニークなせんべいを新名物として売り出して、商店街の活力、にぎわいを取り戻そうとメンバーらは意気込んでいるようです。

 同店が売るのは、郷土に伝わる鍋料理の味を再現した“浜子鍋せんべい”(1枚100円)。浜子鍋は、地元で取れる小魚やタコ、エビ、サザエ、カキなどの魚介類と野菜を入れて作る味噌仕立ての土鍋料理。瀬戸田は古くから塩田が盛んで、そこで働く人々、“浜子”たちが昔から好んで食べた郷土料理とされています。同町では、県の大型観光キャンペーン事業に呼応し、今月から浜子鍋などで地域の食の魅力を発信する誘客キャンペーンを展開する予定。特産品の開発を長年検討していた同グループ代表の亀井さんは、地元でのキャンペーン展開をにらみ、昨年9月から浜子鍋をイメージしたせんべいの開発に着手。専門家を招いて2度の試作を行い、生地や具材について工夫を重ねたほか、せんべいの製造会社視察、創業塾での研修などを経て、味噌味ベースのせんべいを完成させました。

 浜子鍋せんべいは、味噌としょうがで味をまとめたものがオーソドックス型。これに、七味とにんにくの風味を加えた3種類をラインナップ。海苔を敷いたせんべいの上に、ボイルしてスライスした地元のエビやタコ、水菜、シメジなどの具材をトッピング。豪快にプレス機で焼いたせんべいは、「瀬戸田の幸を丸ごとプレスした、まさに浜子鍋そのものの味わい」と、せんべいの開発に携わった同商工会経営指導員の奥川美代子さん。大きさは直径約15cmから20cmと多少まちまちなのも、手づくりらしさが感じられるといったところ。瀬戸田でしか食べることのできないせんべいと奥川さんは新商品をPRし、「浜子鍋せんべいを片手に、商店街散策を楽しんでほしい」と話します。

 せんべい焼き器を使ってできることには何でも挑戦しようと、同グループでは現在、地元産のかんきつ類を原料にしたせんべいを考案中。同町は全国有数のかんきつ類の一大生産地。地域の特色を生かしたせんべいを次の新しい名物にと、メンバーらは冬場にストックしたミカンやレモン、ネーブル、いよかんなどの果汁を使ったせんべいの試作にも意欲を燃やしているようです。また、空き店舗を活用した商店街の魅力づくりにも貢献したいのが同店のねらい。特産品を積極的に開発し売り出すとともに、観光客に幅広く地域情報を発信することで地元商店街の魅力向上も図っていきたいとしています。

 同店の営業日は土・日曜日のみ。営業時間は午前10時から午後3時。本格的な観光シーズンが近づいてきました。みなさんも観光で瀬戸田を訪れたときはぜひ、しおまち商店街にあるせとだ小町へも足を運んで、美味しい手づくりせんべいを味わってみてください。

●お問い合わせ/瀬戸田町商工会 TEL(08452)7-2008

このサイトを広める