アクティブニュース

全てみる

本場のかきイベントで冬の味覚を堪能(江田島市能美町)

[かき養殖の最盛地、能美町で恒例のかき祭り開催]

地域イベント

なし

かき打ち体験では若手漁業者がコツを伝授

 広島の冬の味覚、旬の新鮮なかきを堪能できる「のうみかき祭」が今月30日(日)、かき養殖の最盛地、江田島市能美町のシーサイド温泉のうみで開かれます。かき筏によるかき養殖発祥の地で、高品質のかきとして全国に知られる地元の特産品を直接消費者に味わってもらおうと毎年行われているイベントで、今年で11回目。かき打ち体験、かきの無料試食会などで旬の味覚が存分に楽しめます。イベントは午前9時30分から。

 いちばんの注目は、殻付きかきの無料試食会。今年は、とれたてをその場で炭火焼きした焼きがき2,000個を用意。焼きたてを先着順で無料で振る舞います。内能美漁協の組合員らがコツを教えるかき打ち体験も注目どころ。子どもから大人まで無料で参加でき、打ったかきをそのまま持ち帰ることもできます。むき身500g800円、殻付き10個700円などの安値で新鮮なかきが手に入るかきの即売会、その日水揚げされた鮮魚の販売、かき飯や雑炊、かきフライなどの新鮮なかきを使った料理も楽しめるなど、豊かな漁場で育まれた冬の海の幸をたっぷり満喫できそうです。「台風の影響もあって収穫量は少なめだが、品質は申し分ない。今年も最高のかきをみなさんに提供できる」と、イベント実行委員会の山根学さんも自信たっぷり。

 ステージでは、地元の能美さつき太鼓の演奏やビンゴゲーム、餅まきなど各種プログラムが盛りだくさん。また同日、江能広域商工会連絡協議会が応募を呼びかけていた“江能フォトコンテスト”の表彰式も実施。風景やイベントなどを写真に収めてもらうことで江能地域の魅力をさらに知ってもらおうと、同協議会が毎年募集を行っているもので、県内各地から寄せられた116点の応募作品の中から金賞、地域特別賞など上位6名が表彰されます。「デジタルカメラの普及もあって、例年以上に多くの作品が集まった。すばらしい写真作品も楽しみにしてもらいたいと思う」と、能美町商工会経営指導員の津川賢二さんもイベントへの来場を呼びかけています。

 みなさんもぜひ、本場のかきイベントで広島の冬の味覚を存分に満喫してください。なお、かきがなくなり次第終了しますので、お早めにお出かけください。

●お問い合わせ/のうみかき祭実行委員会 TEL(0823)45-2335(能美海上ロッジ)
●お問い合わせ/能美町商工会 TEL(0823)45-2425

このサイトを広める