アクティブニュース

全てみる

店舗の空き空間が博物館に(府中市上下町)

[商店街に元気を取り戻そうと、切手の収集家がスーパー店舗2階に切手博物館を開設]

事業所・店舗紹介

上下町 商工会

 府中市上下町の上下町商店街に、商業施設の空き空間を活用したユニークな施設がオープンしました。同町が陰陽の分水界であることから「分水嶺」と名づけられた切手の博物館で、SPAR上下店2階に今月2日オープン。10万枚以上の切手を使い、上下の代表的な風景を表現した壁画や日本地図をはじめ、47都道府県のふるさと切手、世界200か国の切手などが分類展示されています。

 博物館をオープンさせたのは、同店の経営に関わる会社役員の藤井徳夫さん。藤井さんは60年来の切手コレクターで、「自分ができることを提供して、合併後の活気あるまちづくりに貢献したかった」と、府中市との合併前から博物館開設に向けて準備。長年の収集品や近隣の収集家などから寄せられた切手20~30万枚を1年がかりで分類整理し、同店2階を改装した後、4名の従業員とともに約2か月かけて壁一面に切手を張り合わせました。なかでも、上下の特徴を表した壁画、日本の百名山や国立公園、国定公園の切手でかたどった日本地図などがひときわ目を引きます。

 自然が大好きという藤井さん。山登りも趣味のひとつで、世界各地の山々を歩いたことなどもあり、とくに世界の名峰を絵柄にした切手が自慢の品だとか。「切手のデザインには、その国の歴史や文化が反映されている。それらを見ることで知的好奇心を高めてほしい」と藤井さん。また、収集家としての足跡ともいえる過去60年分の切手を、それぞれの生い立ち、思い出などと照らし合わせながら鑑賞するのも楽しみ方のひとつと話します。今後は、近隣の収集家などの協力を得ながら月1回の展示替えを行ない、魅力ある博物館づくりで商店街に元気を取り戻したいと藤井さんは意気込んでいます。

 切手愛好家の方はもちろん、みなさんも歴史の町並み散策とともにユニークな博物館見学を楽しんでみませんか。切手博物館「分水嶺」は上下郵便局隣。入館料無料。開館時間は午前10時から午後5時。休館日は水曜日です。

●お問い合わせ/SPAR上下店 TEL(0847)62-2360
●お問い合わせ/上下町商工会 TEL(0847)62-3504

このサイトを広める