アクティブニュース

全てみる

花とのふれあいを楽しもう(御調郡向島町)

[色とりどりの花の展示や販売、多彩なイベントで開村20周年を祝う]

地域イベント

なし

国立公園高見山中腹にある立花自然活用村

 “花の島”として知られる御調郡向島町立花のフラワーパーク立花自然活用村で、明日27日(土)から2日間、花とのふれあいを楽しみ、向島をもっと身近に感じてもらおうと「むかいしまフラワーバザール」が開かれます。このイベントは、毎年春に行われる花の島の名物行事。今回は開村20周年を記念して開かれ、園内に色づく花々と多彩な催しが訪れる人を楽しませてくれることになりそうです。地元の向島町商工会でも、「向島で花に囲まれたのどかな週末を楽しんで」と来園を呼びかけています。

 いちばんの目玉は、花卉の即売。1、2階ロビーに、コチョウラン、シンビジューム、バラ、カーネーションなどの切花や鉢物、アレンジメントがズラリと並び、色とりどりの新鮮な花を手ごろな価格で購入できます。屋外広場では青空市場が開かれ、シクラメン、ポインセチアなどの花鉢物が販売されるほか、地元でとれた新鮮野菜や果物、海産物や各種加工品の買い物も楽しめます。力作ぞろいの生け花の展示やフラワーアレンジメント、アートフラワーの展示もあり、色鮮やかな花の芸術も堪能できそう。

 もうひとつのお楽しみが、盛りだくさんのイベント。初日は、不思議なマジックが楽しめるショーと、参加者の似顔絵を切り取る紙切りショー。2日目は、大道芸人たちが大集合し、自慢の技を披露。ジャグリングや竹割りの術、どじょうすくい、神楽などがあり、格安で買えるバナナの叩き売りも注目を集めそうです。

 両日ともに洋ラン、シクラメン(予定)の花鉢が当たるお楽しみ抽選会が行われ、観光花つみ園では満開のミニひまわり、ストックを1本30円の格安で持ち帰ることもできます。みなさんもこの週末はご家族で、瀬戸内海の多島美を眺めながら色とりどりの花を楽しんでみませんか。入場無料。

●お問い合わせ/フラワーパーク立花自然活用村 TEL(0848)45-2319
●お問い合わせ/向島町商工会 TEL(0848)44-3005

このサイトを広める