アクティブニュース

全てみる

新たな顧客満足の経営をめざそう(安芸高田市高宮町)

[商業活性化セミナーで、地域の中小企業者らに企業経営の原点の大切さ呼びかける]

セミナー・プロジェクト

なし

講演を行う松浦由浩氏

 商いの道-経営の原点を再確認することで、地元企業に元気を取り戻してもらおうと、安芸高田市高宮町の高宮町商工会が今月25日(火)、同町のたかみや人権会館(安芸高田市役所高宮支所隣)で地域商業の活性化策をテーマにしたセミナーを開催します。同商工会では活力ある地域づくり支援の一環として、中小企業の活性化に役立つセミナーを年1回企画、実施し、地元企業の発展や経営革新の実現をサポートしています。同商工会は今回、“顧客満足”をキーワードに商いの基本に立ち返ることの大切さを呼びかけ、セミナーを通じて得た知識をこれからの企業経営に生かしてほしいとしています。

 セミナーでは、“経営環境の変化とこれからの経営~勝ち組経営をするために~”をテーマに、松浦中小企業診断士事務所の松浦由浩代表が講演。顧客の満足に徹する経営、魅力ある店づくりや経営戦略などについて約1時間30分の講演を行います。

 講演を行う松浦氏は、「松坂屋、三井家など商家の家訓しかり、顧客満足の考えは江戸の古くからあったもの。その当時に示された先人の志に学ぶ意義はたいへん大きい」と話し、教科書=商いの原点に戻ることの大切さを強調。自社の環境、強みと弱みを整理し、地域、顧客に密着することがこれからの中小企業の中心課題であると講演のなかで呼びかけたいとしています。また、「少子高齢化の進展で“疎の時代”を迎えている今こそ、顧客一人ひとりを見据えたコミュニケーション戦略が大切」とも語り、少子高齢化を逆手に取って顧客に密着し、経営条件の厳しい中山間地域で一定の成果が得られれば、それが疎の時代を先がけるビジネスモデルにも十分なり得ると、講演を前に地域の中小企業者にエールを贈ります。

 セミナーを企画した同商工会経営指導員の今屋えい子さんは、「顧客満足の経営を実現し、地域の企業に元気を取り戻してもらいたい。セミナーを通してこれからの自分たちのあるべき姿を見直して」と呼びかけています。商業活性化セミナーに興味ある、参加してみたいという方は、商工会までお気軽にお問い合わせください。講演は午後7時から。受講料は無料です。

●お問い合わせ/高宮町商工会 TEL(0826)57-0296

このサイトを広める