アクティブニュース

全てみる

冬の味覚かきのシーズン到来(豊田郡安芸津町)

[県内のトップを切って今週末、かきの名産地・安芸津町でかきイベント開催]

地域イベント

安芸津町 商工会

清浄海域で育った新鮮なかきを格安で販売

 冬本番、寒さが一段と増してきました。広島の冬といえば、思い出されるのはやはり“かき”。寒くなるほどに美味しさを増すかきは、まさにこれからが旬のシーズン。とくに1月から2月にかけてはかきがいちばん美味しい時期になり、県内各地でかきをテーマにしたさまざまなイベントが開催されます。地元漁協などを中心に行われるかき祭りは、カキの試食や格安販売などでにぎわう広島ならではの冬のグルメイベントで、県内のトップを切って今月23日(日)、豊田郡安芸津町の安芸津町役場で今年最初のかきイベント「あきつかき祭り」が開催されます。

 同イベントは、広島でもっとも早く開催されるかき祭りで、今年で12回目。安芸津湾で育った新鮮なかきを通じて消費者とふれあおうと、安芸津漁協青年部が主催。産地でとれたての新鮮なかきを堪能しようと、毎年多くの人が訪れています。

 「県指定の清浄海域で採れた安芸津のかきは、生食用としても出荷できる良質良型。イベントに来て、新鮮で美味しいかきを手に入れて」と安芸津漁協関係者。市価の約2割安で販売される焼きがきがいちばんのおすすめ、と誘います。焼きがきのほか、殻付きかきや生かき、樽入りかきなども格安で販売。午前11時と午後2時から始まる同イベントの目玉、計600人分のかき雑炊の無料配布も見逃せません。安芸津特産のジャガコロッケやかき飯、タコ天、野菜などの地元の特産品も盛りだくさんで、安芸津町商工会の青年部員らも子ども向けゲームアトラクションでイベントを盛り上げます。「安芸津のかきは比較的小粒で身が詰まって美味しく、酢がきを好まれる方にはうってつけ。広島で最初のかきイベントで、新鮮なかきをたっぷり堪能して」と同商工会経営指導員の尾里瑞生さん。イベントは午前10時からで、かきがなくなり次第終了です。みなさんもこの週末は、美味しいかきと安芸津の特産物を贅沢に味わってみませんか。

●お問い合わせ/安芸津漁業協同組合 TEL(0846)45-0050
●お問い合わせ/安芸津町商工会 TEL(0846)45-4141

このサイトを広める