アクティブニュース

全てみる

真冬の雪上で今年も熱い攻防戦(比婆郡高野町)

[雪合戦の面白さを間近で体感しながら、盛りだくさんの雪遊びを楽しもう]

地域イベント

なし

フットワークやチームワークを駆使して戦う

 真っ白な冬の雪原で熱い戦いを繰り広げる「第8回広島県雪合戦大会」が今月5日(土)、6日(日)の両日、雪合戦の本場、比婆郡高野町の高野町町民広場で開催されます。この大会は、日本雪合戦連盟の公式ルールに基づいて行われる大会で、シェルターに身を隠しながら相手選手めがけて雪玉を投げたり、チームフラッグを奪い合う本格的な団体スポーツ競技。雪合戦といえば、子どもの頃に雪の玉を投げ合って遊んだ光景が浮ぶかもしれませんが、その雪遊びを高度な戦術、戦略、チームワークを必要とする競技生の高いものに発展させたのがスポーツ雪合戦。近年、手軽にできる冬のスポーツとして注目されています。

 平成10年に始まったこの大会もすっかりお馴染みとなり、今年も県内外から一般の部72チーム、レディースの部12チーム、ジュニアの部12チームの計96チームが参加。北海道壮瞥町で行われる国際大会「昭和新山国際雪合戦大会」への参加権をかけ、熱のこもった戦いが繰り広げられることになりそうです。試合は3分間の3セットマッチ制。1セット3分の間に90個の雪玉を使い、2セット先取したチームが勝ち。競技選手はフォワード4人、バックス3人の計7人で、相手の雪玉に当たるとアウト。3分以内に相手のフラッグを抜くか、相手7人すべてに雪玉を当てると1セットを獲得することになります。初日が一般の部の予選リーグ。2日目に各カテゴリーの準決勝リーグ、決勝トーナメントが行われます。

 2日目には会場で、一般来場者が雪合戦を体験できるチャレンジ雪合戦、的の雪だるまに雪玉を当てるビクトリースローゲーム、ジャンプ台に設置したコースをチューブに乗って滑り降りるスライダージャンプゲーム、雪上宝さがしゲームなど、雪と親しむイベントも盛りだくさん。食材を使ったバザーコーナーでは、地元の各種団体が冬ならではの温かいメニューを用意。「雪不足に悩んだこともあったが、先日の大雪もあり、過去最高のコンディションが整った。迫力ある雪合戦、高野での冬遊びを存分に楽しんで」と、高野町商工会経営指導員の湯川秋美さんも広く来場を呼びかけています。みなさんもハイレベルな雪合戦を観戦しながら、寒さも吹き飛ぶような楽しい1日を過ごしてみませんか。

●お問い合わせ/高野町商工会 TEL(082486)2011

このサイトを広める