アクティブニュース

全てみる

雪原で雪遊びを楽しもう(比婆郡比和町)

[雪だるまやかまくら作り、雪上散策などで冬遊びを満喫する雪山イベント]

地域イベント

なし

休暇村の裏に広がる雪原が楽しいイベントの舞台

 雪にふれ、雪と遊びながら自然のなかで楽しいひとときを過ごしてもらおうと、比婆郡比和町の休暇村吾妻山で今月27日(日)、「比和町雪まつり」が開かれます。雪をテーマにした遊びを通して自然とふれあい、ふるさとの良さを都会の家族連れなどに知ってもらおうと開かれるイベントで、今年で3回目。吾妻山の真っ白な雪原を舞台に、家族連れで楽しめる多彩な雪遊び体験が予定されています。イベント事務局の比和町商工会では現在、同イベントの呼び物、“雪だるまコンテスト”の参加者を募集しています。

 雪だるまコンテストは、同イベントの名物。家族やグループで趣向を凝らした雪だるまを作り、そのアイディアやユニークさを競い合うもので、テーマは自由。優秀作品上位3位まで表彰、賞品を進呈。特別賞、参加賞もあり、参加費は家族、グループ1作品につき1,000円です。同イベントは比和町として最後のイベントとなり、「雪原にいっぱいの雪だるまを作って雪まつりを盛り上げよう」と、同商工会でも広く参加を呼びかけています。

 当日は、雪上歩行の用具として古くから使われていたかんじき、蓑笠をつけて雪上散策を楽しむかんじき体験や、竹スキーレース、かまくら作りなど雪に親しむ遊びが盛りだくさん。会場周辺では、地元の生産者グループが比和の特産品やしし鍋、汁粉などの屋台を出店。地元の青年グループによるアトラクションゲームもあり、家族そろって楽しめる1日となりそうです。

 同イベントは昨年、雪不足で中止となりましたが、会場となる休暇村では「周辺はすっかり雪風景。2階軒先から地面に付くほどのツララもあり、3月いっぱいまでは雪だるま作りも楽しめそう」と話しています。なお、イベント参加時の服装については、防寒着や帽子、手袋、長靴、着替えなどをご準備ください。また、休暇村までの道路(林道部分)はかなり道幅が狭くなっており、山側の側溝が雪で見えなくなっていますので、十分気をつけてお越しください。

●お問い合わせ/比和町商工会 TEL(0824)85-7111

このサイトを広める