アクティブニュース

全てみる

島の旬の味を発信(豊田郡大崎上島町)

[ふるさとの味覚を生かしながら島の魅力を情報発信するイベント]

地域イベント

なし

 島の食材や文化を生かして地域の交流を促進し、ふるさとの活力を盛り上げようと今月19日(土)、20日(日)の2日間、豊田郡大崎上島町の中野小学校で大崎上島町産業フェスティバル「すみれ祭り」が開かれます。同町の町花・パンジー(三色すみれ)をシンボルに島の魅力を情報発信する産業祭で、今年で2回目。昨年、3町合併後初の大型イベントとしてスタートし、消費者に島内の生産物に対する理解を深めてもらうことなどを目的としています。

 今回のイベントには、地元の商工会や農協、漁協、各生産グループなど計61団体が出店。“発信しよう!島の「味」”をイベントテーマに、食の広場、展示即売コーナーなどで地域の食材を生かした催しや、かんきつ類や新鮮な魚介類、農産物の販売などを行います。

 初日の注目は、同町の姉妹町である山県郡北広島町(旧大朝町)、比婆郡高野町、北海道中頓別町の食材を使った“交流なべ”。山海の珍味を贅沢に盛り込んだボリュームいっぱい鍋が、身体を芯から温めてくれそうです。2日目は、地元の漁協関係者らによるマグロの解体実演が人気を集めそう。新鮮なマグロをイベント参加者の目の前で豪快に解体。さばいたマグロを格安販売します。「地元の各種団体がイベントテーマに合わせ、趣向を凝らして大崎上島の味をアピールする。島の美味しい味覚を満喫して」と、大崎町商工会経営指導員の先田金生さんも来場を呼びかけています。

 ステージでは、銭太鼓やブラスバンドの演奏、上島ソーランの演舞、風船ピエロのパフォーマンスショーなど盛りだくさん。子ども向けのアトラクションもあり、地元の3商工会青年部も、会場のチェックポイントを回るスタンプラリーでイベントを盛り上げます。大崎上島に春を呼ぶ、楽しさたっぷりの2日間。島ならではのふるさとの魅力を、みなさんもご家族そろって体感してください。

●お問い合わせ/大崎町商工会 TEL(08466)4-3505

このサイトを広める