アクティブニュース

全てみる

自慢の衣装で「ハイ、ポーズ!」(安芸高田市6商工会)

[市民に親しまれるサイトづくりをめざし、市民参加型のサイトイベントを開催]

地域イベント

なし

カメラの前で仁王立ちするファッション自慢のちびっ子

 安芸高田市の地域情報ポータルサイト「安芸高田どっとコム」運営委員会が27日、同市吉田町のゆめタウン吉田店でファッション撮影会を開きました。この撮影会は、同サイトのアクセス数向上を図ろうと、同委員会が市民に呼びかけて行われたイベント。同サイト特別企画第3弾で、撮影したファッション自慢の市民らを紹介して、より多くの地域住民に親しまれるサイトづくりをめざそうというもの。同店1階の特設スタジオには、小さな子どもを連れた家族、若いカップルなど40組100人近くの市民が来場。参加者らはカメラマンの注文に応じてモデルさながらのポーズを決めながら、にこやかな笑顔でカメラに収まりました。

 同委員会が先月末、一般モデルを使った女性誌のファッションページなどをヒントに企画。市民の顔が数多く登場することで、企業向けのイメージを一新。地元の情報が市民目線で掲載されているサイトのイメージを、広く市民に定着させるのが今回の企画の狙いです。また、参加者の口コミなどによるサイトの周知、閲覧者の増加にも期待しているようです。

 “オレ流ワタシ流、見せたいファッション大集合”と題した撮影会は、照明機材やスクリーンを持ち込み、プロカメラマンが撮影を行う本格的な内容に。現場には画像データを処理するデザイナー、動画配信用のスタッフなども待機。本格的な雰囲気も手伝って、参加者らは堂々のポーズを決めながら、カメラ前に自慢のファッションを披露。じっとしない子どもをあやすのにひと苦労する場面もあるなど、撮影会は終始なごやかなムードで行われました。家族連れが予想外に多かったものの、同サイトがターゲットとする若年層の参加も十分あり、当初見込んだ数に近い参加者を集めたことで、同委員会では初の試みをひとまず成功と見ている様子。同サイト内の告知を見たという参加者は約半数でしたが、飛び込みで参加した市民や店内の買い物客にもサイトを十分にPRできことも大きな成果だったよう。同委員会は、今回の成功を弾みに撮影会を継続して行い、「多くの市民が集う楽しいサイトに」と話します。

 撮影会を収めた動画は、同サイト専門ページV-channelで28日(月)から配信スタート。参加者らの画像は29日(火)から掲載開始予定。4月末までの約1か月間、ファッション自慢の市民の顔がサイト内にズラリと並びます。また、同委員会では今後の特別企画として、桜名所の土師ダムや市内の隠れたお花見スポットなどを紹介する“春のお花見特集”、5月に甲田町で神楽ファンが素人感覚を生かしてプロデュースする“神楽大会リポート特集”などを予定しています。「情報を発信するだけでなくその更新頻度を高め、新鮮で楽しい情報を市民に伝えていきたい」と、同委員会メンバーで高宮町商工会指導職員の菊野康司さんは、これからのサイト運営に向けた意気込みを聞かせてくれました。

●お問い合わせ/吉田町商工会 TEL(0826)42-0507
●お問い合わせ/八千代町商工会 TEL(0826)52-2542
●お問い合わせ/美土里町商工会 TEL(0826)54-0109
●お問い合わせ/高宮町商工会 TEL(0826)57-0296
●お問い合わせ/甲田町商工会 TEL(0826)45-2054
●お問い合わせ/向原町商工会 TEL(0826)45-2227

「安芸高田どっとコム」はこちら

このサイトを広める