アクティブニュース

全てみる

平安絵巻がよみがる(佐伯郡宮島町)

[厳島神社の復旧支援のため9年ぶりに復活する“清盛祭”のイベント参加者募集]

地域イベント

宮島町 商工会

平安絵巻を体感してみよう

 佐伯郡宮島町で、厳島神社ゆかりの平清盛をしのぶ“清盛祭”が今春、復活することになりました。(社)宮島観光協会や宮島町商工会などでつくるイベント実行委員会は来月3日(日)、9年ぶりとなる「宮島清盛まつり」を開催。同委員会では現在、祭りの呼び物、清盛行列を盛り上げる行列参加者とイベントの支援者を募集しています。

 清盛祭は、厳島神社の造営に力をそそいだ平清盛をしのび、昭和28年に始まったイベント。清盛の命日にあたる3月20日を中心に開かれ、平家文化の華麗さを今に伝え、宮島に春を呼ぶ祭りとして親しまれてきました。平成8年に町の財政難でいったん中止に追い込まれましたが、清盛神社建立50周年を迎える今年、町民主導で再開されることになりました。

 祭りの復活の狙いは、厳島神社の復旧。厳島神社は昨年9月の台風18号により大きな被害を受け、復旧には多くの費用が必要とされています。今回の清盛まつりは“世界文化遺産「厳島神社」台風被害復興支援事業”として開かれ、同委員会では清盛行列の参加者を一般公募。イベント参加費を負担してもらい、厳島神社の修復費などに充てる予定にしています。「規模は縮小するが、平安絵巻を体感できる参加型イベントになる。祭り本来の楽しさがよみがえる」と同商工会の落合矼一事務局長。

 清盛行列は、稚児行列や修験者、武者、僧侶、神職などで構成。一般から参加を募集するのは、稚児100人(参加費5,000円。衣装・白衣・花・記念品・支援金を含む)、武者40人(参加費10,000円。衣装・記念品・支援金含む)。それぞれ古式ゆかしい稚児衣装、よろいかぶとをなど身につけて、平家一門の厳島神社参詣行列をモチーフにした仮装行列に参加します。午前11時に行列を組んで宮島桟橋前を出発。宮島表参道商店街を抜け、厳島神社参拝を経て清盛神社までの道のりを約2時間30分かけて練り歩きます。「観光入込客の増加が地域内消費の拡大につながれば。祭事の少ないこの時期、新たな年中行事のひとつとして再定着させたい。宮島を愛する人が多いことに期待したい」と、落合事務局長は多くの参加を心待ちにしているようです。

 台車の押し手、行列の列立て・調整や稚児、武者の着替えなどを手伝うボランティアスタッフも40人程度募集しています。みなさんも平安絵巻の仮装行列、祭りの手伝いに参加してみませんか。詳しくは、商工会までお問い合わせください。

●お問い合わせ/宮島町商工会 TEL(0829)44-2828

このサイトを広める