アクティブニュース

全てみる

呉地域の旬の美味しさ満載(呉地域8商工会)

[呉市との合併を記念し、呉地域の商工会が主催して特産フェアを開催]

地域イベント

なし

実演販売やイベント盛りだくさんの特産フェア

 呉地域の特産品を広く紹介する「わがまちくれの物産展」が23日、呉市西中央のそごう呉店で始まりました。呉地域8商工会が来月20日の呉市との合併を記念して開いているもので、同市内、同地域から48事業所が出店。同フェアは28日(月)まで。初日、午前10時の開店とともに、開催を待ちわびた多くの買い物客が同店6階のイベント会場に詰めかけました。

 イベント会場には、出店業者が所狭しと並び、各ブースには瀬戸内の鮮魚や珍味、かんきつ類、地酒、伝統工芸品など各町の特産品、名産品がズラリ。生かき、じゃこ天、いかめしなどの試食や実演販売もあり、美味しそうな匂いに買い物客らは食欲をそそられた様子。倉橋町から出店の“宮原水産”は、客足の多さに急きょ生かきの試食を決定。新鮮な生かきをバターで炒める香ばしい匂いに誘われ、同店のブースには買い物客が殺到。試食用に用意した3kg分のうち2kgが昼までになくなり、「試食を開始してから売り上げが一気に伸びた」とスタッフは喜び顔。できたてを口にした買い物客からは、「身がぷりぷり」「味がとても濃厚」といった声が聞かれました。近海産の太刀魚、サヨリを練り上げた熱々のじゃこ天を実演販売した、下蒲刈町の“海駅三之関”にも人気が。同店は、開始わずか1時間で500枚を販売。昼前にいったんじゃこ天を打ち切り、残りの140枚は午後からの販売に回すことに。「近場でのフェアだったので、まさかここまでの人出は予想していなかった」とスタッフは戸惑い顔。

 同フェアの目玉のひとつが、各町のお好み焼き店が日替わりで自慢の味を競う“まちのお好み焼き屋さん”。屋台感覚の実演販売コーナーには、目の前のヘラさばきを見つめながら焼き上がりを待つ長蛇の列が。初日に出店した豊浜町の“まりちゃん”は、用意した250枚分のうち午前中に150枚を売り上げる盛況ぶり。スタッフは手を休める暇もなく接客に追われ、食事席では焼きたての味を美味しそうにほお張る人たちの姿が見られました。

 川尻町のブースで焼きいりこ、焼きえびを対面販売していた川尻町商工会経営指導員の土井龍裕さんは、「事前に会場の下見に来たときの様子とは大違い」と、買い物客の多さに驚いた表情を見せながら、「各町の旬の味覚が盛りだくさん。呉地域の食を存分に堪能して」と、慌しさのなかで来場を呼びかけていました。

 フェア期間中、1階東南正面入口前では、みかんもち杵つき実演販売、肉じゃが釜炊き実演販売などのイベントを実施。会場内の観光コーナーでは、4月に開館する呉市海事歴史博物館スタッフによるサイエンス教室、ケナフ紙すき無料体験などが行われます。また、レシート合計税込3,000円以上の買い物で、その場で各町の特産品などが当たる抽選会に参加できます。みなさんも期間中にぜひ、呉地域の美味しさがいっぱい詰まった物産展に足を運んでみてください。

【イベントのご案内】
会場:1階東南正面入口前(JR呉駅側)
26日(土)<県民の浜>みかんもち杵つき実演販売 ①午前11時②午後1時
27日(日)<くれ肉じゃがの会>肉じゃが釜炊き実演販売(300食限定) 12時

会場:6階イベント会場観光コーナー
26日(土)サイエンス教室 ①午前11時 ②午後1時 ③午後2時
27日(日)ケナフ紙すき無料体験 ①午後11時~午後1時 ②午後2時~同3時

●お問い合わせ/そごう呉店 TEL(0823)27-1111(代)
●お問い合わせ/下蒲刈町商工会 TEL(0823)65-2522
●お問い合わせ/川尻町商工会 TEL(0823)87-2139
●お問い合わせ/音戸町商工会 TEL(0823)52-2281
●お問い合わせ/倉橋町商工会 TEL(0823)53-0030
●お問い合わせ/蒲刈町商工会 TEL(0823)66-1055
●お問い合わせ/安浦町商工会 TEL(0823)84-5800
●お問い合わせ/豊町商工会 TEL(08466)6-2020
●お問い合わせ/豊浜町商工会 TEL(08466)8-3366

このサイトを広める